Nゲージ蒸気機関車>蒸機の工作

蒸機の工作

Nゲージ蒸気機関車の模型を中心とした、小加工やキットの組み立て記事の一覧です。
今までの「メモ」内にあった記事の一覧も含んでいます。
内容は執筆時のままですので、古くて使えないものが大半になりつつありますが、ご了承ください。

蒸機の工作

キットの組み立て

金属製Nゲージキットを組み立てた様子です。

― ワールド工芸 車輌 ―

― やえもんデザイン ―

― トーマモデルワークス ―

― アルナイン・その他 ―

― 組み立てメモ ―

車高を下げる(1)

マイクロエースの蒸機のランボードを付け替え、車高を下げてみたものです。

車高を下げる(2)

マイクロエースの蒸機の車高を簡易的に下げたものです。

紙で蒸気機関車を作る

紙だけでNゲージ蒸気機関車の上廻りを作る工作です。

3Dプリンターで蒸気機関車を作る

3D CADで上廻りのデータを作り、業務用3Dプリンターで出力したものです。

鉄道プラ模型

古いものが多いですが、現代のものもあります。

Nゲージ蒸気機関車のプラキット−C58フジミ製プラ模型のC58です。2008.11.1
Nゲージ蒸気機関車のプラキット−C51クラウン製プラ模型のひとつです。2011.7.28
Nゲージ蒸気機関車のプラキット−D51おなじみフジミ製のD51です。2015.3.24
アオシマのブルートレインアオシマ製の電池で動く、Nゲージサイズのプラ模型です。2010.7.3
走りましたか?ナガノのC62/D51昔のモーターで走るプラ模型の組み立てです。2007.9.23
エルエスのC62(電動プラ模型)エルエスらしい、オマケが多数付いた鉄道セットです。その中身は…。2011.1.31
アリイのC62(電動プラ模型)これは有名。箱絵にわくわく、中身は…。2011.2.5
童友社のC10(電動プラ模型)これまた有名な鉄道列車セット。今組み立てても楽しいです。2012.1.11
アリイのED−58(EDシリーズ 電動プラ模型)シンプルですが怪しい構造。もちろん走ります。2013.4.18
きかんしゃトーマス号[C11]の組み立てネコ・パブリッシング発売の、大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」のプラ模型です。後半が本題。2016.2.24

その他の工作

今までに「メモ」のコーナーなどでご紹介した記事です。工作と関係ないものも結構あります。

●蒸気機関車:改造・工作1

D51 498をなめくじタイプにマイクロエースのなめくじドームを移植してみました。2011.4.16
C50を8620風にせめて気分だけでもということで、KATO製品の改造です。2009.5.12
C57 1を標準タイプ風にロングキャブを切り詰めた程度です。2011.4.2
リアル・ラインD51のキャブ加工リアル・ラインのD51のキャブ位置を少し下げ、窓位置などを調整して形を整えます。2008.1.5
D51北海道型を標準型にリアル・ラインの北海道型D51を改造して標準型にします。普段の逆です。2008.2.11
にせC55トミックスのC57+KATOのC11です。2009.10.19
にせC55 2号続きです。輪心を3Dプリンターで作り替えました。2015.9.25
KATOのC11を切り詰めるシリンダーと第一動輪の間が少し長いので、そこを切り詰めてみました。2008.4.25
パーシー改造Bタンクトミックスの「きかんしゃパーシー」のサドルタンクを撤去し、小加工しました。2012.2.11
切り抜く本「日本の蒸気機関車」よりとても有名な本。Nゲージサイズに縮小してB20を作ってみました。2011.8.3

●蒸気機関車:改造・工作2

D51 498の小加工リニューアル版D51 498の先輪のスポーク抜き+乗務員の人影+後部カプラー交換+後部ライト点灯。2010.12.11
9600のバルブスピンドルガイドマイクロエースの9600のバルブスピンドルガイドの形を改善するために、KATOのパーツに取り替えましたが…。2012.1.5
紙製ナンバープレート金色の特殊光沢紙に黒部分を印刷して、ナンバープレートを作ります。2006.7.27
簡易合併テコ昔の模型では合併テコが省略されていましたので、時々こんな工作が行われていました。2005.2.7
C11のやさしい工作真鍮線を曲げて、つかみ棒と開放テコをいっぺんに作るものです。2007.3.15
D51のやさしい工作ありあわせの材料でKATOの旧D51を飾ってみるヒントです。カプラー開放テコ、デフ手すり、集煙装置、ステップなど。2008.4.18
C57のやさしい工作黒ナンバーを赤ナンバーにする例、大型手すりを取り付ける例です。2007.12.1,2008.8.3
C57 1号機のやさしい工作トミックスのC57 1号機に発電機の排気管を取り付けます。2011.7.11
最小限のC62ニセコKATOからC62 2、3号機が発売される前。元に戻せるよう、改造せずに遊んでみたものです。2009.4.26
にせD50(3Dプリンター)3Dプリンターでボディーを造形し、D51の下廻りにかぶせたものです。2016.3.3
D60(3Dプリンター)D50をもとに従台車などを作り変えたものです。2016.4.9
にせ8620(3Dプリンター)KATOの三代目C50を使用した8620です。2016.5.8

●蒸気機関車:改造・工作3

キャブ渡り板を付けるKATOのD51のモーター押さえを利用して、プラ板や紙でキャブ渡り板を取り付けます。2009.6.18
キャブ渡り板を付ける(2)同じく新D51にプラ板でキャブ渡り板を取り付けたものです。2012.6.19
C56のキャブに渡り板(紙)紙製の簡単な渡り板です。本体未加工です。2013.10.17
C57の従台車にスポーク車輪トミックスのC57の従台車に、KATOのスポーク車輪(車軸短)はそのまま付けられます。2015.3.14
C62 2の従台車の隙間埋めC62 2号機北海道形(KATO)の従台車の上の隙間を隠す加工です。2011.11.27
8620の輪心を修正するマイクロエースの8620の輪心形状を改善する加工法を教えていただきました。2009.4.17
動輪の穴あけKATOのC58の動輪の丸穴を貫通させています。2013.11.18
新D51重装備パーツキット昔からあったワールド工芸のパーツキットのリサイズ版です。2011.9.10
D51密閉キャブベースキットを使うやえもんデザインのKATO向けパーツキットです。新D51を北海道形にします。2013.9.21
プラ丸棒の煙突D51標準形(長野式集煙装置付)の集煙装置を外したところに、煙突を作ってみました。2017.1.2
空気作用管に配管留めを貼り付けKATOのC62 2号機の空気作用管には配管留めがないため、細いテープを貼り付けてみました。2017.7.13
トミックス・KATOのC11を合成KATOの新しいC11の動力に、両者の上廻りを混合して組み合わせています。2017.8.10

●蒸気機関車:テンダー、石炭

セキ3000に石炭を積む空荷ばかりでは寂しいので積み込みました。2009.11.21
C62の石炭を山盛りにするC62東海道形の元の石炭パーツを外し、製品とは別な形にしてみました。2008.1.20
D51 498 テンダーパーツワールド工芸から発売された、ラウンドハウスD51 498用テンダーパーツの組み立てです。2010.1.10
D51 498の石炭積み替えリニューアル版D51 498のテンダー上部を交換し、標準タイプに近い石炭にする単純工作です。2010.12.26
アクリル製船底テンダーキットDT650用のテンダーが素材キットとして分売されていました。2011.8.22
C55のテンダー振り替え息抜きに。D51テンダーと交換して遊ぶだけです。2011.5.20
D50のテンダー交換D50のテンダーを、キマロキのキ604のテンダーと交換して変化を付ける例です。2009.3.21
石炭を量産する古い記事です。旧C62の石炭をコピーし、ワールド工芸のD52に載せています。2000.3.5
市販ATS車上子の取り付けKATOのC62 2(初回品)に、銀河モデルのパーツを貼り付けてみたところ。2017.7.8
C62山陽形(呉線)のATS車上子を移植KATOのC62 3(初回品)に、C62山陽形(呉線)で改良されたATS車上子を移植しました。2017.7.16
3DプリンターのATS車上子上のC62山陽形(呉線)のATS車上子の代わりに、3Dプリンターでパーツを作ってみたものです。2017.7.25

