Nゲージ蒸気機関車蒸機の工作>B6の組み立て

B6の組み立て

Bタンクシリーズに次ぐ、トーマモデルワークスのNゲージ蒸気機関車キットです。
車体も大きくなり、精密度も上がっているので、部品数や組み立て工数もそれなりに多いです。

2013.7.17

[1]   


これは私がキットを組み立てた過程そのものをメモ書きしたもので、正しい組み立て手順の説明ではありません。従って途中の間違いもそのまま書いています。
組み立て方法については必ず製品付属の説明書に沿ってご検討ください。

キットの様子

〔原形〕と、〔空制化前〕の2タイプが同時に発売されました(原形も空制化前ですから少々ややこしい)。
ここで組み立てたのは〔原形〕です。部分的に〔空制化前〕も補足されていますが、特記ないものはすべて〔原形〕です。

キットの様子

Bタンクのときは車体が洋白板でできていましたが、今回は真鍮板です。動力フレームと手すり類は洋白になっています。リン青銅やステンレスは使われていません。

ボイラーはウェイトを兼ねた真鍮挽物で、ボイラーバンドの彫刻や穴あけもなされています。煙室扉・煙突等のディテールパーツはホワイトメタルです。これらは熱に弱いので接着が主体になります。

動力フレーム

Bタンクと同様、左右に分かれた金属フレームに車輪を左右から圧入する構造です。従輪も含めて一体のフレームなので長さがあります。また、一度動輪を圧入すると分解困難です(無理すればできますが、ワールド工芸の旧タイプと同様です)。

フレームの軸穴の確認

左右のフレームの軸穴に、車軸やギヤ軸の頭が軽く通ることを確認します。
問題なかったので、それ以上何もしませんでした。

もしエッチングの状態などによって回転が渋いようであれば、穴を削って広げることになります。

フレーム底部の折り曲げ フレームが長いので、補強のために底部を90度折り曲げるようになっています。万力に挟んで曲げました。
このとき、うっかり従輪の軸穴の部分を一緒に挟まないように注意します。
両端の接合部を折り曲げ 両端の側面部を先にコの字に折り曲げました。ここの折り曲げ手順は説明書に記載があります。
上側のネジ穴を折り返し

次に上側の固定穴になるところを折りたたみます。その後、ハンダで固定して水洗いしました。

タップ立て

左右のフレームを留めるネジ穴と、あとで集電シューの留め具を付けるネジ穴に、1.4mmタップを立てました。

ほかのタップ穴も、説明書のパーツ図を参考に、すべてネジ切りしておきました。

車輪とギヤ軸の取り付け

片側のフレームに車輪をはめ、その車軸に真鍮スペーサーをかぶせてから、プラ製のギヤ軸を少し差し込みました。

写真では従輪にも真鍮スペーサーを付けていますが、これは私の間違いです。

従輪のワッシャー 本当は、従輪にはプラワッシャー(大)を通してからフレームに差し込みます。プラワッシャー(大)はフレームの外側になります。
左右のフレームを合わせる

動輪の反対側の軸にも真鍮スペーサーをかぶせ、その軸に通してもう一方のフレームを置きます。

フレームを置いたら残りの車輪をはめ込みますが、このときも従輪にプラワッシャー(大)をはめるのを忘れないようにします。

動輪の圧入

車輪を1軸ずつ、万力で圧入します。真鍮スペーサーを変なところに噛み込まないよう、ピンセットで直しながら圧入しました。
やりすぎて車輪の間隔が狭くなると、ダミーフレームと接触してショートすることがあります。

まだ左右のフレームをネジ留めしていないので、圧入している車軸以外は向きがばらばらです。

圧入終了

全部の圧入が終わったところです。

左右フレームをネジ留め

左右のフレームをネジ留めします。
間にプラワッシャーを挟み、フレームの穴に段付きプラワッシャーを通してネジ留めします。今回はプラネジではなく普通の金属ネジなので、ネジによって左右のフレームがショートしないよう、2種のプラワッシャーで絶縁されています。ワールド工芸もこの方法です。

