Nゲージ蒸気機関車>蒸機の紹介>C58

C58 その3

  [3]  


ドーム周辺

中村精密 KATO
中村精密 KATO
ワールド工芸 マイクロエース
ワールド工芸 マイクロエース
やえもんデザイン
やえもんデザイン

ドームひとつとっても、メーカーごとにずいぶん違いがあります。中村精密は特にユニークな感じです。
目立ちませんがよく見ると、KATOとマイクロエースはドームの裾にボイラーバンドが乗り上げています。ディテール表現の強調具合に応じて、厚みの逆転が起きたのですね。
でもドームの裾が薄くすっきり決まっているのはプラモールドならではです。

キャブ周辺

中村精密 KATO
中村精密
エッチング表現のみで、あっさりしたものです。
KATO
発電機の配管などがプラモールドで上手に表現されています。窓の印象はちょっと違うかなという気もします。キャブ下にモーターの取り付け座(動力ユニット後端)がはっきり見えます。
ワールド工芸 船底 ワールド工芸 平底
ワールド工芸 船底テンダー
素組みでも結構な迫力になります。この頃の同社キットはキャブ前角のRを表現するため、妻板は側板とつながっており、中央で突き合わせる方式でした。
ワールド工芸 平底テンダー
防錆剤箱がなく、北海道形のタブレットキャッチャー付きです。
やえもんデザイン 船底
やえもんデザイン 九州タイプ+船底テンダー
下廻りはKATO製のため従台車が多少後ろに来ますが、何とか収まっています。配管類は付属の線材などを利用して自分で工夫するという方式です。
マイクロエース パレオエクスプレス マイクロエース 北見機関区
マイクロエース C58 363 パレオエクスプレス
かなり上下に長くなっています。車高を下げようとすれば、このあたりも併せて加工したくなります。
マイクロエース C58 98 北見機関区
こちらはタブレットキャッチャーとバタフライスクリーン、丸窓付きです。
マイクロエース 33号機JNRマーク マイクロエース 296号機
マイクロエース C58 33 JNRマーク
窓まわりとランボードがお化粧されています。
マイクロエース C58 296 八戸機関区
あまり目立ちませんが、「八」の文字がキャブ横に印刷されています。

編成の様子

客車を牽かせてみた様子です。

中村精密

中村精密

KATO

KATO

やえもんデザイン

やえもんデザイン 一次型テンダー

ワールド工芸 九州タイプ

ワールド工芸 九州タイプ

マイクロエース

マイクロエース

KATO パレオエクスプレスタイプ

KATO パレオエクスプレスタイプ


[←前ページへ] [次ページへ→]

  [3]  

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る