Nゲージ蒸気機関車蒸機の工作>D51の加工

D51の加工 その1−D51の車高を下げる

D51の加工

1998.5.15/2000.1.2/2007.1.11

マイクロエースのD51は、同社の蒸機初参入の品だったとはいえ、各部のバランスがあまりよくありません。車高を下げてスタイルを改善できるかどうか試しました。
最初の記事を書いたのが1998年ですから、それからこの模型を8年以上もいじっていました。

[1]   


デザインの検討

D51イラストD51のイラストです。赤い線はボイラー最上部の高さ(テーパー部を除く)、青い線はキャブ屋根の高さです。
※ずさんな図で申し訳ありません。私には、この程度でD51に見えるので…。
D51アリイマイクロエースのD51です。テンダーの大きさがほぼ同じになるようにしました。始めに全体を下げて、最も目立つキャブとテンダーの落差を縮め、キャブの形を修正します。
D51KATO本当はもっと大きいKATOのD51ですが、形を比べるため、縮小してテンダーの大きさを揃えました(形が両社で違うので少々ずれています)。マイクロエースとは違う観点のデフォルメですが、高さが揃っており、各部のパーツの形がD51らしいので格好良く見えます。

図面にすると動輪が小さく、実物を見た感じよりはずんぐりして見えます。実物ではキャブのほかテンダーにも色々な形状があって、キャブとテンダーの高さの関係も様々でした。


車高を下げる

加工前加工前
動力部のダイキャストブロックを削って、上廻りを決めた高さだけ下げます。ボイラーは後端を少々切り詰めて短くします。キャブは手っ取り早く、余っていたKATOのD51のものを利用することにしました。
加工後2加工後
これは最終的な加工結果ですが、まずはその前に、モーターをキャブ内に入れたまま車高を下げてみました。

加工の要領

切削前の動力
[1] 動力のダイキャストブロックを上から削ります。赤色で示したあたりをヤスリで削りますが、動力ユニットはすっかりバラバラにしてから万力にはさんで作業します(詳しくは「C11の加工」をご覧ください)。
切削後前の動力
[2] 後部の断面が、きれいに半円形になるように注意します。上だけを平らにしてもボディーがはまりません。最初は1.8mmくらい下げたのですが、その後全体のバランスをみて少し上げ、最終的に0.8mm下げとしました。スケールよりは若干高いです。
ボディーの加工

[3] ボディーは次の要領で加工しました。

  • キャブを切り離し、ボイラー後端を切り詰めます。
  • KATOのキャブの下端・屋根後部・天窓の高さを少し削って取り付けます。
  • ドームを削って少し丸みを付け、煙突を整形(後にちょうどよい真鍮パイプに交換)。
  • スノープローの切断)
  • その他、単純なディテール工作
モーターを逃がす穴をボイラーに開ける

[4] モーターの前方端子部分が邪魔になるので、モーターが当たるボイラー上部とキャブ前妻を四角く切り広げて収めます。小型モーターを使ったり、テンダーモーターにする場合は、この加工は不要です。



結果1

加工後

加工後
車高は下がったのですが、副作用でモーターが後ろに大きくはみ出してしまいます。長いボイラーと大きいキャブで隠されていた部分が露出してしまいました。

※この状態の模型が現存しませんので、写真は画像加工でイメージをお示ししたものです。

さすがにこのままでは見映えがよくありませんので、テンダーモーターに改造しました。次ページに続きます。


[次ページへ→]

[1]   

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る