転がりチェック

説明書には最小通過半径について記載はありませんが、R280mmで転がりをチェックしています。メーカーの紹介動画ではR216mmを通過しています。
こうして見るとB6という機関車は、従輪の動きに余裕が少ないのですね。

最終的には動力フレームの外側にダミーフレームがかぶさるので、従輪の横動はこの写真より制限されます。

中間ギヤ軸の取り付け

3個の中間ギヤの穴に、真鍮ピンのギヤ軸を差し込みます。平らなところにピンを置いて(両面テープで留めると安心)、ギヤを上から押し込むようにすれば、ほどよい手加減で入ります。

一番小さいギヤの歯がバリで埋まっており、一歯一歯ナイフで削り出すのに少々時間がかかりました。これにより走行性能に支障をきたしたかどうか、今はまだわかりません。

中間ギヤの組み込み

フレームのネジを少し緩めて、間に3個のギヤを挟み込みました。
なぜかこれだけのことが大変でした。どれかを入れたらどれかがズレて…の繰り返しで、てこずってしまいました。
こういうのは、うまくいくときには何の苦労もなくスッとできたりするんですよね。→2両目はすぐできました。

ギヤを付けても、レールの上で軽く転がるのが正常です。最初は全然転がらなくて焦りました。何度かフレームのネジを緩めたり、締め直したりしているうちに直りましたが、原因がわかりません。

集電シューの取り付け

集電シューを前後2軸ずつ、左右合計4箇所に取り付けます。
留め具をネジでフレームに軽く留め、上部裏側の溝に横から真鍮線を差し込むようにすれば簡単に付きました。真鍮線を曲げておく必要もないので、前回のBタンクに比べると楽でした。

なお後方の集電シューは斜めに付くので、留め具の裏側の溝も斜めになっており、左右の区別があるので注意が必要です。前方の留め具には左右の区別はありません。

真鍮線を通したら、留め具のネジをしっかり留めておかないと、車輪の回転につれて真鍮線がずれてしまいます。

ネジの絶縁

あとで2両目を組み立てたときに発生したのですが、公式側の集電シューのネジがダミーフレームに接触してショートすることがありました。
ダミーフレームを塗装したあとでは、たとえ接触しても症状が出にくいと思いますが、薄いテープをネジの頭に貼っておくと予防になります。

クランクピンとプラパイプの接着

プラパイプに、銀色のクランクピンを差し込んで接着します。平らなところに両面テープでピンを逆さまに置き、そこにプラパイプを差し込むと簡単です。予備がないので、弾き飛ばすとおしまいです。
差し込んでから、瞬間接着剤を上から少量たらして固めました。

このプラパイプは、あとで輪心の穴に通して接着します。

輪心の接着

ホワイトメタルの輪心の外側のバリを削って、車輪に無理なく入る(ひっくり返すと落ちる)ことを確認してから、黒で塗装しておきます。
前に別のキット(D52密閉キャブ)を組み立てたときに、このキットの輪心も一緒に塗装してありました。

動輪のクランクピンの穴が全部真下を向くようにして、輪心を接着しました。

輪心の取り付けは、あとでモーターを組み込んで走行チェックしてからのほうがいいですね。輪心を接着してしまうと、動輪を軸から引き抜くのも、再圧入するのも難しくなります。

輪心の接着(非公式側)

非公式側は90度ずらして接着しました。3個並んでいる穴の位置が目分量で一直線になっていればOKです。

プラパイプの接着

クランクピンを接着したプラパイプを、輪心の穴に差し込んでしっかり接着しました。長いピンが第二動輪、短いピンが第三動輪に付きます。

…?

あっ、間違えた!

(約1時間)
輪心の入れ替え修正

なんでもない
なんでもない

はじめに一部の輪心パーツだけを見て、「ああ、このキットの輪心パーツは全部同じ形なんだな」などと変に理解(誤解)し、何の疑いもなくテキトーに付けていたのでした(笑)。
接着した輪心を外すことができなかったため、左右の車輪を引き剥がしてフレームを分解し、車輪の位置を変更してもう一度組み直しました。とりあえず大きな副作用は出ていないようです。


[次ページへ→]

[1]   

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る