●蒸気機関車:モーター、動力ユニット

Bトレ用モーターを使うBトレインショーティーのモーターや、似た形のモーターを移植した結果です。2008.2.2
9600のモーターを引っ込めるBトレモーターでキャブ内を開けてみました。2011.7.22
D52のモーターを引っ込めるマイクロエースのD52のモーターを、形状の違うものに交換し、機炭間隔を詰めています。2006.8.13
D51のモーターを引っ込めるKATOの旧D51のキャブからはみ出しているモーターを引っ込める工作です。このサイトで現存する最古のコンテンツです。1996.7.202000.1.2
C62東海道形に新動力を2007年発売のC62東海道形に、最新の北海道形の動力を移植したもの。結構あちこちの調整が必要です。2012.1.3
C57を直接駆動式にするワールド工芸のC57 4次型に、トミックスの動力を移植します。2010.4.29
C51を直接駆動式にするワールド工芸の上廻りに、マイクロエースの下廻りを合体させます。2007.7.22
C55流線型を直接駆動式にするワールド工芸の上廻りに、マイクロエースの下廻りを合体させて、直接駆動式にする工作です。2001.1.2
9600形 29622修理走りの悪かった個体の修理。原因は噛み合わせでした。2013.9.23
弁慶の動力を取り外す何も生んではいませんが、何かのヒントにどうぞ。2006.2.25

●蒸気機関車:その他

ドックサイダーの塗装修理ドックサイダー(Bタイプ小型蒸気機関車)の傷んだ塗装を塗りなおし、特注インレタで復旧しています。2008.6.24
カラープライマーを使ういさみやのカラープライマーで、機関車の黒塗装を兼ねます。2009.6.27
ランボードに白線を入れるランボードに白線を入れる方法の一例です。2008.7.18
特急「燕」用水槽車(ワールド工芸)C51の燕牽引機に連結されていた水槽車キットです。2013.9.29
D51塗装済みキットの組み立て(カツミ・1/80)ほとんどドライバー1本でできる塗装済みキットです。こんなキットがNゲージにも欲しいです。2012.2.19

●電気機関車・ディーゼル機関車・電車

KATO製EF66のタッチアップ前面飾り帯の青色入れ、ライトリムの銀色入れ。2008.6.27
EF65レインボーのロゴをつなぐ側面窓で穴が空いているロゴをプラ板でつなぎます。2008.6.27
EF55の台車改造アリイのEF55を、普通の先輪でカーブを曲がれるようにする工作です。2008.4.14
ED75の動力交換トミーNスケールのED75に、KATOの動力を移植して復活させます。2008.3.15
DD51のカプラーを台車マウントにボディーマウントカプラーは曲線上では連結しにくいので、台車マウントに戻してみました。2009.5.31
タイフォンかなり昔の「BBサウンドシステム」(バンブー商会)を組み込みます。2009.8.6
ED17の組み立て(Zゲージ)ワールド工芸のキットです。小さいですがそんなに難しくありません。2011.11.9
上田交通EB4111(プラキット)の組み立て珍しいワールド工芸のプラキットです。素組みならすぐ完成します。2014.9.27

