Nゲージ蒸気機関車蒸機の工作>C11の車高を下げる・他

C11の車高を下げる・他

C11の車高下げ

2004.9.19

マイクロエースのC11は、車高を下げて要所要所を削ると、別物のように印象が変わります。
今までの記事で省略していた箇所も少し細かく書いてみました。普段から工作をされている方には、特に目新しいものはないと思います。

1    


マイクロエースのC11はそれほど破綻のない格好に見えますが、ボイラーが太いため、ランボードから上のボリュームが少し多くなっています。 そのため、単純に車高を下げるとランボードも下がってしまい、ちょっと短足に見えるという副作用も生じます。

屋根の高さを後続の客車と同じにして、編成として揃った感じを出したいなら、1.7mm〜1.8mmくらい下げてみると効果が出そうです。多少短足になるのはガマンします(その5で解決します)。
下廻りに影響が出にくい範囲で、だましだまし下げたいならなら、0.5mm〜1mm前後に抑えるのがよいかもしれません。

ボディーの分離

まず分解します。
動力ユニットは先端と、第三動輪の脇の2箇所のピンでボディーに止まっています。
この構造はほとんどの蒸機模型に共通です。

第三動輪の横のあたりでボディを軽く外側に開くようにし、そのままボディを上側に持ち上げると外れます。
このときキャブの下の配管などを壊さないように注意し、内部からウエイト(オモリ)が転がり落ちるので、なくさないようにします。

テープをはがす

従台車から伸びている集電用のリード線が、動力部の溝にはまっていて、第三動輪の上のあたりで本体に接合されています。
このリード線はテープで止められているので、注意してはがしておきます。すでにベトベトに変質していると思います。

リード線は切削加工が終わって組み立てるまで、ちぎらないように細心の注意が必要です。
特にハンダ付け工具が手近にないときは、切ってしまうと修理が面倒です。

リターンクランク、メインロッドを外す

ここでは動力部を完全に分解し、ダイキャスト部を万力で固定して削りました。お金をかけずに早く削る方法だからです。

動力の分解は最初は気後れしますが、不調になった模型を自分で修理するためには、覚えなければなりません。

まずピンセットをメインロッドの下に差し込み、テコの感覚でゆっくりと持ち上げると、クランクピンが動輪から抜けて外れます。

メインロッド:写真で赤線が入っているロッドのうち、下から2番目のもの。

加減リンクの取り付け部を外す

次に、加減リンク受けの取り付け部の下のすき間にピンセットを差し込み、ゆっくりと動力部のピンから抜き取ります。
前のほうが多少ひねられる感じになりますが、心配いりません。

弁装置とクロスヘッドを外す

これで、メインロッドはその周辺のパーツと一緒に、シリンダーの後方に引き抜くことができます。
このとき、クロスヘッドがスライドバーから抜けてバラバラになるかもしれませんが、あとで組み立てればよいので、とりあえずなくさないようにしておきます。

クロスヘッド:メインロッドの付け根についていて、走行中左右にスライドする四角い関節。
スライドバー:クロスヘッドが差し込まれている水平の棒。写真の黄色い矢印の下の横棒。

軸箱に印を付ける

車両を逆さにし、底面にある2本のビスを緩めると、ブレーキシューのついた動輪押さえ板が外れます。
一緒に先台車も外れ、従台車も抜き取ることができます(リード線に注意)。

この状態でひっくり返すと、動輪がバラバラと転がり落ちてしまいます。
動輪を外す前に、片側3箇所ずつ(合計6箇所)にある、銅色の軸箱の上面に、マジックで印をつけます。
本来はどの方向に組み立ててもいいはずですが、まれに形がゆがんでいるものがあって、組み立てのときに向きが変わるとスムーズに動かなくなることがあるためです。ただしめったにないので、忘れたり消えたりしても、それほど心配はいりません。

印をつけたら、三軸の動輪を、サイドロッドのついたまま抜き取ります。

動輪・モーターの取り外し

シリンダーブロックの底面のビスを外して、シリンダーブロックを真下に取り外します。
モーターはプラスチックのモーター押さえをまっすぐ後方に引き抜くと、後方に引っ張って取り外すことができます。

次に中を開けます。
ものによっては中から油が大量に出てくることがあるので、ちょっと覚悟します。

動力部の左右を分離

動力ユニットの前後2箇所にあるビスを外して完全に緩めます。
反対側にプラスチックのナットが埋まっているので、なくさないようにします。

次に上側のブロックを持ち上げて外します。前方の溝にライトの基板がしっかりはまっているので、ここを注意して抜き取ります。
ひねってしまうと基板が割れて使い物にならなくなることがあります。
また、下側のブロックをひっくり返すと、ギヤがこぼれ落ちるので注意します。

ギヤ類の取り外し

下側のブロックから、すべてのパーツを外します。
前後2箇所のビスに通されていた絶縁パーツも、見落としがちなので注意します。

ギヤは外したときの向きのまま保管しておきます。

ここまでで分解が終わりました。
もしも古い模型が動かなくなったときはこんな要領で分解し、すべての部品からゴミや汚れ、油を完全にふき取って組み立て直せば、動くようになることが多いです。


[次ページ→]

1    

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る