Nゲージ蒸気機関車>蒸機の紹介>Cタンク(0−6−0) その1

Cタンク(0−6−0) その1

2004.5.30/2019.1.3

Cタンク

先輪も従輪もない0-6-0のCタンクは、フリースタイルからスケールモデルまで各種が発売されてきました。
本来なら入門用に好適なはずですが、9mmゲージではサイズの小ささや軽さから来る集電の問題が災いして、どちらかといえばマニアックな部類に入りがちな気がします。
9mmゲージの初期から現在まで、国内メーカーが関係して販売されたものの一部(私の手元にあるもの)を寄せ集めてみました。

[1]  

●その後登場した製品(おもにキット)について、こちらに記載しました。
Cタンク(0−6−0) その2


横から

ミニトリックス T3 T3 ミニトリックス T3
(拡大写真)
トミー K.S.KタイプCタンク K.S.KタイプCタンク トミー K.S.KタイプCタンク
(拡大写真)
マイクロエース(ライフライク)  0-6-0サドルタンク ライフライク サドルタンク マイクロエース(ライフライク)
0-6-0サドルタンク

(拡大写真)
トミックス きかんしゃトーマス(2016年製品) トーマス トミックス きかんしゃトーマス(2016年製品)
(拡大写真)
ワールド工芸 (南薩鉄道5号機) 南薩鉄道5号機 ワールド工芸
(南薩鉄道5号機)(拡大写真)

ミニトリックスのT3はNゲージの初期からの有名な製品です。学研が取り扱っていた頃のカタログにも目立って紹介されていました。色々なバージョンがあり、手持ちのひとつを並べました。

トミーのK.S.KタイプCタンクは、トミーナインスケール時代からの製品です。入門セットもあり、トミックスの初期までがんばりました。現在では南薩鉄道5号機をはじめ、いくつかのK.S.K蒸機がワールド工芸から発売されています。

ワールド工芸以外は、モーターなどの関係で、1/150とか1/160とかといった一般スケールではないと思います。T3は誰が見ても大きいと感じるでしょうし(全高で1/136と判明)、トーマスは映像作品をもとにしたキャラグッズのため、縮尺の概念は異なるでしょう。

前から

T3 K.S.Kタイプ 0-6-0サドルタンク トーマス 南薩5号機
ミニトリックス
T3 (拡大)
トミー
K.S.Kタイプ (拡大)
マイクロエース
0-6-0サドルタンク(拡大)
トミックス
トーマス (拡大)
ワールド工芸
南薩5号機 (拡大)

T3のように端梁が赤いのは、小型機には似合ったアクセントだと思います。
この写真のトーマスは初期製品です。2016年より、顔のデザインが番組のCG化に合わせて変更されました。

後ろから

T3 K.S.Kタイプ 0-6-0サドルタンク トーマス 南薩5号機
ミニトリックス
T3
トミー
K.S.Kタイプ
マイクロエース
0-6-0サドルタンク
トミックス
トーマス
ワールド工芸
南薩5号機

上から

左から順に、T3(ミニトリックス)・K.S.KタイプCタンク(トミー)・0-6-0サドルタンク(マイクロエース)・トーマス(トミックス)・南薩鉄道5号機(ワールド工芸)の順です。 上から 左から順に、T3(ミニトリックス)・K.S.KタイプCタンク(トミー)・0-6-0サドルタンク(マイクロエース)・トーマス(トミックス)・南薩鉄道5号機(ワールド工芸)の順です。

[次ページへ→]

[1]  

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る