huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye

                                          


夜花

老櫻一樹古陵邊,
春夜花開芳草眠。
誰識明珠闇籠皎,
二更靜寂獨爭妍。




老櫻 一樹  古陵の邊,
春夜 花 開きて  芳草  眠る。
たれる 明珠  闇にしろきを籠め,
二更の靜寂に  ひとけんきそふ。

                 *****************************
                      
  夜の桜は、今まで意識して見ることはなかった。犬と夜の散歩をしていると、犬は樹下に立ち寄るので、夜桜を堪能するようになった。暗い中で花が浮き上がっているさまは、なかなかのものである。

                  -----------------------
・明珠: 真珠。『万葉集』でいう白玉。白珠。元興寺の僧が自ら嘆いた歌の
白珠しらたまは 人に知らえず 知らずともよし 知らずとも あれし知れらば 知らずともよし
(白珠者 人尓不所知 不知友縱 雖不知 吾之知有者 不知友任意)(巻六−1018番)に拠る。

平成二十年三月三十一日




xia1ye次の作品へ
shang1ye前の作品へ
shang1ye自作詩詞メニューへ
shici gaishuo詩詞概説
Tangshi gelu唐詩格律
songci gelu宋詞格律
Maozhuxi shici毛主席詩詞
Tiananmen gemingshichao天安門革命詩抄
cankao shumu参考文献(詩詞格律)
cankao shumu参考文献(唐詩)
cankao shumu参考文献(宋詞)
cankao shumu参考文献(古代・現代漢語学、漢語音韻)
      
zhuzhang わたしの主張

hui shouye
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye