これはすべて実機の写真などからの当て推量です。

赤で示された油圧シリンダに、関節接続されたアクチュエ−タ(図中オレンジ色)は、水色で示されたピストンが押しやられると、ピストンからのびている黒で図示されたロッドに引かれて、傘が畳まれるように畳まれてゆきます。

アホな構造。

ちなみに、図中紺色で示された線の部分は、どうも、緊急時に脚を降ろすためのゴムヒモのようです。

ハセガワのキットはどう考えても翼が薄すぎるので、この機構を組み込むのはかなりの大仕事でしょう。まず、翼厚を増すことから始めないといけませんね。胴体は二個いちでかさ上げしないとダメかも。

挑戦するぼくのために、健闘を祈ってください。

 

もどる
表紙へ