huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye




                     
讀陸放翁集
          
                         
         梁啓超

詩界千年靡靡風,
兵魂銷盡國魂空。
集中十九從軍樂,
亙古男兒一放翁。


    **********************
       陸放翁集を 讀む

詩界 千年  靡靡
(ひひ)たる風,
兵魂 銷
(と)け盡(つ)くして  國魂 空(むな)し。
集中 十に 九は  從軍の樂
(らく)
亙古
(こうこ)の 男兒は  一(いつ)に 放翁。


             ******************

◎ 私感訳註:

※梁啓超:清末・民国初期の政治家・思想家。1873年(同治十二年)〜1929年(中華民国十八年)。字は卓如。号は任公、飮冰室主人。広東省新会の人。康有為に師事し、立憲君主制を主張、維新を目指し戊戌変法に参与したが百四日で失敗(戊戌政変)、日本に亡命した。日本語文献を通じて西洋ブルジョアジーの新しい社会・政治・経済・哲学・歴史などの理論を紹介した。民国時代は、司法総長などを歴任した。

※讀陸放翁集:陸游詩集を読む。放翁は陸游の号。剣南愛国の詩歌を残している。豪放詞でも有名。本サイトでは特に陸游の篇章を設けている。

※詩界千年靡靡風:この千年間の詩壇は、頽廃的な気風で。 ・詩界:詩壇。 ・靡靡:〔ひひ、びび;mi3mi3〕頽廃的である。なびき従うさま。 ・風:気風。

※兵魂銷盡國魂空:尚武の精神は消え果ててしまい、国家、民族の精神は空虚なものとなってしまった。 ・兵魂:尚武の志。闘争精神。 ・銷盡:消え尽きる。熔けて尽きる。 ・國魂:民族の精神。 ・空:ダメになってしまう。うつろなものとなってしまった。

※集中十九從軍樂:陸游詩集では、十の内、九は(その九割は)、従軍のすばらしさ(を詠っている)。 ・集中:詩集中では。ここでは、陸游詩集のこと。 ・十九:十の内、九(は)。十に九(は)。十分の九(は)。九割(は)。九十パーセント(は)。大部分(は)。 ・從軍樂:従軍の楽しさ。軍務に従事する楽しさ。

※亙古男兒一放翁:古今を通じて、本当の男は、第一に陸游である。 ・亙古:〔こうこ;gen4gu3〕昔から今に至るまで。永遠。古今に亘る。古今を通じて。 ・男兒:男子。ここでは、一人前の男。本当の男。男の中の男。 ・一:〔いつ;yi1〕第一に。もっぱら。ひとえに。専一。 ・放翁:陸放翁。陸游のこと。放翁は、陸游の号。





◎ 構成について

七絶。韻式は「AAA」。韻脚は「風空翁」。平水韻部上平一東。次の平仄はこの作品のもの。

○●○○●●○,(韻)
○○○●●○○。(韻)
●○●●○○●,
●●○○●●○。(韻)
2003.12.30
     12.31

漢詩 唐詩 漢詩 宋詞

xia 1 ye次の詩へ  
shang 1 ye前の詩へ 
Bixue「碧血の詩篇」メニューへ戻る
    **********
Maozhuxi shici辛棄疾詞
Maozhuxi shici陸游詩詞
Maozhuxi shici李U詞
Maozhuxi shici李清照詞
shangye花間集
shangye婉約詞
shangye歴代抒情詩集
shangye秋瑾詩詞
shichao shou ye天安門革命詩抄
Maozhuxi shici毛主席詩詞
Maozhuxi shici碇豊長自作詩詞
shici gaishuo豪放詞 民族呼称
shici gaishuo詩詞概説  
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
詩韻
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞・詞譜)
cankao shumu(wenge)参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(唐詩・宋詞)
      
zhuzhang わたしの主張
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye