フランス リムーザン・ペリゴール美食の旅(2) 
                                       2016/3/3(木)〜3/22(火)

3月 3日(木)          1泊2日  パリ
    4日(金)〜 7日(月)  3泊4日  ブールジュ(友人宅):パリから南へ約100km
   7日(月)〜11日(金)  4泊5日  リモージュ:ブールジュから南へ約300km:リムーザン地方の中心都市
   11日(金)〜14日(月)  3泊4日  ペリグー
   14日(月)〜17日(木)  3泊4日  ブリーヴ
   17日(木)〜19日(土)  2泊3日  ポアテイエ
   19日(土)〜21日(月)  2泊3日  パリ
   22日(火)                 帰国

 昨年11月13日(金)のパリの同時テロで一旦はフランスへの旅行をあきらめていたが、そんなことを言っていたら
これから行けなくなるかもしれないと思い行くことにした。先ずは友人宅にお邪魔し、その後は夫婦2人で気ままに
失敗をしながら美食の旅をした。フランスの田舎の美味しいものをいっぱい食べたが、結局《旅は出会い、旅は人》
であった。思い出を数回に分けて報告をしたい。

*********************

=Limoges(リモージュ)= 3月7日(月)〜11日(金)4泊5日

3月7日(月) Vierzon10h10------(IC:特急)-------12h03Limoges                     リモージュ泊
 ブールジュでの3泊のホームステイはアッという間に終わってしまった。いつもながらのご夫婦の持て成しに感謝をし、
私たち夫婦は、次の目的地のリモージュに向かった。リモージュはパリから南へ約400km、リムーザン地方の中心
都市である。私は2年前の夏、一人でリモージュに来ているが、家内は初めてであった。ヴィエルゾンから特急で約2時間、
既にインターネットで予約してある駅から直ぐ近くのホテルに入った。そして、早速街に出てスーパーで夕食の食材を買い
ながらブラブラ。しかし、曇っていて結構寒い。時々小雨もぱらつき、そのためか人出が少ない。午後3時前早々にホテル
に戻る。私は『明日の切符を買ってくるわ』と言って駅に行く。切符売り場も空いていて直ぐに買うことができた。駅のカフェ
でワインでも一杯ひっかけて帰ろうかと思ったが、閑散とした駅構内ではその雰囲気になくホテルに戻った。
 その後、テレビ、風呂、洗濯そしてスーパーで買ってきた簡単な食材で夕食を済ませ、本日は終わり。

3月8日(火) ワンデイ  トリップ                                 リモージュ泊
   Limoges9h29---(IC)---10h01La Souterraine11h24h---(IC)---11h58Limoges

  
《ラ・ソテレーヌの城門》                              《カテドラルの美しいステンドグラス》

 リモージュに4泊もするので、1日位は近くの町に行ってみようということで、2年前の夏私が【巡礼の路】を一人で歩い
た時に行ったことのあるラ・ソテレーヌに家内を案内することにした。ただ、電車の本数が非常に少なく、朝早く出ざるを
得なかった。予定としてはレストランで昼食を取り、夕方まで街をブラブラして戻ることにして出かけた。
 田舎の町の朝は遅く、午前10時では閑散としていて寂しい。取りあえずカテドラル(大聖堂)に行ってみたものの、ここ
もガランとしていた。レストランも良さそうな店は無し、『ここにどうやって5時までいるの?寒いし・・・』と家内。
『前来た時はもっと人が大勢出ていて、活気がある町だったが・・・。夏だったのでかなあ?』私としてももう少し賑やかな
町をイメージしていたので、少しがっかり。予定を急遽変更し、昼食も取らずにリモージュに戻ることにした。(>_<)

 リモージュに戻った私たちは、午後からカテドラルに行き、その裏庭を散歩して、午後4時半ホテルに戻った。本日終了。

     

