huanying



劍南詩詞稿






 
  ここでは、陸游の詩詞を集めました。

  陸游、号して放翁は、南宋の前半を生きた悲憤慷慨、情熱と反逆の詩(詞)人である。、1125年(宣和七年)南宋の始まりの二年前に生まれ、翌年、京に金軍が侵攻し、皇帝が連れ去られるという靖康之変が起こり、宋(北宋)が滅んだ。嬰児の陸游は、この混乱の中、京(開封)から故郷の山陰(現・浙江省の紹興)への逃避行を遂げたわけである。抵抗の詩人の原点がここにある。彼の作った詩詞の多くは、北方に興った女真族の金との抗争を謳い、悲憤慷慨の詩詞をよくして、愛国詩人と云われている。
  しかしながら、単に豪放詞派とのみは云えない。それは、彼が生きた時代、彼が経てきた体験が、その作風に大きな影響を与えたからである。そのことは、彼の詩集『劍南詩稿』八十五巻にある膨大な数の(一万近い)作品から、その制作年次が判るため、彼の生きた各時代の心情が判るということである。また、後世編纂の『放翁詞』から探り得る。彼の反逆の詩人ぶりは、その号からでも充分ではあるが。彼の号の放翁は、人が陸游の奔放無礼な態度を譏ったため、そのことに基づいて「奔放な老人(自由で、物事にとらわれない人)」と名乗ったもので、自分の人生観を号にする古来の例に則ってはいるもののなかなかユニークな号である。

  陸游の人生を見るに、起伏や挫折が幾つかある。先ず、一番に挙げられるのは、妻の唐との離別である。これは「釵頭鳳(紅酥手) 」に、そのときの激情が謳われている。心が打ち震える強烈な詞である。
  社会的には、1154年(紹興二十四年)進士の試験で、秦檜の孫との科挙の一位争いで、実力は陸游にあったが、政治的な配慮で秦檜の孫が勝ったとされた。その後、孝宗の時、進士出身の地位を賜り、樞密院編修を始めとした官吏生活に入る。このことなどから、秦檜を始めとする官界に対する憎しみもた持った。晩年の詩「追感往事」で「ゥ公可歎善謀身,誤國當時豈一秦。」と、五十年前のことをはっきりとうたっている。官僚機構と政治に対する反発にくわえて、北伐を主張することでも、疎ましがられた陸游は、幾度も免官になった。その間には、陶潛のように農村での隠遁生活を謳い、出仕し、南鄭の前線へ赴いては、体験を踏まえて、中原を謳ったりした。
  陸游は、その時代その時代で、多様な詩詞を作った。初恋の妻唐をうたった激情の婉約詞、陥落した中原を想う豪放詞、陶淵明に通じる隠遁のうた、そのどれもに共通してあるのが、抵抗、叛逆、そして無念の思いである。とりわけ、かれの最期の詩「死去原知萬事空,但悲不見九州同。王師北定中原日,家祭無忘告乃翁。」は、その思いが滲んでいる。

  それでは陸游の抵抗と激情の詩詞を味わい下さい。


    一懷愁緒,幾年離索。錯,錯,錯!
            ******************:

  なお、詩詞の字句に異同がある場合は、出来得る限り、原初のものとされている方を採用しました。但し、意味の通りが極めて悪いと思われる場合のみ、通用の方を採用しました。その場合は、その旨を記しています。
                                                       


一番上の「示兒」を選択しますと、順に詩詞を見ていくことができます。




劍南詩稿


示兒(死去原知萬事空)  
十一月四日風雨大作(僵臥弧村不自哀)
金錯刀行(黄金錯刀白玉裝)
秋夜將曉出籬門迎涼有感(三萬里河東…)
書憤(早歳那知世事艱)
塞上曲(老矣猶思萬里行)
北望(北望中原涙滿巾)
劍門道中遇微雨(衣上征塵雜酒痕)
關山月(和戎詔下十五年)
古意(千金募戰士)
遊山西村(莫笑農家臘酒渾)
病起書懷(病骨支離紗帽ェ)
灌園(少攜一劍行天下)
感事(雙鬢多年作雪)
龍興寺弔少陵先生寓居(中原草草失承平)
樓上醉歌(我遊四方不得意)
隴頭水(隴頭十月天雨霜)
追感往事(諸公可歎善謀身)
書事(關中父老望王師)
秋興(成都城中秋夜長)
(幾年羸疾臥家山)
夜讀范至能攬轡録言中原父老見使者多揮涕感其事作絶句
春游(沈家園裏花如錦)
小舟遊近村捨舟歩歸(斜陽古柳趙家莊)
秋風亭拜寇莱公遺像(豪傑何心居世名)
山南行(我行山南已三日)
客從城中來(客從城中來)
聽雨(髮已成絲齒半搖)
望江道中(吾道非邪來曠野)
小園 其三(村南村北鴣聲)
貧甚戲作絶句其六(行遍天涯等斷蓬)
秋懷(園丁傍架摘黄瓜)
書事(鴨轟K乾盡漢天)
春晩懷山南(梨花堆雪柳吹綿)
村飲示鄰曲(七年收朝迹)
沈園二首其一(城上斜陽畫角哀)
沈園二首其二(夢斷香消四十年)
冬初出遊(蹇驢渺渺渉煙津)
小雨極涼舟中熟睡至夕(舟中一雨掃飛蠅)
馬上作(平橋小陌雨初收)
長歌行(人生不作安期生)
贈猫(裹鹽迎得小狸奴)
秋夜將曉出籬門迎涼有感(迢迢天漢西南落)





放翁詞

訴衷情(當年萬里覓封侯) 
夜遊宮(雪曉C笳亂起)  
謝池春(壯歳從戎)     
秋波媚(秋到邊城角聲哀) 
鷓鴣天(家住蒼煙落照間)
漁家傲(東望山陰何處是) 
鵲橋仙(茅檐人靜) 
釵頭鳳(紅酥手)
卜算子 詠梅(驛外斷橋邊) 
桃源憶故人 題華山圖(中原當日三川震)
水調歌頭 多景樓(江左占形勝)
浪淘沙 丹陽浮玉亭席上作(克暗長亭)
C商怨 葭萠驛作(江頭日暮痛飮)
鵲橋仙 一竿風月
訴衷情(青衫初入九重城)


地圖

Li Qingzhao中原之圖
Li Qingzhao賀蘭山・天山地圖
Li Qingzhao金・南宋圖
Li Qingzhao建康之圖
Li Qingzhao京口之圖
Li Qingzhao武昌・漢口・漢陽之圖


関聯年表

Li Qingzhao
宋代詞人年表
Li Qingzhao歴代詩歌一覧表

**************************
2002. 5. 1改題
      5. 4
      5.16
      7.16
2004. 1. 3

文天祥 賀新郎 満江紅

  漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 


Songci宋詞格律
cipai詞牌・詞譜  
ciyun詞韻
shici gaishuo詩詞概説    
Tangshi唐詩格律之一
shiyun詩韻
cipai yiming詞牌異名
cishi詞史
shici yongyu詩詞用語解説
Hanyu yinyun現代漢語音韻
Xin Qiji辛棄疾詞
Li Yu李U詞
Li Qingzhao李清照詞   
Qiu Jin秋瑾詩詞
Maozhuxi shici毛主席詩詞  
Tiananmen geming shichao天安門革命詩抄
zhuozuo碇豊長自作詩詞
参考文献(総目録)
参考文献(宋詞)
参考文献(詩詞格律)
参考文献(唐詩)
参考文献(韻書)
参考文献(漢語音韻)
参考文献(漢語方言)
Hanyu:zhici中国語ご挨拶  
laixinお便りのページ
propaty本サイト全情報
zhuzhang わたしの主張
guanhougan
メール
hui shouye
トップ

huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye