zhuzhici


  
bailetian baijuyi dingfengchang dingfengzhang shicishijie

   竹枝
          唐 白居易

巴東船舫上巴西,
波面風生雨脚齊。
水蓼冷花紅
濕葉碧凄凄。


**********
       

巴東の 船舫  巴西に 上り,
波面に 風 生じて  雨脚 齊
(ひと)し。
水蓼 花を冷して  紅 として,
 葉を濕して  碧 凄凄たり



      **********

私感註釈

※竹枝:民謡。
※巴東:四川省東端の奉節、巫山、雲陽一帯。後漢末に巴地方に巴郡、巴東郡、巴西郡が置かれた。 ・巴:春秋時代の国名。四川省東部一帯。
※船舫:船や小船。
※上:のぼる。ここでは瞿塘峡などの三峡を遡ることを指す。
※巴西:四川省の中一帯。長江の流れからいうと、川上に当たる。
※巴東船舫上巴西:巴東のいろいろな船が巴西にのぼってきて。
※波面:波の面に。水面に。
※風生:風のためのさざ波が生じ。
※雨脚:雨あし。密集して降る雨のしずくをいう。
※齊:そろう。
※波面風生雨脚齊:水面に風のためのさざ波が生じて、雨あしもそろった。
※水蓼:ヤナギタデ。ミズタデ。蓼のなかま。水際に生える。
※冷花:花を冷やして。「冷」や後出の「濕」は、動詞として使われている。
※紅:紅(い花)が(降る雨にうたれて)ぶるぶると震えて。色彩などの状態を表す形容詞の場合、その後に重ねられてできている接尾辞がくる表現が多い。例:紅通通。白浄浄。黄嫩嫩。藍汪汪。緑油油…。 ・:擬態語。〔そくそくsu4su4〕ぶるぶる(と、震え)。はらはら(と)。さらさら(と)。「」はふるい。
※水蓼冷花紅:タデは、(降る雨に)花を冷やしてぶるぶると震え。
※江:香草の名。「楚辞・離騒」にある。
※濕葉:(降る雨に)葉を湿らせて。
※碧凄凄:澄んだみどりの色が、寒々しい。 ・凄凄:寒々しい。もの寂しい。寒い。
※江濕葉碧凄凄:香草の江は、(降る雨に)葉をぬらして、緑の色が寒々しい(風情である)。



◎ 構成について
  
 平韻一韻到底。 韻式は「AAA」。韻脚「西齊凄」は平水韻上平八齊。次の詞調はこの作品のもの。


   ○○○●●○○(韻)
   ○●○○●●○。(韻)
   
●●●○○●●,
   ○○●●●○○。(韻)
 

***********************

2002.5.18
     5.19
     5.20

漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 


xia 1ye次のページ
shang 1ye前のページ
竹枝詞メニューへ
     ***********
李U詞
李清照詞
秋瑾詩詞
辛棄疾詞
碧血の詩編
Huajianji花間集
婉約詞集
歴代抒情詩選
geming shichao天安門革命詩抄
shichao zhaopian毛沢東詩詞
shangye碇豊長自作詩詞
shangye漢訳和歌
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
詩韻
詩詞民族呼称集
参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
cankao shumu(wenge)参考文献(唐詩)
本ホームページの構成・他
      
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye