イメージ画像

水溶性ビタミン(ビタミンC)

水溶性ビタミン(ビタミンC)

ビタミンCは、風邪や貧血を防ぎ、シミ・ソバカスなどの肌のトラブルを解消、ストレスを抑え、ガンを防ぐ

ビタミンC の働きほ多岐にわたっていますが、中でも重要なのが細胞間質のコラー ゲンの生成と保持に関わっていることです。
ビタミンC が不足すると血管や粘膜などの細胞と細胞の間にすきまができ、出血しやすくなり、肌が張りを失い、ウイルスが侵入しやすくなります。
さらに、ビタミンCにはウイルスを攻撃するインターフェロンの生産を促進させて、免疫力を高める働きもあります。
また、ビタミンC そのものにウイルスの核酸を破壊する働きもあり、ガンやウイルス性肝炎の予防などでビタミンCは欠かすことができません。
この他、ビタミンC には抗酸化作用があり、コレステロールや中性脂肪を調整して老化を防ぎ、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモソの生成を促進させてストレス解消にも役立つという働きがあります。最近では、花粉対策にビタミンCが注目を集めています。
ビタミンCは柑橘類やパイナップル、イチゴ、キウイなどのフルーツや、ブロッコリーやピーマンなどに多く含まれています。
1日の摂取量は1000mg~3000mgが望推奨されています。
サプリメントでビタミンCを摂る場合、摂取後数時間で排泄されてしまいますので、何回かに分けて摂取することがポイントです。
ビタミンC は体内に蓄積できない水溶性なので不足になりがちですが、摂り過ぎると下痢や嘔吐、頻尿などが出ることがありますので、摂取量を増やす場合はゆっくりと段階的に増やしていくようにします。

ビタミンCの働きと作用

女性がお肌のためにビタミンCを活用したい方には

女性には「ビタミンC」といったらすぐにお肌のために!と思ってしまいます。そうです。お肌のためにはビタミンCがとても重要です。
お肌への効能や摂取方法はこちら

このページの先頭へ