Topぺーじ         制作あとがき

アニメーションの鬼才 村田耕一
 
アニメーションの鬼才・村田耕一、略歴

『ルパン三世』('71) 『赤胴鈴之助』('72)
『アルプスの少女ハイジ』('74)
『母をたずねて三千里』('76)
『未来少年コナン』('78)など

一連の高畑勲・宮崎駿作品の中心メンバーとして参加し、
現在のスタジオジブリ設立への原動力ともなった。

'75年には高畑勲を自社に招いて
宮沢賢治原作の『セロ弾きのゴーシュ』('82)を
7年がかりで自主製作するなどプロデューサーとしても活躍した。


あの、幼児が描くほほえましい絵(幼児画(平面画) )は、
子どもからのメッセージであり、「話す」などと同じコミュニケーション手段です。
とりわけ、その平面的な面白さは、異文化として、他に類を見ない特別な意味をもっています。
そこに、アプローチしたのが
アニメーションの鬼才・村田耕一の「ちいさいパピーちゃん
ビデオ絵本」です。






お話:小鳩くるみ / 貴家堂子

作、五十野ファミリー(惇、時子、みち、新)
絵:村田耕一 / 音楽:若月明人

内容のご案内
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月


 Topぺーじ