Topぺーじ                    制作あとがき
                     (このページを別ウィンドウで開く) 

創刊:1987(昭和62)年
たこあげ絵本………月号

0・1・2・3~歳児向け(低年齢児は音感遊び!)

ちいさいパピーちゃんのたこあげ
監修:村田耕一 作絵:五十野惇Family 発行:メイ
売店
あらすじ
自分で上げる凧の方が、どんなにかうれしいでしょう。
失敗しても、またやりたくなる。そんな幼児のたくましい好奇心を描いたお話。


絵本の内容・解説  西本鶏介先生(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家

頭のいい子に育てる親子のコミュニケーション・音読

「絵の特色」・・・ほのぼのタッチ・・・アニメ平面画(Anifei

アニメーション
YouTube

絵本・全12冊の1ぺージ1ページがご覧になれます
読み聞かせ

CD 音楽絵本 ちいさいパピーちゃん絵本 全12話

今日のBlog・・ 新しい情報がご覧いただけます

読者コメント & 解説

毎月のちいさいパピーちゃん絵本全12冊 

3月 / 4月 / 5月 9月 / 10月 / 11月 12月 / 1月 / 2月



絵の特色・・・具体例・・・アニメ平面画(Anifeiアニ平)

ちいさいパピーちゃん&お友達の顔は、いつだって、全て正面(平面画)を向いています。

ディック・ブルーナのミッフィーも、いつだって、全て正面(平面画)を向いています。
子どもが描いたヤマト運輸のクロネコも、いつだって、正面(平面画)を向いています。

子ども達の描く絵もほとんど正面(平面画)を向いています。

この共通したほのぼのとした絵の感覚、パピーちゃんビデオ絵本では
子ども達が描く絵とそっくりな絵を、
アニメーション鬼才・村田耕一がアニメーションに編集、
アニメ平面画・絵本
として制作しました。

そして、
五十野Familyが、村田耕一監修のもと、ほのぼのアニメ平面画という考えに沿って、
毎月のちいさいパピーちゃん絵本・12冊を制作しました。


ここで、絵本の中から2枚のアニメ平面画を紹介させていただきます。



冬1月のお話

ページ 22~23

五十野さん一家が、心を込めて創作された絵本には、身近な生活を描きながら、
生きることへの励ましと、美しいポエジーがあります。
とりわけ、パピーちゃんは、子ども達の心を とらえて はなさないでしょう。
 (昭和女子大学名誉教授、作家・児童文学評論家・西本鶏介先生のお話から)


大好き!「くーこちゃん」「たーぼー」「パピーちゃん」「うーちゃん」「いーくん」「りーくん」「ねーくん」

 「パピーちゃんのたこあげ」メニューTopぺーじ このページを別ウィンドウで開く

©1978 ISONO / 五十野惇 / ISONO-TV / Page created by Atsushi Isono