イメージ画像

ガンの正体に立ち向かう、3つの原則とは

ガンを撃退するのは血液の浄化以外にない

ガンの本当の姿、生存意義を考えると、ガンの治療・予防は「血液を浄化する」という点に尽きます。

ただ、ガン腫は、血液の汚れが生じてから(現代医学的には、発ガン物質に刺激され始めてから)、10年ないし30年(平均19年)かかってできてきます。

あの岩のようなガンのかたまりからしても、相当に「筋金入り」の代物であることには違いないでしょう。だから、食物、運動、精神生活、温熱療法…などで、ガンの自然療法を開始しても、そう簡単には、消えてはくれないのです。ガンができた年数と同じくらいの年月をかけて治す、というくらいの意気込みも必要であるし、その間、必要ならば、現代医学のガン治療の長所も、かたくなに否定するのではなく、うまく取り入れていくという柔軟な姿勢も必要でありましょう。

もちろん、「自然療法」で、「すべてガンが治る」などというのは、大ウソになります。やはり、血液があまりに汚れていて、種々の自然療法を試みても、 手遅れということもよくあること。しかし、自然療法をやると、まちがいなく全身状態は良好になるし、その他、ガンに特有な随伴症状も軽減されることが多いようです。また、大いに延命も期待できます。

ガンの自然療法を行うにあたって、「食」や「動」はもちろん重要ですが、まず先に「気持ち」が大切ですので、そこから入っていくことにします。

  • 精神とガンの関係性
  • 食べ物とガンの関係性
  • 運動とガンの関係
  • 早期発見・早期治療のために最も大切なこと

    ガン治療を行った8割以上の方が口にしたのは「もっと早くに健診に行っていれば…」でした。日常に流されて重要だとわかっていても健診に行けない現代人が多いのも事実です。

    そんな人たちに是非活用してほしいのが、ガンの自己検査キットです。

    自宅で出来るガン検査

    このページの先頭へ