huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye

                                          




  倣古小徑 伯理之道 



隊伍堂堂米利堅,
英姿颯爽驚皇天。
砲傳修好百年歎,
留得舊風翠柳邊。





唐人お吉の墓(右端:右の写真) 唐人お吉の墓
安直楼 ペリー艦隊上陸記念碑
ペリーロード ペリーロード
ペリーロード 了仙寺
石廊崎 石室神社へ 石廊崎 石室神社より熊野神社を望んで
石廊崎の海 石廊崎 熊野神社から石室神社を顧みる
弓ヶ浜 熱海 お宮の松
熱海 貫一とお宮の像

                                                
        倣古小徑 伯理(ペルリ)の道 

隊伍(たい ご ) 堂堂(だうだう)たり  米利堅(メリケン)
英姿(えい し ) 颯爽(さつさう)として  皇天(くゎうてん)(おどろ)かす。
(はう)(つた)ふ 修好(しうかう)  百年の(たん)
(とど)め得たり 舊風(きうふう)を  翠柳(すゐりう)の邊。

         *****     

  お吉のお墓に詣ろうと思い、伊豆の下田に出かけた。傘を持って出かけたが、あまり使うこともなく二泊三日を過ごせてよかった。
  この詩は、ペリーが上陸した地点から了仙寺の参道(ペリーロード)を通って、会談場所の了仙寺に到ったさまを詠った。参道近くや下田の街中には、昔の大砲が幾つもならべられており、当時の「修好」や「和親」の持つ意味を力強く訴えかけていた。そういう際どい時代だったのだろう。
  なお、ペリーロードは(通称には相応しくないほどに)過ぎた昔の見事な趣が湛えられていた。
 
 
memo:10/9:⇒熱海⇒下田(宝福寺・(唐人)お吉の墓・宝物館・勝海舟・山内容堂会見の場(昼食:パン)→安直楼→ペリー艦隊上陸記念碑→ペリーロード→下田駅⇒弓ヶ浜(泊)→10/9:⇒石廊崎(灯台→石室神社)⇒下田(昼食:紅茶)→了仙寺→ペリーロード⇒弓ヶ浜(泊)→10/10:⇒下田駅⇒熱海(→海岸→昼食:モッツァ・キビナゴ・茶→お宮の松→駅前(饅頭、紅茶800))⇒帰宅(8:40)。
             -----------------------
・倣古:昔の風情を擬(なぞら)えたさま。
・伯理:ペルリ。ペリー。=佩里。
・米利堅:メリケン。アメリカ。
・皇天:天を司る神。上帝。天帝。天皇。
・歎:「讃嘆」の「嘆」であり、「悲歎」の「嘆」。

平成二十八年十月九日




xia1ye次の作品へ
shang1ye前の作品へ
shang1ye自作詩詞メニューへ
shici gaishuo詩詞概説
Tangshi gelu唐詩格律
songci gelu宋詞格律
Maozhuxi shici毛主席詩詞
Tiananmen gemingshichao天安門革命詩抄
cankao shumu参考文献(詩詞格律)
cankao shumu参考文献(唐詩)
cankao shumu参考文献(宋詞)
cankao shumu参考文献(古代・現代漢語学、漢語音韻)
      
zhuzhang わたしの主張

hui shouye
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye