LAST UPDATE *2019.8 .19
  
 チュウジシギ(2004年8月16日 利根町 )
今月の鳥見
以前茨城県南部、利根川北岸地域に多数の休耕田があったころは8月は休耕田に羽を休める淡水系のシギチドリ類の絶好の観察時期でした。酷暑の中の休耕田廻りは私にとっては1年を通しての鳥見のハイライトとも言うべき重要な時期で、週末を待ちかねての出動を繰り返していました。しかしこの地域の休耕田が殆どなくなった今、8月は砂浜や干潟でのシギチ探索がメインとなっています。その様なわけで今月は九十九里海岸や三番瀬など干潟を通過するシギチ、また渡りを前に集結するアジサシ類も見逃せません。この表紙の更新を怠けている間に早速ヒメハマシギの成鳥が姿を見せてくれました。下旬には水郷地帯の稲刈りが進み淡水性のシギチも入り始めます。去年多数のオオグンカンドリが姿を見せてくれたのも8月でした。今年も思わぬサプライズを期待します。
今月のカバーバード(チュウジシギ)
8月も中旬になると、それまで見られたオオジシギに代わってチュウジシギを見る機会が増えてくるように思います。識別が難しいジシギ、以前はシーズンになるとこれらの識別に一生懸命取り組んだのですが、最近ではその根気も薄れ気味で、熱心に追うことも少なくなり、従って識別、特に羽衣の判定については上達しないまま終わってしまいそうです。左はそんな頃、デジスコで撮影したチュウジシギです。
フィールドノート
文字通り、私的バードウォッチングの記録です。
2007年12月31日以前のフィールドノートを
削除いたしました。(2018・06・06)
 

 LAST UPDATE 190819
デジタルフォトギャラリー
鳥との私的出会いや生態、分類など色々な事柄を撮りためた画像を添えて随時紹介していきます。
LAST UPDATE 190606 
バードギャラリー
様々な行動や、何気ない仕草など折に触れて見せる鳥達の表情、鳥の居る風景などを紹介します
LAST UPDATE 160304
おもしろ顔グラフ
長年に亘り意図して、または図らずも撮りためた鳥たちの顔、表情を紹介します
(改訂中)
蝶の小部屋
(改訂中)
  Chusanのローズガーデン
(改訂中)
リンク集
(改訂中)
 諸々日記
(新規編纂中)
管理者
横顔 
 最新の更新 ’19年8月19日  フィールドノートを更新

最近のフィールドノート  デジタルフォトギャラリーの最近の更新
8月19日 (三番瀬)                オオメダイチドリ     6/6
「アカガシラサギ」のページを更新 「ジャワアカガシラサギ」 のページを追加しました。
8月16日 (外房方面)             コシジロウズラシギ '19 2/23 「シマフクロウ」 と 「ビロードキンクロ」 のページを追加しました。 
8月10日 (外房方面)             コシジロウズラシギ 11/7 「キマユムシクイ」 と 「シベリアムクドリ」 のページを追加しました
8月 3日 (九十九里浜〜香取市、稲敷方面    ヒメハマシギ 6/13 「アオジ」のページを更新 「コマミジロタヒバリ」 のページを追加しました。
8月 2日 (九十九里浜〜上総一ノ宮干潟)   オオメダイチドリ 4/ 6 「ハジロミズナギドリ」 と 「チシマウガラス」 のページを追加しました。
7月6日 (九十九里浜)              ベニアジサシ ''18 1/26 「セグロミズナギドリ」 のページを新事実判明に伴い加筆しました
7月1日〜2日 (十日町市松之山)       チゴモズ 他 '16  3/4 バードギャラリーに「アシナガシギの記憶2015年9月」を追加しました。 
since 2000年8月15日 -----