Mao zhuxi shici


毛澤東詩詞

問蒼茫大地,誰主沈浮?MaoZedong maozedong



音楽を切るときは、ここを押す



  毛沢東は、著名な詩人、詞人でもある。その詩詞のおもしろさは、なによりも、革命家、政治家として

の彼の存在の大きさに由来しているものだろう。毛澤東がその時代、その時代をどう感じ、考えて切り抜けてきたのか、どう主張して導いてきたのか、その理想と同時に本音の部分も窺えて、興味深いものがある。青年期の恋心を詠ったもの、革命根拠地での生活と闘争を詠ったもの、壮年期の根拠地での夢想、革命成功後の余裕の詩、文革発動前の憤りの作、と各時代の彼の心の変遷が解り、興味は尽きない。 とりわけ、十年に亘る文化大革命では、多くの中国人と中国の組織は彼の詩詞を覚え込み、活用していたようです。毛沢東の詩詞の面白さは、やはり詠まれている内容と中国現代史とが密接に関聯していることにあると思われる。


1.各時期の作風について
  毛澤東の作品と各時期の作風(私見)は、時代を詠み込んでいるので比較的分けやすいと謂えよう。時代順に見ていくと、

@学童期〜青年期前期(〜1926年)
湖南・長沙時代ともいえる。
若年期の習作や、恋心を詠ったものなど、若さや血気に溢れるもの。
習作が多い。

A秋収起義〜福建、湖南の根拠地時期(1927年〜1934年)
福建・湖南時代ともいえる。
根拠地での生活と闘争を詠ったもので、この時期の作品の特徴としては、一般には有名でない地名がよく歌い込まれていることである。そのため、彼のの行動が把握しやすい。

B長征・遵義会議〜陝西北部根拠地時期(1935年〜1949年)
長征・延安(陝西北部根拠地)時代ともいえる。この時期より党主席となり、ナンバー1の地位を確立。
完成度の高い作品が多い。

C建国・建設時期(1949年〜1965年)
新中国建設時代ともいえる。党主席、またある期間は国家主席ともなり、実質ナンバー1の地位を維持。
完成度の高い作品が多い。

D文化大革命時期(1966年〜1976年)
政治スローガンのような作品もあり、彼の思想とその情況は解りやすく、素直に詠っているので、内容としてはなかなかおもしろいが、詩詞作品として見れば、あまりおもしろいとは言えない。詩詞の格律に則らない作品も増えている。その意味からは、完成度のあまり高くない作品が屡々見受けられるようになる。この時期のものは、推敲の手があまり入っていないように感じられる。

  大体、以上のようになるでしょう。もっと大雑把に区分し直すとすれば、

第一の時期(青年期)
@学童期〜青年期前期(〜1926年)
A秋収起義〜福建、湖南の根拠地時期(1927年〜1934年)

第二の時期(党主席の時期・壮年期)
B長征・遵義会議〜陝西北部根拠地時期(1935年〜1949年)

第三の時期(国家の領袖の時期)
C建国・建設時期(1949年〜1965年)
D文化大革命時期(1966年〜1976年)

となるでしょう。


2.表現について
  以下、私見になるが、表現については、歴代の詩人に比べて、通俗性が高いことだ。嘗ては文言のみの表現であったものが、白話を混ぜ、より緻密な表現と臨場感を出したこと。民間の諺、成語、民謡をしばしば詠い込んでいること。平仄合わせはきっちりとできて、それに気を遣っていることも読み取れるものの、押韻の韻部が甘く、新たな通押をしていること。屡々歴代の豪放詞の擬せられるものの、豪放詞の語彙は少なく、北宋の婉約詞派の詞人である柳永と共通する感傷的で華麗な語彙がしばしばある。柳永の使う詞語を使えば(婉約詞の)詞的世界が広がる。適切な方法である。また、政治的な語彙を上手に詠い込んでいること、主題が極めてはっきりとし、明瞭な表現になっていることなど、歴代の作品から比べると異色である。その意味から見れば、毛澤東は古代から続いている民間歌謡の系列の人と謂えるのかも知れない。


3.読み下しについて  
  彼の詩の内容や表現に関しては、 政治事象を多く詠み込んでおり、用語では現代語、口頭語が多く、伝統的な日本漢詩の読み下しは、出来ない部分が多々ある。しかしながら、そこを日本の伝統と習慣を重んじて、 内容に迫れるように考えて工夫をした。そうは云ものの、現代語を漢文風に読み下すこと自体に少し無理があり、不自然さが出てきてしまった。 そこをなんとか努力して近づけているつもりなのだが、まだまだ気になるところがある。この段、なお今後の工夫がいると自覚している。


4.出典について
  詩詞の出典は、先ず「毛主席詩詞三十七首」(人民文学出版社)からにした。「毛主席詩詞三十七首」の詩句が一番整理され、作品としても完成されたものを載せているため、これを底本として、その他から補足して載せている。

                   ------------------
  毛沢東自身は、毀誉褒貶の激しい人物ですが、本サイトでは、彼の政治的・思想的な問題には触れずに、 文学的な観点からのみ彼の詩詞に接しています。ご了解下さい。



