Nゲージ蒸気機関車蒸機の工作>クラウス10形の組み立て

クラウス10形の組み立て

ワールド工芸「クラウス10形 明治鉱業17号」キットの組み立てメモです。
同社のNゲージ蒸気機関車のキットとしては初めて、組み立て後の下廻りの可逆的な分解が可能となり、作業性やメンテ性がよくなりました。

2013.3.29

[1] 


これは私が組み立てた結果のメモであり、組み立て手順の説明ではありません。途中の失敗もその順番どおり記載しています。
組み立て方法についてはキット付属の説明書でご検討ください。

キットの様子

キットの様子

小さいながらも本格的なキットです。部品も多く、入門用の簡単なキットを期待していると気絶するかもしれません。

修正部品も入っているので、出荷前にきちんと一度組み立てて確かめたものと想像します。それが当たり前のように思われるかもしれませんが、世の中には出荷まで一度も組み立てていないように見えるキットもあったんですよ…。何十年も前から。

添付の組立説明書からは組み立て手順をうまく解明できず、作業を進めながら考えました。
下廻りの手順はかなり詳しい文章で書かれているので間違いなくできますが(※注)、上廻りの説明は素っ気無く、どこから手を付ければいいのか迷います。

※2014年追記
3作目のクラウス26号から下廻りの組み立て手順は削除され、代わりに「特記のない部分の他は、特に組み立て順序を示しておりません」の注意書きが追加されました。なお上廻りで板の重ね具合が分かりにくい箇所は、断面図が追加されるなど、何らかの配慮はされています。

説明書

何かいい誤記ですね(笑)。

さっそく組み立てます。
簡潔に書くために現在形で書いているところが多々ありますが、やった結果を並べているだけです。

車体本体

キャブとタンクを構成する部分です。

車体の重ね合わせ 車体を壊さないように、まず内張りを重ね合わせて固定しました。
丸いハンダ穴と、スリット状のハンダ穴があるので、コテ先を細いドライバーのように平らに削っておくと使いやすいです。
ふさがない

後部の2本のスリットは、あとで床板をはめ込むときにやりやすいように用意されていると想像します。よって、ここにはハンダを流さないでおきます。

…しかし、あとで後部の板をハンダ付けするときに流れてしまったのでした。

炭庫上部の折り曲げ

炭庫の上部を、外側に45度ぐらい折り曲げました。
このままうっかり横倒しにして置いてしまうと、せっかく曲げた部分が曲げ戻されてしまいます。

タンク後部(内側)

タンク後部の板は2枚重ねになっています。
まずは内側の板だけを車体に重ねて固定しました。しかし、あらかじめ2枚を貼り合わせてから固定したほうがよかったかもしれません。手すりなどの取り付け穴がズレやすくなったためです。

タンク後部(外側)
  1. 外側の板の上部を斜めに折り曲げてから、先ほど固定した内板に重ねて固定しました。
  2. 斜めの折り曲げ部を、先に曲げた側板の角と付き合わせて固定しました。
タンク後部のディテール
  1. 左右の手すりを固定。
  2. カプラー開放テコを固定。

いずれも、足を差し込んで、内側からハンダ付けしました。配管や手すりはすべて同じ要領です。

後部床板

後部床板を山折りに貼り重ねて固定しました。断面からハンダを流し、ヤスリで整えます。

2個の丸穴にはM1.4タップを立ててネジ切りしました。
薄い板なので、M1.4タップをピンバイスで一方向にぐるぐる回してもネジが切れますが、一応中学校で習ったとおりに1/2〜2/3回転させたら半分戻す(切りクズを出す)、ということは意識しながら進めています。気持ちだけ。

ネジを切ると穴の周囲が少しめくれ上がるので、それもヤスリで平らにしておきます。

後部床板の固定

ネジを切った後部床板を、タンク内側の穴とスリットにはめ込み、固定しました。

突っ張るような感じでうまくはまらないときは、無理せずに左右2本ずつのピンを少し削ります。しかし、削りすぎると固定の基準を失って苦労します。

後部端梁の固定
  1. 端梁を180度折り重ね、カプラーの台座を折り曲げて、タンク底部の穴と床板に差し込んで固定しました。
  2. カプラーの台座にはM1.2タップを立てます。この前後のカプラーの台座のみM1.2を使います。他のネジはすべてM1.4です。
後部妻板の仮組み

