Nゲージ蒸気機関車>蒸機の紹介>C54

C54

C54

2002.6.9/2017.5.14

「実物が地味である」ことが派手に伝えられているような機関車ですが、模型は1980年代に早くも中村精密から発売されていました。
その後2000年代にキングスホビーとマイクロエースから追加され、ワールド工芸も2014年に製品化しています。バラキット、コンバージョンキット、プラ完成品、エンジンドライブにテンダードライブと一通りの構成があります。

[1]  


横から

中村精密 中村精密
(拡大写真)
キングスホビー キングスホビー
(拡大写真)
マイクロエース 標準型 マイクロエース C54 9 標準型
(拡大写真)
マイクロエース 回転式火の粉止め ワールド工芸 C54 従台車原型仕様
(拡大写真>

2個のドームが非常に接近している面白いスタイルです。前方は小さなデフが低めについているため、後方のキャブが特に高く見えるのもこの形式の特徴です。

キングスホビー製品はKATOのC55の動力を利用するボディーキットなので、大きさもKATOのC55と同じです。実物の雰囲気はよく感じ取れます。
中村精密とワールド工芸はテンダードライブです。最新のワールド工芸は特にきれいにスタイルが再現されています。

前から

ナカセイ キングスホビー マイクロエース 標準型 ワールド工芸
中村精密
(拡大写真)
キングスホビー
(拡大写真)
マイクロエース
(拡大写真)
ワールド工芸
(拡大写真)

後ろから

中村精密 キングスホビー マイクロエース 標準型 ワールド工芸
中村精密
(拡大写真)
キングスホビー
(拡大写真)
マイクロエース
(拡大写真)
ワールド工芸
(拡大写真)

マイクロエース製品は前から見ると高いのですが、キャブの屋根の高さは抑えられているため、後ろから見るとその努力が生きています。

上から

中村精密 中村精密
キングスホビー キングスホビー
マイクロエース マイクロエース
ワールド工芸 ワールド工芸

キングスホビー製品はキャブの前面窓のひさしが長いタイプです。

編成のバランス

MODEMOのスハ32系客車(ダブルルーフ)を牽いたところです。機関車のスタイルはさまざまですが、どれも楽しく運転できることは言うまでもありません。

中村精密
中村精密

キングスホビー
キングスホビー

マイクロエース
マイクロエース

ワールド工芸
ワールド工芸

ワールド工芸製品は高さ方向の縮尺も客車とほぼ揃っており、さすがに自然な見え方になります。
この客車の原型は中村精密のキットなので、中村精密のC54とは純正の組み合わせになります。古い中村精密のC54も、ディテールはシンプルですが、シルエットは結構それらしく見えます。


[次ページへ→]

[1]  

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る