huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye

                                          




竹島風橋



東海三州自内平,
稜威千古靖濤聲。
何爲今日風波怒,
四海應宜皆弟兄。




                                                                                                                      
東海の三州(さんしう)  (おの)づから(うち) (たひら)かに,
稜威(りょうゐ) 千古  濤聲(たうせい)(しづ)む。
何爲(なんすれ)ぞ 今日(こんにち)  風波 (いか)る,
四海( し かい) (まさ)(よろ)しく  (みな) 弟兄(ていけい)なるべし。

   *******     

  五月十六日、十七日にミニ旅行をした。
  十七日の行程は、午前:蒲郡(→
竹島一周・文学館等)→午後:浜松(方広寺→舘山寺展望台)→新大阪。

  この詩も、十七日の朝、蒲郡の宿舎から歩いて竹島へ行った時のもの。竹島橋の上は風が強く、音をたてて吹いていた。吹き飛ばされそうになるほど強く、渡るのには注意が必要だった。

           -----------------
明治天皇の御製に: 「
よもの海 みなはらからと 思う世に など波風の たちさわぐらむ」がある。


平成二十七年五月十七日




xia1ye次の作品へ
shang1ye前の作品へ
shang1ye自作詩詞メニューへ
shici gaishuo詩詞概説
Tangshi gelu唐詩格律
songci gelu宋詞格律
Maozhuxi shici毛主席詩詞
Tiananmen gemingshichao天安門革命詩抄
cankao shumu参考文献(詩詞格律)
cankao shumu参考文献(唐詩)
cankao shumu参考文献(宋詞)
cankao shumu参考文献(古代・現代漢語学、漢語音韻)
      
zhuzhang わたしの主張

hui shouye
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye