フュージングでボウルとアクセサリーを作ります
ステンドグラスHP ルオー工房は東久留米でステンドグラス教室を開いています
 
 
浅めのガラスボウルを作ります。
美的センスの見せどころです。
  透明なガラスを丸く切ってその上にカラーのガラスを並べます。のりで止めています。
こんな感じにできました。 
   ついでに、余りガラスでアクセサリーをつくります。
   カラーガラスを離型紙の上に並べ、その上にクリアのガラスをかぶせます。これで完了。
  ここからは工房の電気炉で焼成します。このように炉の中に入れます。 
800度まで加熱します。これをフュージングといいます(fuseとは溶け込むという意味です)
   ガラスが溶け込んでなめらかな板になりました。
   アクセサリーもこのようにきれいな丸になりました。
   ボウルを作るには石膏でできたこのような型を使います。

   型の上にガラスを乗せたところ。
750度まで加熱します。型にガラスを落として成形することをスランピングといいます。(slumpとは落ちるという意味です)
このようにガラスを外側から落とすスランピングでは陶器の型では割れてしまうので、石膏の型が向いています。

スランピング型(外落とし)の作り方
  このような形になりました。
   完成です。こんなきれいなボウルができました。
   アイスクリームを入れたりしたいです。
 次にアクセサリー用のガラスにドリルで小さな穴をあけます。
  穴にピンを立てて接着し、完成。