『 2019 大沢利裕 写真展 』 開催のお知らせ

〜 皆様のご来場を心よりお待ちしております。 〜



【お知らせ】
 2019年の写真展日程が決定しましたのでお知らせ致します。3年振り5回目の開催です。
 今回は、故郷・新潟での野鳥の取材内容です。皆様のご来場をお待ちしております。 

                               2019年7月11日  大沢 利裕
                                   日本写真作家協会 会員  ,
                                   日本写真協会   会員  ,







 ★写真展 開催案内等の掲載★
     下記箇所に 「写真展 開催案内 等」 を掲載頂きました。ご協力ありがとうございます。

   「開催案内」 が 環境省・日本自然保護協会が推進する 「生物多様性.com」 のHPに掲載されました。 (2019.7.31)  




 ★写真展の概要★
               
   
■写真展名:  『 越後路 〜野鳥の四季〜 』  
■日にち:  2019年11月1日(金)〜7日(木)
■時間:  10:00〜18:00 (土曜日・最終日は17:00まで)会期中無休
 ★私が在廊する日時は下表の通りです。在廊する日は、1時間延長する日も有ります。
■場所:  ギャラリー アートグラフ    ★ギャラリーのHPとアクセス  
   〒104-0061 東京都中央区銀座2-9-14、1階  TEL:03-3538-6630
 
■後援:  日本写真作家協会
■会場に居る日:  下記は現在の予定です。急遽変更の可能性もありますので、開催日間近に
 再確認をお願い致します。尚、昼食で不在する場合もあります。
     

  11月1日(金) 11月2日(土) 11月3日(日) 11月4日(月) 11月5日(火) 11月6日(水) 11月7日(木)

在廊時間
 
10:00〜19:00
10:00〜18:00
10:00〜18:00
10:00〜19:00


10:00〜17:00


■写真展 ご挨拶:
 現在、沖縄・高知のクジラ、道東のタンチョウ、新潟の野鳥をメインに取材を継続しています。

 未成年期を暮らした新潟。当時は野鳥,新潟の自然に興味を持つことなく育ちましたが、鯨類・タンチョウの
 取材を重ねていくにつれ、故郷・新潟への思いと季節毎に飛来してくる野鳥の営みを支える自然の豊かさに
 気づかされ、取材サイクルに加える事になりました。

 今回は故郷・新潟に飛来または生息する野鳥の世界を取材し紹介します。合わせて自然の豊かさもお伝え
 出来たら幸いです。
 冬季は数千羽の白鳥,オオヒシクイの飛来地として全国的にも有名で、夏季は猛禽類の繁殖、また蓮の花に絡む
 小鳥とのコラボに癒されます。あまり目にすることができないショットも数多く出展する予定です。

 私達はこれからも、その地域に生息する動物を尊重しストレスを与えない様に接していかなかればなりません。
 次の時代もこの豊かな自然が保たれることを願ってやみません。

                                    2019年7月11日  大沢 利裕  




佇むアカショウビン 朝焼けを望む白鳥の群れ 雪景色に舞うオオタカ ツバメの給餌




上の画像をクリックして下さい。大きく表示されます。 





 過去の写真展
2016年 写真展名:『 タンチョウ 〜北の大地に生きる〜 』  開催日:2016年11月11日(金)〜17日(木)
2014年 写真展名:『 座頭鯨 〜ケラマへの回遊〜 』  開催日:2014年11月28日(金)〜12月4日(木)
2012年 写真展名:『 白鳥の飛来地・冬の瓢湖 』  開催日:2012年11月5日(月)〜10日(土)
2010年 写真展名:『 ザトウクジラ 〜故郷への回遊〜 』  開催日:2010年11月29日(月)〜12月4日(土)