一番上の「人民解放軍…」を選択しますと一巡りすることが出来ます。
現在は下の配列には意味がありません。もう少しできあがってから整理いたします。
*************



renmin jiefangjun zhanling Nanjing七律  人民解放軍占領南京         一九四九年四月
七律  長征                   一九三五年十月
七律  和柳亞子先生             一九四九年四月
七絶  爲女民兵題照             一九六一年二月
七律  和郭沫若同志             一九六一年十一月
五言詩 大事不討論              一九七三年七月
七律  到韶山
                  一九五九年六月
七言詩 續喬冠華打油詩            一九七三年四月
七言詩 留呈父親                一九一〇年秋
七絶  紀念魯迅八十壽辰 其二      一九六一年
六言詩 給彭コ懷同志             一九三五年十月
七絶  人類今嫺上太空            一九五八年十二月
七絶  爲李進同志題所攝廬山仙人洞照  一九六一年九月九日
七絶   豫章西望彩雲間            一九七二年
五言詩 讚天井                   一九〇六年
七絶  羣山萬壑赴荊門            一九七二年
七律  憶重慶談判               一九四五年
七律  冬雲                   一九六二年十二月二十六日
七律  讀報有感(反蘇憶昔鬧群蛙)    一九五九年十一月〜十二月
七律  答友人                  一九六一年




卜算子  詠梅(風雨送春歸)         一九六一年十二月
蝶恋花  答李淑一(我失驕楊君失柳)  一九五七年五月
滿江紅  和郭沫若同志(小小寰球)    一九六三年一月
沁園春  長沙(獨立寒秋)          一九二五年
菩薩蠻  黄鶴樓(茫茫九派流中國)    一九二七年春
西江月  井岡山(山下旌旗在望)     一九二八年秋
沁園春  雪(北國風光)            一九三六年二月
如夢令  元旦(寧化、C流、歸化)     一九三〇年一月
采桑子  重陽(人生易老天難老)      一九二九年十月

十六字令 其一(山)               一九三四年到三五年
十六字令 其二(山)               一九三四年到三五年
十六字令 其三(山)               一九三四年到三五年
念奴嬌  鳥兒問答(鯤鵬展翅)       一九六五年秋
C平樂  會昌(東方欲曉)          一九三四年夏
虞美人   (堆來枕上愁何)         一九二一年
水調歌頭 重上井岡山(久有凌雲志)   一九六五年五月
C平樂  六盤山(天高雲淡)        一九三五年十月
西江月  秋收起義(軍叫工農革命)    一九二七年九月
水調歌頭 游泳(纔飮長沙水)        一九五六年六月
賀新カ  別友(揮手從茲去)        一九二三年
憶秦娥  婁山關(西風烈)          一九三五年二月
念奴嬌  井岡山(參天萬木)        一九六五年五月
C平樂  蒋桂戰爭(風雲突變)       一九二九年秋
減字木蘭花  廣昌路上(漫天皆白)    一九三〇年二月
蝶戀花  從汀州向長沙(六月天兵征腐惡)一九三〇年七月
漁家傲  反第一次大『圍剿』(萬木霜天紅爛漫)一九三一年春
漁家傲  反第二次大『圍剿』(白雲山頭雲欲立)一九三一年夏


地図

Hanyu:zhici毛澤東出生地
Hanyu:zhici韶山地圖
Hanyu:zhici長沙地圖
Hanyu:zhici紅軍長征行程圖
Hanyu:zhici南京地圖

Hanyu:zhici


毛主席写真集
                   
下の葉を押して下さい。qing an xia shuye.

Maozhuxi xiangpian yishi毛澤東の写真について

qingzhu Maozhuxi wanshou wujiang 敬祝毛主席万寿無疆
Maozhuxi jiejian baiwan xiaojiang 毛澤東接見百萬群衆
Maozhuxi jinglUe tianxia 毛澤東在井岡山懷憶往事
Maozhuxi zai shufang 毛澤東在菊香書屋讀書
Maozhuxi zai Shanbei 在陝北延安抗日軍政大學
Maozhuxi shen zhuo junzhuang 毛澤東身着軍裝心懷江山


76年天安門事件の詩詞
天安門革命詩抄

文革期の詩歌
燦爛陽光之歌


天安門詩抄写真集



関聯年表

Li Qingzhao
宋代詞人年表
Li Qingzhao歴代詩歌一覧表

      
***********************
1999.4.2以降
(各項目記入時)
2000.1.15改
     6.25補
2001.1. 2
      1.12
      4.12
      6. 5
      7.21
      9.21
      9.23
      9.25
      9.27
2002. 4.19
      6. 8
      6.20
2007. 3.19
2013. 2.18
       

(sub5=maoshimn=maocimn)
漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 


shichao shou ye天安門革命詩抄
shichao zhaopian《天安門詩抄》写真集
Songci宋詞格律
cipai詞牌・詞譜  
ciyun詞韻
shici gaishuo詩詞概説    
Tangshi唐詩格律之一
shiyun詩韻
cipai yiming詞牌異名
cishi詞史
shici yongyu詩詞用語解説
Hanyu yinyun現代漢語音韻
Xin Qiji辛棄疾詞
Li Yu李U詞
Li Qingzhao李清照詞   
Qiu Jin秋瑾詩詞
gudian碧血の詩篇
gudian花間集
gudian香残詞:婉約詞
gudian抒情詩詞
gudian竹枝詞
zhuozuo碇豊長自作詩詞
参考文献(毛沢東詩詞)
cankao shumu(wenge)参考文献(毛主席と文化大革命)
cankao shumu(wenge)参考文献(中国社会と文化大革命)
参考文献(総目録)
参考文献(宋詞)
参考文献(詩詞格律)
参考文献(唐詩)
参考文献(韻書)
参考文献(漢語音韻)
参考文献(漢語方言)
Hanyu:zhici中国語ご挨拶  
laixinお便りのページ
propaty本サイト全情報
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanyng xinshang Ding Fengzhang de zhuye