Nゲージ蒸気機関車>蒸機の紹介>B20・Bタンク・Bテンダ

B20・Bタンク・Bテンダ(その1)

Bタンク・Bテンダ

2005.8.15/2016.6.12

小型のB型機のプラ量産品は動力化が難しく、国内でのプラ量産品の発売はほとんどありませんでした。
しかし近年は小型モーターの採用により、スケールを重視した金属キットが多数発売され、状況が大きく変わっています。競合しているものは少ないですが、把握しきれないほど数が出ています。

[1]   


横から

0-4-0ドックサイダー
Bタイプ小型蒸気機関車(ドックサイダー)
トミー(製造:バックマン)
(拡大写真)
チビロコ
チビロコ KATO
(拡大写真)
B20
B20 1号機 ワールド工芸(2012年版)
(拡大写真)
1号機関車(保存車)
1号機関車(保存車) マイクロエース
(拡大写真)
ネルソン 6250(空制化後)
ネルソン 6250(空制化後)
日本鉄道模型連合会(製造:ワールド工芸)
(拡大写真)
ナスミスウィルソンA8(600形)
ナスミスウィルソンA8(600形) ワールド工芸
(拡大写真)
クラウス10形 明治鉱業17号機
クラウス10形 明治鉱業17号機 ワールド工芸
(拡大写真)
雨宮タイプBタンク
雨宮タイプBタンク トーマモデルワークス
(拡大写真)
宮崎交通コッペル4号機
宮崎交通コッペル4号機 トーマモデルワークス
(拡大写真)
有田鉄道コッペル1号機
有田鉄道コッペル1号機 津川洋行
(拡大写真)
産業用Bタンク
産業用Bタンク アルナイン
(拡大写真)
伊予クラウス1号機
伊予クラウス1号機 トーマモデルワークス
(拡大写真)

ほとんどが違う形式で(宮崎交通コッペル4号機と有田鉄道コッペル1号機がかろうじて近似)、縮尺も色々なので、大きさの比較はあまり意味をなしていないかもしれません。
チビロコのみ、後ろの客車に押されて走るユーレイ方式ですが、他はすべて自走します。

前から

ドックサイダー チビロコ B20 1号機 1号機関車(保存機) 1号機関車(A1クラス)
ドックサイダー
(拡大写真)
チビロコ
(拡大写真)
B20 1号機
(拡大写真)
1号機関車(保存機)
(拡大写真)
1号機関車(A1クラス)
(拡大写真)
6250 A8(600) 雨宮タイプBタンク 宮崎交通4号機 クラウス10形
6250
(拡大写真)
A8(600)
(拡大写真)
雨宮タイプBタンク
(拡大写真)
宮崎交通4号機
(拡大写真)
クラウス10形
(拡大写真)
有田鉄道コッペル1号機 産業用Bタンク 伊予クラウス1号機
有田鉄道コッペル1号機
(拡大写真)
産業用Bタンク
(拡大写真)
伊予クラウス1号機
(拡大写真)

トミーのBタンク(ドックサイダー)は、サドルタンクであることもあり、ボリュームがあります。
有田鉄道コッペルは自走するプラ量産品ですが、本当に小さいです。また伊予クラウス1号機はよくこの細い横幅に抑えられたものだと思います。

後ろから

ドックサイダー チビロコ B20 1号機 1号機関車(保存機) 1号機関車(A1クラス)
ドックサイダー
(拡大写真)
チビロコ
(拡大写真)
B20 1号機
(拡大写真)
1号機関車(保存機)
(拡大写真)
1号機関車(A1クラス)
(拡大写真)
6250 A8(600) 雨宮タイプBタンク 宮崎交通4号機 クラウス10形
6250
(拡大写真)
A8(600)
(拡大写真)
雨宮タイプBタンク
(拡大写真)
宮崎交通4号機
(拡大写真)
クラウス10形
(拡大写真)
有田鉄道コッペル1号機 産業用Bタンク 伊予クラウス1号機
有田鉄道コッペル1号機
(拡大写真)
産業用Bタンク
(拡大写真)
伊予クラウス1号機
(拡大写真)

上から

0-4-0ドックサイダー
ドックサイダー
チビロコ
チビロコ
B20
B20 1号機
1号機関車(保存車)
1号機関車(保存車)
1号機関車(A1クラス)
1号機関車(A1クラス)
ネルソン 6250(空制化後)
ネルソン 6250(空制化後)
ナスミスウィルソンA8(600形)
ナスミスウィルソンA8(600形)
クラウス10形
クラウス10形
雨宮タイプBタンク
雨宮タイプBタンク
宮崎交通コッペル4号機
宮崎交通コッペル4号機
有田鉄道コッペル1号機
有田鉄道コッペル1号機
産業用Bタンク
産業用Bタンク
伊予クラウス1号機
伊予クラウス1号機

ドックサイダーは国内のNゲージ普及期のメジャー機でしたが、こうして並べてみると大きく見えますね。
最近の小型機の中にあっては、B20でさえ普通の大きさに見えます。


[次ページへ→]

[1]   

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る