Nゲージ蒸気機関車蒸機の工作>C12の組み立て(やえもんデザイン)

やえもんデザイン C12の組み立て

KATOのC56を利用し、キャブとタンク部分を金属パーツで組み立てるコンバージョンキットの一種です。
ベース車両として使うC56の市中在庫がなくなっていましたが、タイミングよくこの秋の再生産が発表されました。

2013.7.31

[1]  


これは私が組み立てた過程や結果をメモ書きしているものです。製品のきちんとした組み立て方法ではありませんので、実際の工作にあたっては、説明書を参考にご検討願います。

全体的にはキットをベースとした金属部分の組み立てと、ベース車両の加工の2つに分かれます。

蒸気機関車のコンバージョンキットというと、ボイラーも含んだ上廻りすべてを含むのが普通ですが、この製品ではボイラーもベース車両のC56を利用します。キットに含まれるのはキャブとタンク部なので、キャブ用パーツセットの一種ともいえます。

屋根の丸め

キットの様子

キットはCD用のプラケースに入っています。部品のほとんどは1枚の真鍮板にエッチングされています。一部細いパーツは洋白となっています。抜き落としはされていますが、曲げ加工はなく、真鍮ロストなどの鋳造パーツや挽物パーツは含まれていません。その代わり値段は3,675円という安さです。

真鍮ロストのパーツセットが別売となっており、注水口蓋・空気溜め・開放てこ受け・連通管の一部などが含まれています。買いましたが全部は使いませんでした。なおC12のナンバープレートはいずれにも含まれていないので注意が必要です。

説明書はとても詳しいです。トーマモデルワークスのB6もそうでしたが、説明書の手順がわかりやすいキットは組み立てるのが楽しいです。

はじめに

部品を切り離す前に、屋根のRの開始部分に内側から折り線を付けておきます。
裏側に記されている目印に定規を渡し、Pカッターで筋彫りします。表側に線が出ないよう、中くらいの力で5回程度とあります。私はまず弱めに1回(引きしろができるまで、ズレると怖いから)、残りは中くらいで4回引きました。
中くらいといっても何ニュートンの力かはわかりません(わかったところでどうにもなりませんワ…)。

下地の工作台が柔らかくても、表側に線が出てしまいます。

妻板の折り曲げ 屋根の丸みのガイドにすることを兼ねて、前後の妻板を折り曲げて組み立てます。
ゴム板と丸棒

厚さ5mm程度のゴム板の上に対象を置き、丸棒で擦って丸める方法が一例として紹介されています。丸棒は色々な直径があると便利ですが、樹脂製のガンダムマーカーも紹介されていたのでそれを使いました。
マーカーにも色々あるようで、軸にテーパーがついているものは使えません。

これで何回か擦るときれいな丸みがつくことになっていますが…。

丸め開始

10回くらい擦った程度ではほとんど変化がありません。力加減やゴム板の硬さなど色々影響します。
過去に屋根の丸めで何度も失敗しているので、時間をかけてやさしく焦らずにいきます。少しでも強く押しすぎると、棒と板の接線が表に折り目のように出てしまい、修復が難しいか不可能になるからです。

30分後

しかし20分以上擦り続けても、さしたる変化がありません(笑)。直径の大きい缶に押し付けたり、指先で押したりしながらクセを付け、このくらいまで来ました。ゴム板使っていません…。

1時間後

工作経験のある方なら容易に想像がつくと思いますが、均一になりにくいのは中央の角穴のエッジ付近と、側板とのつなぎ目に近い部分です。棒を持つ手が滑って、曲がってはいけない側面の窓のあたりが一発でキレイに丸まったりもしました。屋根はなかなか丸まらないのに(笑)。

側板を曲げる

大体踏ん切りがついたら、側板を最初に付けた折線のあたりで曲げました。合わせ目のまっすぐなヤットコで挟み、木片を押し当てているところです。

曲げ終了

色々怪しい失敗はしていますが、まあいいや…。プレス済みのキットでも、曲げを修正しようとして変にしてしまうことが時々あります。

組み合わせ確認

前後の妻板を組み合わせたところです。押さえつけなくてもスプリングバックせず、ぴったりの形になるまでがんばります。工作中にハンダ付けの熱でパカッと開いたらショックですよね。

ひさしの曲げ

C12のひさしはきれいな半円形の丸みがついているので、丸棒に押し付けて曲げます。
小さいので端のほうは難しいです。端のほうはヤットコでくわえて曲げました。

床板・後部タンク

床板の部品

次は後部の床板です。
ひとつの番号に対し、部品が3つエッチングされていますが、上の2つがどこに付く部品なのかわかりません。部品の下の出っ張りを、床板のいろんなスリットに合わせてみても、きちんと入る場所がありません。まあ、そのうちわかるでしょう…。

網目板の貼り合わせ

ともかく、後部の端梁部分を折り曲げ、前方に網目板を重ねてハンダ付けしておきました。

ステップの取り付け

左右のステップを取り付けます。取り付けしろが大きいので楽です。

床板のフチ

後部の床板のフチをハンダ付けします。曲がらないように神経を使いました。細く切ったマスキングテープで仮止めしてハンダ付けしました。
熱の加わる場所に、普通のマスキングテープで大丈夫なのかって…やってみればわかりますヨ。

後部台枠?の取り付け

不明だった部品は、結局後部台枠と判断しました。本当かしら違うゾ。 ぴったり合うように削り、端に刻印されている矢印が前方・内側になるように固定しました。

事実判明、判断ミス(笑)。これは不要部品とのことです。私は付属のカプラーポケットを付けていないので、たまたま床下が空いていたのでした。
私はこのまま(不要部品を付けたまま)完成させました。

(2013.8.3 追記) メーカーサイトに、不要部品である旨掲載されました。

炭庫底板の曲げ

後部タンクに取りかかります。まず炭庫の底板にあたる部分を、90度起こしておきます。

裏打ちの折り重ね

3箇所の裏打ちを180度折り重ねてハンダ付けしました。この裏打ち同士の間にある隙間を内側にして、後部タンクの角に丸みが付くように曲げます。

曲げの途中

曲げはタンク側面を万力にくわえ、木片で押さえながら行いました。
このへんをくわえて曲げると、実際にはこのへんから曲がるはずというように見込みを入れ、少し曲げては曲がり位置を確認してくわえ直しました。
おおむね5°ぐらい曲げるごとに、挟む位置を確認・修正しながら徐々に進めました。何しろ曲げ戻すわけにはいかないので(その付近が凹んでしまう)、かなり緊張します。

曲げの確認

タンク上板を合わせて、形がおかしくないか確認します。
一見ぴったり合っているようですが、実は角のRの大きさが上端と下端で異なっており、均一になっていません。たぶん修正不能なのでこのままです。

同様に反対側も曲げます。両方合わせて2時間ぐらいかけました。

フチのハンダ付け

炭庫の上部に、洋白のフチをハンダ付けしました。

ここで両サイドの水タンク上板を平らにヤスって、曲げた側板との段差をなくしておくべきだったのですが、すっかり忘れてしまい、あとで大変でした。

ハッチ、ライトのハンダ付け

購入したロストパーツの、水タンク蓋とライトをハンダ付けしました。このあと前方がふさがると、ハンダ付けしにくいからです。

後部妻板の内側

後部妻板の内側に、機器箱のふたや石炭皿をハンダ付けしました。

難しいサイドタンク前方の曲げも残っていますが、たどり着くまでには順番があり、まだ先です。


[次ページへ→]

[1]  

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る