【ダウンロード】(フリーソフト)

FunLOG 最新3.6版の新規インストール 1,061kbyte
FunLOG 旧版から3.6版へのバージョンアップ 516kbyte

パソコンにMicrosoft OfficeのAccessが使える環境があればベストですが、Accessが使えない場合はAccess Runtime(無償)をダウンロードしてインストールすればFunLOGを起動することが出来ます。

ただし、FunLOGはマクロを使っているため「Microsoft Access のセキュリティに関する通知」が表示されます。これはAccess Runtimeの仕様なので仕方ありません。内容を読んでから「開く」ボタンをクリックしてください。

セキュリティ

著作権は草薙の甚六が所有します。

FunLOGのマニュアル3.1版(pdf)870kbyte

FunLOGのインストール方法や使い方などは、このマニュアルをご覧ください。

旧版から最新版へバージョンアップする場合は、本マニュアルの 9.付録(1) 2.バージョンアップ方法を参照ください。

[改版記事]

1.0版 2011年12月1日 未公開(1.0版から1.32版までは個人的に使用)
1.1版 2014年10月5日 マイナーな修正
1.2版 2014年11月20日 マイナーな修正
1.3版 2014年11月23日 入力フォームのレイアウトを変更
1.32版 2015年5月12日 モードJT9追加
2.0版 2016年11月20日 (正式リリース)
3 beta 2016年12月10日 (試行版)プリフィックスよりDXCCエンティティ自動表示と入力機能を追加
3.0版 2016年12月25日 3 beta版のマイナーな修正を行い正式リリース
3.1版 2017年5月13日 交信履歴ボタンを追加
3.2版 2017年5月19日 LOG表示をフォームからクエリ出力によるデータシートビュー表示に変更
3.3版 2017年6月23日 データシートビューで昇順/降順並べ替えを行ったあとの解除が出来なかった問題を修正
3.4版 2017年9月16日 フォームのレイアウト変更およびマイナーな問題点を修正
3.4.1版 2017年9月20日 DXCCエンティティにおいて、各バンドのカウント値が表示出来るようにした
3.5版 2017年9月30日 モードFT8追加
3.6版 2017年10月4日 カード発行/カード受領のチェックボックスを追加 その他マイナーな修正

[はじめに]

◇試しにFunLOGを使ってみようと思う方は、お使いのPCにAccessがインストールされているかを
 確認してください。

◇Accessがインストールされていない場合は、Access Runtime(無償)をダウンロードしてインストール
 すればFunLOGを起動することが出来ます。

◇Access Runtime(無償)は、Accessのプログラムを使用するだけのソフトです。
 MicrosoftのWebページにあるダウンロードセンターでダウンロード出来ます。

◇初期設定だけ行えばすべての機能を使えます。

◇FunLOGは無線業務日誌として必要な機能は盛り込まれています。

◇FunLOGは、OfficeのAccess 2010でプログラムを開発しました。

◇出力機能として、QSLカード印刷、ADIF出力が可能です。

◇DXCCエンティティおよびJCC/JCG一覧のテーブルを持っているので、自動入力が出来ます。

◇交信情報をデータシートビューで開くことで、簡単な条件でデータを抽出できます。(フィルタ機能)

◇Accessは、データーベースを管理するのにはとても良いソフトです。今後さらに機能を充実させる予定です。

【LOG入力フォーム】

入力フォーム

【印刷したQSLカード】

入力フォーム

【ADIF出力したデータ】

入力フォーム

このページのトップヘ