Nゲージ蒸気機関車>蒸機の紹介>C10

C10

C10

2004.12.23/2012.5.4

C10はC11の元になった機関車で、形はほとんど変わらないのに、C11と比べてどことなく地味な感じがする機関車です。
現在までに、9mmゲージの完成品はマイクロエースからしか販売されていませんので、同社のC11と比べてみました。

[1]  


横から

C10 1マイクロエース C10 1
(拡大写真)
C10 8マイクロエース C10 8
(拡大写真)
C11マイクロエース C11 171(すずらん号)
(拡大写真)

一番下は比較用のC11です。
C10はマイクロエースの蒸機ラインナップの末期に発売されたので、比較的新しい仕様となっており、車輪が黒色車輪になっています。

前から

C10 1 C10 8 C11
C10 1(拡大) C10 8(拡大) C11(拡大)

ボイラーが太く高いため、どれもマイクロエースの顔ですが、同じメーカーで並べると、何となくC10はC10らしく、C11はC11らしく見えます。
ちょっと立て付けが悪く、8号機とC11は非公式側に傾いていたため、この写真は少し逆側に傾けてあります。

後ろから

C10 1 C10 8 C11
C10 1(拡大) C10 8 C11

後部のモールドはどれもまったく同じです。C10はキャブ屋根が後ろに長いので、そのあたりが少しC11と違います。

上から

上からC10 1、C10 8、C11上から順に
C10 1
C10 8
C11 171

上から見ると、全体の恰好はC11に似ていますが、キャブ屋根・煙室の長さ、サンドドーム・蒸気ドームの順番などに違いがあります。


[次ページへ→]

[1]  

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る