●客車・貨車

オハフ61のドアを深くするトミックスのオハ61系のドアを少し奥に引っ込めています。2008.12.30
アリイのオハ61にトミックスのドアマイクロエースののオハ61のドアを引っ込める日曜大工です。あまりうまくいっていません。2008.12.30
スハ32のドアを引っ込めるトミックスのスハ32は車端部が少し太く見えるので、ドアを引っ込めるなどして加工しました。2009.6.29
スハ43の窓枠を自分で塗るメイクアップパーツを買わず、「ガンダムマーカー」で済ます方法です。2006.6.3
幌のシルエットをつなぐ旧型客車(オハ31)の連結幌がつながって見えるようにする仕掛けです。2008.5.2
ワム80000の手すりを細く塗る表現オーバーのため太い手すりを目立たなくする一例です。2008.8.16
ヨ6000の集電板加工トミックスのヨ6000の集電バネを見えないところに隠しています。2011.9.12
古い貨車の小加工ワム80000とコキ5500の簡単加工です。大したものではありません、すみません。2006.6.30
客車から電気をもらう客車の集電板から機関車までジャンパを伸ばし、集電機能を強化しています。2008.11.6

●カプラー

アーノルドカプラーで
自動解放
標準のアーノルドカプラーのまま切り離すアンカプラーの自作や、トミックスのMカプラーを非装着車に取り付ける加工などです。
カプラー自体をリモコンで動かす工作も。2006.11.142009.10.3
市販の機械式アンカプラー数社のアーノルドカプラー用アンカプラーのご紹介。現在でも海外から購入可能なものもあります。2015.8.292009.10.3
マグネ・マティックカプラーを
前部に取り付ける
決まった方法はなく、昔から皆それぞれ工夫しています。簡単に手に入るMT-7を使った方法が中心です。1996.8.92011.1.2
C62のナックルカプラーを
自動解放可能にする
KATOのナックルカプラーに自分で穴を開けてトリップピンを取り付けます。2008.7.5
C62のナックルカプラーを
マグネ・マティックカプラーに交換する
ナックルカプラーを取り外したカプラーポケットにそのままマグネ・マティックカプラーを付けた例です。2008.10.4
ミニカーブレール対応貨車に
カトーカプラーを取り付ける
ミニカーブレール対応の2軸貨車に、カトーカプラーやナックルカプラーを取り付ける例です(レム5000内)。2008.1.19
マイクロエースの電気機関車に
カトーカプラー
マイクロエースのEH10にカトーカプラーを取り付ける例です。2008.7.14
DD16にマグネ・マティックカプラーKATOのDD16にNo.2001を付けました。2014.3.30
C11に重連用ナックルカプラーを取り付けKATOのC11の重連用カプラーに、新C62の重連用ナックルカプラーを合成しています。2013.5.4
トミックスのC11後部に重連ナックルカプラートミックスのC11に、KATOの重連ナックルカプラーを切り貼りしたものです。2017.4.8
トミックスのC11後部にマグネ・マティックカプラートミックスのC11に、MT−7を接着取り付けしました。2017.4.9

●線路・制御機器

古いパワーパックの修理昔のトミーNスケール時代のパワーパックが不調になったときの修理例です。2010.2.8
KC−1の可変抵抗器交換速度調整がぎこちなくなってしまい、1kΩのボリュームを交換しました。2012.4.16
KM−1の電源スイッチ交換電源スイッチ不調のため代替品に交換しました。非照光なので怪しいです。2016.1.9
  
トミックスのポイントをユニトラックにトミックスのポイントを無理やりユニトラックに接続しています。2007.10.24
ユニトラック4番ポイントの微妙な寸法ユニトラックの4番ポイントと固定式線路のポイントの長さは同じに見えますが…。2008.12.13
ミニカーブレールでD51を走行ミニカーブレールのR177でKATOの旧D51を走らせる加工です。2009.1.14
ミニカーブレールでC62を走行同じくミニカーブレールで、KATOのC62東海道形を走らせました。2011.11.12
ギャップの後付けフレキシブルの途中に切り忘れたギャップを、あとで追加しています。2008.10.15
ショート予告灯?転車台と本線の極性が違っているときに、ランプで知らせるようにします。単純です。2009.5.5
トミーナインスケールの電動ポイント昔トミーが発売していたバックマンの電動ポイント。コントローラーが興味深いです。2015.6.22
ポイントコイル断線電動ポイントのスイッチマシンを叩き壊してしまった話の顛末です。2015.11.21
リマのポイント1970年代のリマのポイント。アトラスのポイントについても少々。2015.12.8
  
