Topぺーじ  五十野惇TV      五十野惇の 制作あとがき
 絵本の読み聞かせ   
パピーちゃん作品メニュー         (このページを別ウィンドウで開く) 

声を磨く
明るく響き、きれいにやわらかく
良い姿勢
まずリラックス。猫背はダメ
本の選択
内容、テーマにとらわれない
・                                  ・

別ページ:「パパのための絵本の読み聞かせコツ」も合わせごらんください


 
声質は変わる 

☆   ☆

 誰でもテープに録音された
自分の声を聞いたことがある
と思います。それが初めての
時だったら、「えっ、この声
が自分の声なの」とびっくり。
きっと他人が聞いている自分
の声をもっといい声にしてみ
たいと、思ったに違いありま
せん。
でも、なんだか声は生まれ
つきで、自分は声質がよくな
いから、よい声質の人にはか
なわない、声は変わらないと
思い込んでいる人が多いので
はないでしょうか。

☆   ☆

私の場合、NHK番組「おかあ
さんといっしょ」のディレク
ターがきっかけとなり、絵本の
出版、大学の授業などでここ
十数年、絵本の読み聞かせ・
歌遊びなどをしてきました。

出身が茨城県なのでお国なまり、
初めの頃(NHK)は顔から火の出
る思いの演出でした。
だって、
演出は、まずは「こう、お話を
してください。こう、歌ってくだ
さい…」と、役者さんに自分
の意図をお話をするからです。

☆   ☆

ちょっと大げさですが、こ
の仕事場という戦場で学んだ
ことは、お話の内容や意図も
さることながら、どういう自
分の声で、それからどういう
自分の態度で話をするかが大
切ということ。つまり、相手が
聞いてくれるか、聞いてくれ
ないかは、自分の声や態度に
かかっていると
教えられました。


 最近ではボランティアの方
など多くの方々が絵本の読み
かせにチャレンジ、熱心です
ね。とてもいい傾向と思いま
すが、ちょっと首をかしげる
読み聞かせにも出会います。
そのタイプですけど、
心に届かない
「小さくて、か細い声」
明るいお話でも「暗い声」、
「甲高(かんだか)い声」
「堅い声」…「発音が不明瞭」な
声には驚かされます。
 では、どんな声のタイプが
良いのでしょうか。まずは、
明るい声を出せるタイプ。続
いて、よく通る声、響く声と
いっていいでしょうね。
それに、やわらかく・
きれいな声をだせること
も必要です。

腹から声を出す

☆   ☆

それでは、自分の言葉と自
分の声を、どうしたら磨くこ
とができるようになるのでし
ょうか。イの一番は、今の自
分の声を自分でイメージし、
自分の声の足りないところを
見つけることです。

☆   ☆


では、どんなことをすれば、
いいのでしょうか。まずは、
当たり前のことですが、リラ
ックスしましょう。猫背はイ
ケマセンね。よい姿勢こそ、
いい声をだす基本ですから。
お腹からも声をだしてみま
しょう。それと、ちょっと音
程が高め。女性ならちょっ
と黄色い声に、男性なら声変
わりする前の子どもの頃の声
を意識してチョット高めに
発音してみてはい
かがでしょうか。
案外、声の
出し方に違いがあるだけで、
声の質には悪い声や良い声の
区別はないということに気
づき、自信が沸くことと思
います。



音読が楽しめれば
  親子の心は豊かに

☆   ☆

 それから大切なことは、声
に出していい感じの文章、気
持ちのいい文章、聞いていて
も感じの良い声になる絵本を
選ぶことも重要ですね。
とかく、私たちは絵本を選
ぶ際、内容やテーマにとらわ
れがちです。内容やテーマを
さらりと脱ぎ捨て、身軽な声
の世界で楽しく読み聞かせでき、
結果として、
子どもたちが声にだしてみたいと
感じる文章、
そんな絵本を選ぶ心がけも
大切です。

☆   ☆

 ささやかですが、
私たち家族制作作品があります。




「毎月のパピーちゃん絵本・全12冊」

♪youtube♪
うた:大杉久美子/音楽:越部信義  説明

五十野 惇
NHK「おかあさんといっしょ」ディレクター/
聖徳大学短期大学部助教授(保育内容・言葉)/東京家政学院大学教授(幼児メディア研究)を経て、
演出家・絵本作家

 

ちいさいパピーちゃん&お友達の顔は、
いつだって、全て正面を向いています。

ディック・ブルーナのミッフィーも、いつだって、全て正面を向いています。
子どもが描いたヤマト運輸のクロネコも、いつだって、正面を向いています。

この共通した考え方、日本で初めての毎月のパピーちゃん絵本・12冊です。

ちいさいパピーちゃん&お友達は
いつだって、普段の幼児の生活を明るく・楽しく「笑顔に」します。


パピーちゃんと仲間 楽しく 笑顔

毎月のパピーちゃん絵本は、ビデオ、CD、DVD(英語、中国語)になっております

絵本

CD

CD

 ご要望によりDVDでも扱っております

       このページを別ウィンドウで開く  Topぺーじ  ここのページの始めにもどる