法会労とは?

法会労の理念と特色

半世紀を超えて法律関連労働者の地位向上に取り組む

法律会計特許一般労働組合(法会労)は、1960年9月17日、法律関連業種に働く労働者の要求実現を目的に1人でも加入できる労働組合として誕生しました。結成当初は「東京法律事務所事務局合同労働組合」という名称でしたが、その後組織の拡大に伴う何度かの改称を経て、現在の「法律会計特許一般労働組合」に至っています。
現在、千代田区鍛冶町に組合事務所を構え、東京都、埼玉県、千葉県の一部に所在する法律事務所、会計事務所、特許事務所などの法律関連業種に働く労働者が結集しています。24名の仲間で立ち上げた法会労は、半世紀を経て500名を越える組合へと発展しました。

分会、専門部により多様な活動を展開

法会労は職場・地域ごとに3名以上の組合員で構成された分会を基礎に活動しています。分会では、業務研修やレクリエーションなど様々な活動を行います。もちろん、労働条件や仕事についての相談にも応えます。
さらに分会以外にも各種専門部(青年部・女性部など)があります。専門部では、業務研修のほかに、女性の権利の問題など専門的な課題についてとりくんでいます。また法会労は結成以来、憲法擁護の旗を掲げ、平和と民主主義を守る運動にもとりくんでいます。

全国の労働者との協力

全国には、「全国法律関連労組連絡協議会」(全法労協)、「法律事務員全国連絡会」(法全連)という事務員団体があり、私たちも一緒に活動しています。ほかにも、法律事務職員の研修を充実したものにするために設立された「一般社団法人法律事務職員全国研修センター」の仲間たちと一緒に活動しています。

組織図

法会労の歴史・沿革

1960.9.17
東京法律事務所事務局合同労働組合結成
1961.9.3
総評・全国一般東京地方本部に加盟
1967.10.10
法律会計事務員労働組合に改称(組合員160名)
1968.7.27
組合事務所設置(千代田区富士見)
1970.2.1
組合専従者配置
1971.10.30
法律事務員全国連絡会(法全連)結成
1975.2.23
法律会計特許一般労働組合に改称
1975.4.9
組合事務所移転(新宿区西新宿)
1975.9.21
第一経理労働組合合流(組合員数300名突破)
1985.4.5
組合事務所移転(新宿区百人町)
1987.7.4
全国法律関連労働組合連絡協議会(全法労協)結成
1990.10.7
総評・全国一般から全労連全国一般に単産名改称
2007
組合事務所移転(千代田区鍛冶町)
2009
日弁連「法律事務職員能力認定制度」が運用開始
2010
組合員数が500名を突破
組合概要・アクセスMAP
全労連・全国一般東京地方本部 法律会計特許一般労働組合
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-9-1 tel.03-3255-9280

ページの先頭へ