ターンテーブルの全周留置転車台をはさんで向き合った機関車が、同時に動き出さないようにします。2009.4.4
「週刊SL鉄道模型」の転車台パートワークの付録として3号にわたって付属した転車台です。2013.2.14
ターンテーブル操作室の窓に黒を入れるKATOのターンテーブル操作室の窓に黒デカールを貼り、剥がれなくなったり。2015.6.17
転車台の操作室(3Dプリンター)今度は最初から窓の開いた形をコンピューターで作り、3Dプリンターで出力しました。2015.10.20

●レイアウトプラン

固定式線路のプランを道床付き線路で今とは微妙に規格の違う、固定式線路のレイアウトプラン集の再現。こたつ天板に載ります。2009.10.14
最小サイズのターンテーブル付きプラン同じく、蒸機が走れてこたつ天板に載るターンテーブル付きプラン。2009.10.24
こたつ天板にのる側線付き環状線(2)同じく側線+留置線。いずれもトミックス、KATOどちらでも組めます。2009.10.31
こたつ天板にのる側線付き環状線(3)ユニトラックだけですが小半径を使ってちょっと変形。2011.2.11
こたつ天板にのる平面交差エンドレス走行距離をかせぐため、平面クロスを用いた8折形です。2011.2.13
こたつ天板にのる側線付き環状線(4)小レイアウトが苦手だったユニトラックに登場した小型ポイントを使用した例。2014.8.23
900×600の立体交差プラン昔、フレキで作ったレイアウトをユニトラックで再現してみると…。2010.5.17
トミーナインスケールのレイアウト旧トミーナインスケールのカタログ表紙を飾ったレイアウトを、ファイントラックで再現します。2010.3.7
関水金属カタログのレイアウト旧関水金属のカタログ表紙を飾った有名レイアウトを、ユニトラックで組んでみました。2010.6.2
ミニミニレール風レイアウト昔のバンダイの玩具ミニミニレールより。ユニトラックで組みました。2009.9.8

●ストラクチャー・アクセサリー

バスタオルのトンネル入門セットにかぶせて使うため、発泡スチロールとバスタオルで作ったトンネルです。2008.8.14
ジオコレの電車庫を単線機関庫に煙突など屋根上部のみプラ板で追加。2010.6.5
イージーキット−木造機関庫(KATO)KATOの木造機関庫の組み立てです。2010.11.2
レンガ機関庫組立キット(津川洋行)プラ製ストラクチャーの老舗、津川洋行のキットです。2010.11.7
木造機関庫組立キット(津川洋行)同じく津川洋行の単線機関庫です。2010.11.13
木製の木造複線機関庫キット(マトリックス)Nゲージでは珍しい木製の精密キットです。2010.11.25
三線式レンガ造り機関庫(トミーテック)立派な外観の赤レンガ機関庫です。組み立ても簡単。2013.9.10
扇形機関庫(KATO)KATOからも発売された扇形機関庫です。説明書にはトミックスと謎の共通点も。2014.11.8
  
紙の給水塔紙で簡単な給水塔を作る工作です。型紙付きです。2004.11.19
紙の信号所紙製の小型信号所です。息抜き工作に。2009.11.14
材木置き場(さんけい)を作るレーザー加工された型紙で作るキットです。2009.11.16
Zゲージ機関庫(さんけい)さんけいの機関庫キット。これは1/220のZゲージ用です。2011.9.15
給砂塔と砂焼き小屋(アドバンス)ついに出た給砂塔のペーパーキット。雰囲気抜群です。2014.1.11
新式単線形給炭槽(アドバンス)曲面が使われた単式給炭槽です。2015.7.13
給砂塔(トミーテック)こちらはプラキットの給砂塔です。2014.3.2
木を植えよう廃物利用ですが、木の作り方としては普通かと思います。2011.7.18
Nゲージの動輪モニュメント公園などにある保存動輪を作る工作です。2008.4.12
Nゲージのパトカーに回転灯レイアウトに設置したパトカーの回転灯を光らせるギミックです。ちゃんと回転します。2008.3.22
小さい照明塔を作る(3Dプリンター)小型のヤード照明塔(フリー)を3Dプリンターで出力しました。2017.8.23