炭庫仕切り板には修正部品があるので注意

後部妻板は山折に張り合わせました。その下部に炭庫仕切り板が付くようですが、どんな具合に付くのか様子を見ているところです。
炭庫仕切り板の上部のくぼみを、妻板の下部の出っ張りに重ねるようです。が、ここで固定してもよいのかどうか、わかりません。

まだ結合しません 90度谷折り

ここでは両者を結合せず、ばらばらに取りつけることにしました。
なお炭庫には横スジが入っていますが、ここから90度谷折りし、炭庫の上フタとするのではないかと思います。

後部妻板の取り付け

後部妻板を曲がらないように合わせ、固定しました。

炭庫仕切り板の取り付け
  1. 先ほど仮に合わせてみた、炭庫仕切り板を合わせて固定しました。上フタの部分は少し削り合わせました。
  2. 妻板に水撒管を固定。
裏に重ねるだけ(ハンダ付けしない) 裏のギザギザのあたりで丸みを付けて曲げる

今度は前側です。始めに窓のひさしを曲げました。

まず曲げ筋のついた裏板を180度山折りして重ね(固定はしない)、2枚いっしょにヤットコで少しずつ曲げて丸みを付けます。曲げ終わったら裏板を切り離します。
上手な人なら、表の板だけを一発で曲げられるかもしれません。

前部妻板とひさしの固定

前部妻板には修正部品があるので注意

前部妻板を折り重ねて張り合わせ、先ほど曲げたひさしを差し込んで固定しました。

前部妻板の固定

ひさしを付けた前部妻板を、車体にはめこんで固定しました。

これでようやく車体が箱組みになりますが、まだサイドタンクの前方は開いており、そこは床板に固定するまでこのままなので注意が必要です。

バタフライスクリーンの固定

窓の両側に、バタフライスクリーンを固定しました。
あとでもできると思いますが、屋根を付ける前のほうが内部が明るいので、付けやすいような気がしました。

屋根の組み立て

次は屋根です。

  1. 屋根を2枚重ね、断面の要所にハンダを流して固定しました。
  2. 天窓を固定。
  3. ここで車体側の屋根をつないでいる仮ブリッジを取り去りました。現れた外板の断面には改めてハンダを流し、ヤスリで整えておきました。
屋根の固定

前後の妻板の突起を、屋根の前後の小穴に差し込んで固定しました。
上から見るとちょっと曲がって付いてしまい、周囲を削って目立たないようにしました。

サイドタンク

サイドタンクの上部・内側側面を折り曲げて組み立てました。

上部の手すり取り付けは上級者向きとありますが、穴を開けて差し込むだけなので、時間のある人向けもしくはお好みでという感じでしょう。
せっかくなので付けました。

サイドタンク取り付け

組み立てたサイドタンクをぴったり合わせて固定。
タンク内は狭いので、直径4mmのコテ先が内側からうまく入らず、仕方なく表から突き合わせ箇所にハンダを流しました。

反対側のサイドタンク取り付け

反対側も同様に取り付けました。

扉

キャブの扉に手すりを取り付け、入口に重ねて裏からハンダ付けしました。
後ろにずらして固定すれば、開いた状態にすることもできます。その場合、銀ピカのモーターが丸見えになるので、モーターを隠すカバーも一応付属しています。

乗務員ステップ

キャブ下のステップを取り付けました。

  1. ステップの足のパーツ(H1-13)を、キャブの裏側に重ねてハンダ付けしました。
  2. 2本の足を90度ひねりました。足は細いので、ひねった付け根にすかさずハンダ補強したほうがよいです。
  3. 先端に踏み板を差し込んでハンダ付け。

しかし、踏み板から下側にはみ出した足をヤスリでゴリゴリやっているうちに、根本からステップがちぎれてしまい、真鍮線を沿わせて修理しました。不注意で度々余計な時間を取られます。

ボイラー

ボイラー用ロストパーツ

ボイラーに取り付けるロストパーツを下準備しました。

  1. 煙室下部の穴に、M1.4タップを立ててネジ切り。
  2. 汽笛を差し込んで裏からハンダ付け。固定後も根本が曲がりやすいので、最後に接着しても良かったかなと思います。
  3. 砂撒装置の先端のくぼみを、0.3mmドリルでやや深くしておきました。あとで0.25mm真鍮線を差します。

あとは、接合面をあらかじめ磨いて生地を出しておきました。

ロストパーツの取り付け

各ロストパーツをボイラーに固定しました。
煙突を含む煙室部分が曲がって付くと見苦しいので、どの段階でボイラーに固定するかが悩ましいところですが、今回はこの段階で付けてしまいました。

