2度目のプラハ              2019.4.11〜4.15

4月11日(木)晴れ Paris12h45〜〜〜(SKYTEAM)〜〜〜14h25Praha
 10日に日本を発ち、パリのホテルで1泊。プラハには予定通り午後2時半に着いた。心躍る2度目のプラハ。
空港から中心部のホテルまでもバスと地下鉄でスムーズに着いた。

 今回の《2度目のプラハ》訪問にあたり、@マリオネット Aプラハ散策・街歩き B食 の3つのテーマを持った。
そこでまずは、インフォメーションに行き、《国立マリオネット劇場》のチケットをゲットすることにした。そして、
《地下鉄、トラムで行けるところで、面白そうな場所があるか》尋ねるといろいろ教えてくれた。《明日以降が
楽しみ》


《市内を縦横に走る地下鉄とトラム:24時間有効チケットが110コルネ:約600円)》

 
《街はイースター休みで賑わっている》

4月12日(金)晴れ 市内散策
 午前8時半、ホテルの朝食バイキングを食べて、10時行動開始。先ずは《旧市街広場》に行く。プラハ観光の一番人気の
スポットだけあって大変賑わっていた。特に、ドイツ、ロシア、中国からの観光客が目立って多い。

  
 《中世から動いている天文時計》

      
      《カレル橋から直ぐ側の=ビ−トルズ:ジョン・レノンの壁=:若者で一杯だった》

 
《始まる前、映像で説明。実際の舞台は写真撮影禁止》

 夜はマリオネット(人形劇)鑑賞。先回は劇場の場所がはっきりせず、行くことができなかった。今回、インフォメ
ーションでチケットを買って貰い、準備万端出掛けた。国立劇場とは言え、思ったよりも小さかった。《演目はドン・
ジョバンニ》、近場で見ることができて迫力があった。
 終了後、ホテルまでの道筋、午後10時を過ぎても夜の町がライトアップされ綺麗だった。

 
《夜も賑わう旧市街広場と中央大通り(右):ここでは以前オバマ大統領が核廃絶宣言をした:正面に見える建物は国立博物館》

4月13日(土)曇り後晴れ 市内散策

   
《とてつもなく大きなショッピングセンター》

 《地下鉄やトラムに乗って市内のあちこちに出掛けてみよう。》ということで、まずプラハ郊外のショッピングセンターに
いってみた。近年このような大ショッピングセンターがあちこちにできたらしい。チェコは《プラハの春:1968年》以来
西欧化が進み、経済は順調に伸びているようだ。

 
                                 《テーマパーク:家族連れで満員だった》
4月14日(日)小雨後曇り
 朝から小雨が降っている。家内は少し疲れたということで、午前中ホテルで休憩。私は一人で、インフォ
メーションで紹介してくれた郊外のハイキングコースに行ってみた。小雨が降っていたためか、人もまばら。
桜が満開で静かなハイキングコースを楽しんだ。《雨が降っていなければ、きっと多くの人で賑わうであろう》
と思った。

 
              《桜が満開。岩山の頂上からは、プラハの町並みが見えた》

 午後からは家内と二人で街歩き。我が家を出る前にテレビで見た、《駅ピアノ》の駅に行く。テレビでは次々とピアノを
弾いていたが、この時は誰も弾いていなかった。(´Д`)

 
                             《街中の新しくできた大ショッピングセンター》

4月15日(月)晴れ Praha12h25---(CZ)---14h15Paris
 《2度目のプラハ》では3つのテーマを持った。@マリオネットA街歩きは堪能したが、Bの食に関しては
半分の満足度。ホテルの朝食バイキングが美味すぎて、食べ過ぎて、昼食・夕食にまで行きつかなかった。
従って、《2度目のプラハ》の満足度は75点? 因みに、2年前の《初めてのプラハ》の満足度は120%
だった。
 朝、ゆっくりその朝食を堪能して、ホテルを出て空港へ。予定通り、パリに戻る。

 ところが、その日、とんでもないことがパリで起こった。(つづく