●ライト点灯

KATOのD51の点灯化旧D51です。ダミーライトを点灯させる昔からの方法です。2006.11.19
銀河モデルのライト点灯化ただ穴を開けてレンズを差し込みました。それは光りますよね。2008.3.11
C11の後部ライトの点灯化マイクロエースのC11の後部ライトの点灯加工です。2009.2.26
C56のライト消灯スイッチ電気的なライト消灯スイッチを屋根裏に置きました。2013.1.6
C62 2の後部ライトを点灯余っていたライト基板で点灯させました。2011.12.4
C62 2のライトを明るくする最近の商品としては暗いC62 2のライトを、明るくする試みです。2011.12.9
C56かぶせライトC56小海線のシールドビームに別のライトをかぶせ、大型ライトにします。本体未加工です。2012.11.5
消灯用にダミーライトD51 1次形を消灯可能にするつもりが、遮光の仕組みがうまくできず、こうなりました。
単純なLEDライトアリイの電球式ライトをLEDに交換し、明るさをUPさせます。2008.7.12
DD51に消灯スイッチを付けるKATOのDD51に超小型スライドスイッチを組み込み、ライトを消灯可能にしています。2006.11.30
KATOの北斗星に白色室内灯を付ける間違って買った白色室内灯の救済措置です。2008.7.23
オハ31に室内灯室内灯に非対応のオハ31に取り付けました。2009.12.6

●サウンド

車載しないサウンドDCCデコーダーを外部に置き、アナログ車両のまま音を出す例の方法です。2009.8.23
D51 498へのサウンドデコーダー搭載リニューアル版D51 498に用意されているスペースに、DCCサウンドデコーダーを組み込みます。2010.12.12
C56にサウンドデコーダーKATOのC56にDCCサウンドデコーダーを組み込みます。2013.10.28
ノイズ音源の簡易蒸機サウンドFMラジオの局間ノイズと普通のパワーパックを使う方式です。機関車に積むのはスピーカーとコンデンサー1個だけです。2014.1.5
サウンドボックスの電源アダプターKATOのサウンドボックスに色々なACアダプターを試してみたもの。トミックス製パワーユニットのつなぎ方も。2015.3.2

●製品のご紹介

ドックサイダー蒸気機関車セットトミーナインスケール時代に輸入販売されていた、当時の基本セットです。2017.8.18
9mmゲージの機関車玩具SLブームの頃にあった、ゼンマイ動力の精密?な9mmゲージ玩具です。2007.1.7
トラムウェイ C12(16.5mmゲージ)トラムウェイ製のプラ製C12のご紹介です。2013.10.14
トラムウェイ 8620(16.5mmゲージ)トラムウェイ製のプラ製8620です。これまた嬉しい。2015.2.25
KATOのD51(16.5mmゲージ)はこんな感じでしたなぜか早々にカタログから引退してしまったKATOの16.5mmゲージD51です。2015.1.31
煙出し客車セットのカプラー1960年代にマスダヤが発売していた立派な鉄道玩具。ところどころのつくりが妙に模型的です。2015.5.30

●その他

正しいお手入れ?今は、紙やすりでレールを磨いてはいけないことになっていますが…。2007.12.8
紙製フリー機関車昔の「子供の科学」記事を参考に、Bトレイン動力に紙で簡単なボディーをかぶせて電気機関車にしています。2007.9.1
ケー100(改)アオシマ製“走れ!ケー100”の「ケー100」にNゲージ動力やチョロQ動力を組み込んでいます。2008.3.7
メカ・コレクションのスリーナイン号バンダイの古いキャラクター模型「メカ・コレクション 銀河鉄道999」に含まれていたC62です。2017.1.15
ポケットカメラ組み立てキット1970年代のポケットカメラキット「スクール110」ですが、組み終えてみるとフイルムが…。2010.6.7

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る