ボイラー上のディテール
  1. 煙室扉ハンドルを固定。
  2. ハンドレールと配管を固定。
  3. 0.25mm真鍮線で、後部の砂撒管を取り付け。下端はボイラーに重ねて一緒にハンダ付けしています(タンクの陰になるので見えません)。

前側の砂撒管は、床板を取り付けてから付けます。

ウエイトの取り付け
  1. 付属のウエイトを長さ8mmにカットし、ボイラーの上側に固定。部品表によるとホワイトメタルだそうですが、特に問題なく(余裕をもって)ハンダ付けできました。
  2. 安全弁の裏側の足は、あとでモーターに当たることがあるので、短く整えておきます。

床板と上廻り合体

床板

床板に必要なパーツをあらかじめ固定しておきました。

  1. 逆転機のテコはあとでは付けにくいので、最初に固定しました。
  2. H1-8はここで付けないと3のバネが付けられないように思いましたが、ずっとあとでも付けられました。ここは塗装後に磨き出してもいいかもしれません。
  3. バネを固定。
床板の取り付け
  1. 床板を本体に取り付け。本体に多少の歪みがあったので、修正しながら付けました。
  2. 左右をつなぐ仮ブリッジをカット。
ボイラーの取り付け

ボイラーを本体に取り付けました。

先にボイラー側に赤線のパーツH1-36を引っ掛けておけばよかったです。あとでは付けにくい配管でした。

デッキ部、カプラー台座
  1. デッキ部の網目板を直角に折り曲げて固定。前側に隙間ができてしまい、意外と付けにくかったです。
  2. 前部のカプラー台座にM1.2タップを立て、デッキ下部に固定。
デッキのステップ

左右のステップを固定しました。

ある物(1)を忘れている
  1. 先に、ある物(2つ先で判明)を付けておくのですが、スルーしています。あとで困っています。
  2. カプラー開放てこを折り曲げて、端梁を固定。
  3. 左右のつかみ棒を固定。しかし、あとで取り外すはめになります。
残りの配管
  1. H1-36は、ボイラーを本体に取り付ける前に、ボイラー側に付けておけばよかったです。ボイラーとサイドタンクの間隔が狭いので、この段階では付けにくくて大変でした。
  2. 砂撒装置の作用ロッド。説明書の図では長いほうが下になっていますが、上下逆のほうが収まりがよかったので、逆にしました。
  3. 前方の砂撒管を取り付け。下端は、床板にある長方形の小穴に差し込んでハンダ付けしました。
左左右右

これで上廻りは終わったはずですが、
この余った部品は何だろう?

あ

なんでもない
なんでもない

ハンダ付けなので、失敗してもある程度は付け外しが効くのでした。ただNゲージの場合は板が薄く、再加熱して外すときにボコボコになりやすいです。

下廻り(1)

下廻りのうち、ハンダ付けが必要な部分・塗装が必要な部分を先に組み立てておきました。

ベースプレートと車輪座
  1. 中央のベースプレートは、山折りに貼り重ねてハンダ付けしました。これは塗装しません。
  2. 左右の車輪座をそれぞれ折り曲げてハンダ付け。車輪が抜き取れる構造になっているのがわかります。これは外側の側面部のみ塗装します。

どの部品も、「T」マークのある穴にはM1.4タップを立て、そのめくれも平らにしておきました。

車輪押さえ

車輪座の表には、車輪押さえを重ねてネジ止めする構造です。
車輪押さえは必要な箇所を折り曲げてハンダ付けし、表にブレーキシュー(青い矢印)をハンダ付けしました。
車輪押さえも外側の側面部のみ塗装します。

加減リンク

加減リンクは固定式です。先端の角穴をエキセントリックロッドがスライドする構造です。塗装後に加減リンクの模様を磨き出し、ネジ止めします。

シリンダーブロックを組み立てます。

  1. 取り付け部分(H1-7)を折り曲げてハンダ付け。向きを間違えるとやっかいなので、よく注意します(つまり一度間違えました)。
  2. スライドバーを固定。2本のうち、先が細くなっているほうが下側になります。いずれも上下の断面を中心に磨いておき、クロスヘッドが引っかからないようにします。
  3. シリンダーブロックをネジ止め。もしピストン棒が内部で引っかかったりしても、ネジを外して点検・修正できるので楽です。

これで部材は全部できました。
こうして書くと、大きな問題もなくスッとできているように見えますが、実際は結構悩みながら組み立ての順番を考えておりました。

組み立てた部材

続いて塗装と下廻りです。


[次ページへ→]

[1] 

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る