3月9日(水) リモージュ市内散策                                      リモージュ泊
 今回『リモージュへ行ってみよう』と考えたのは、先回私が一人旅をしたとき、『300gの牛フィレ肉をペロッと食べた。
美味かった。』という話を家内にしたのがきっかけであった。そのレストランは旧市街地の常設市場の中にある。いつも
満員だと聞いていたので、少し早目に行ってみた。客はまだ三々五々。空いていたが、少し経つと見る見るテーブルが
埋まって行った。
 家内の目指すは『300gの牛フィレ肉』。シェフお勧めの『今日の料理』は『牛肉』とあったので家内は迷わずそれを頼
んだ。私は別メニューで前菜が『貝柱のサラダ』、メインを『豚肉のマッシュポテト添え』とした。待ちに待った『300g・・・・』と
思ったら、『サーロイン』が出てきた。美味いには美味かったが家内はがっかり。(>_<)
『もっと良く聞いてから注文すべきだった』と仕切り。


《大きな常設市場:レストランはいつも満員》

《貝柱のサラダ》                     《大きな牛肉サーロイン》


《久しぶりに天気も良くなり、人もぼちぼち出始めてきた》

 常設市場のレストランで昼食を済ませた後、陶器博物館に行く。2万点程の陶器が陳列してあったが、変化に乏しく、
ただ、矢鱈に沢山あって興味がわかず、小1時間で出てしまった。疲れだけが溜まった感じだった。
 その後、百貨店で土産物を物色している内にまた雨が降り始めた。そんな中、店の外には大勢の人が集まっていた。
いやに騒々しい。拡声器を使って何か叫んでいる。《フランス名物のデモ》百貨店内を歩いていて、知らない間にもの
すごい大勢の人が集まっていた。
 その日の夜のテレビは、ストライキのニュースをかなりの時間を割いて流していた。


《全国一斉の労働総同盟のストライキ:左写真はリモージュ市内。右写真はテレビに映し出されたパリのデモ風景》

3月10日(木) リモージュ市内散策                              リモージュ泊

 

 リモージュは陶器で有名な町である。街のあちこちに陶器屋さんがある。思い出として朝食用のカップを買おうとブラ
ブラ。丁度良さそうなものをゲット。帰国後毎朝使っている。
 街の中心にOffice de Tourisme(旅行案内所)がある。市内の地図を貰ったり、どこへ行ったらよいか相談に乗って
くれる。『リムーザン名物のサクランボを使ったクラフテイはどこで売っていますか?』と聞くと、丁寧に地図上に印を
打ってくれた。『そこでは、クラフテイの他にジャガイモが中に入ったパンを売っています。私は大好きです。』とニコニコ
しながら教えてくれた。
 
              《いろいろ世話になった旅行案内所の若いマダムと惣菜屋の陽気なおじさん》

 
              《結構ボリュームのあるジャガイモパンとサクランボ入りのクラフテイ(デザート)》

 
《隠し絵の描いてある家遊び心》

  
《威厳のあるリモージュ市役所》
     

 午後から2時間位自由時間。家内は少し疲れ気味でホテルで休憩。私はリモージュの市役所に行ってみた。中央の入り口を
入ると、簡単なセキュリテイチェックを受けた。昨年のテロ以来こうしたチェックはあちこちで受ける。これも何か起きてからでは
遅いので、今のフランスでは仕方がない。人々も好意的に受け止めているようだった。
 広い玄関ホールを2階に上がると、シャンデリアがぶら下がり、素晴らしい天井画のある大きな部屋があった。案内書にも
『是非訪れてみたい場所』と書かれていた。もう一つ私の目を引いたのは、《リモージュ市と瀬戸市が姉妹都市》ということであっ
た。言われてみれば《そうか》と思える。お互いに国を代表する陶器の町だ。何となく嬉しくなった。瀬戸の陶器も陳列されていた。
ホテルに戻って、家内に写真を見せると、『高い入場料を払った博物館より、ここへ行けばよかったワ』(^_-)-☆

3月11日(木) Limoges11h03---(TER:普通電車)---12h12Perigueux                        ペリグー泊
 朝起きてテレビを点けようと思ったら、また、点かない。4泊中もう6回目だ。フロントマンを呼びに行く。『また点かない!』
面倒くさそうに来てくれて、あちこち触って直してくれたが、態度が悪い。初めてのムッシュだった。2年前一人で泊まった時の
印象が良かったし、駅のすぐ近くのホテルなので今回もこのホテルにしたのだが、『もう泊まるまい』と思った。
 ゆっくり荷造りをして、忘れ物の無いように点検を入念にしてホテルを出た。次の目的地は《食の都》ペリグーである。

                                                         つづく