Nゲージ蒸気機関車>その他>トミックスのNゲージ蒸気機関車

トミックスのNゲージ蒸気機関車

2022.5.30

TOMIXの2022年版のカタログより、近年に生産された製品のみの掲載になりましたので、カタログ未掲載のものを含めて現行製品を一覧にしてみました。
製品の説明は公式のカタログとは違いますので、間違い等ございましたらご容赦願います(ご指摘いただけると嬉しいです)。

・写真は筆者の私物です。他社製カプラーへの交換や、何らかの改造が加えられている場合があります。
・文中、カプラーの「A」はアーノルドカプラー、「TN」は自連形TNカプラーを指します。
・縮尺は筆者実測による推定であり、メーカー公式見解ではありません。
・「現行製品」の一覧という意味合いですので、年度カタログとなった2022年時点で生産中止となっていた製品は載せていません。

C57

トミックスが10年ぶりに投入した新系列の蒸気機関車シリーズです。C57のプラ製エンジンドライブ機では初めて、全長・全高とも基本縮尺1/150を達成し、走行性能もスムーズでファンの期待に応えました。

2003 C57(135号機)

¥15,400+税

C57 135

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:135
ライト:LED式(前後) 消灯可(前)

発売時期

初回2009年
前回2017年

●製品の特徴

  • 9600以来10年ぶりの蒸機で、トミックスの日本型テンダー機では初めてモーターをボイラー内に積んでいます。
  • 動輪は3軸中2軸がゴムタイヤ付きです。フライホイールを2個搭載し、惰性も十分感じられます。
  • KATOのC62東海道形(初代)と同様の、煙突を回すライト消灯機構があります。
  • 後部には付属のTNカプラーのほか、KATOのCSナックルカプラーも未加工で取り付けられます(非公式の偶然)。
  • キャブ側面窓は完全に閉じた状態です。天窓は開閉可能になっています。

●備考

このC57 135の動力ユニットは当時かなり完成度が高く、その後の同社テンダー機シリーズの礎となりました。
トミックスのテンダー機は主な集電元をテンダーが担っている特徴から、手入れの際にはテンダー車輪を忘れずに清掃し、何らかの事情でドローバーを脱着する際は集電線が確実に接触するよう注意するのがよいと思います。

合併テコ(コンビネーションレバー)がやや外れやすい傾向があるようで、説明書に外れた際の取り付け方が記載されています。

2004 C57(1号機)

¥17,800+税

C57 1

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:1
ライト:LED式(前後) 消灯可(前)

発売時期

初回2011年
前回2018年

●製品の特徴

  • C57の1次形で、JR西日本の「SLやまぐち号」で運用されている姿です。
  • ボイラーバンドやデフ縁などが金色で飾り塗装され、煙室手すりと握り棒は銀色(グレーで表現)となっています。
  • 取り外し可能な集煙装置付きです。
  • 他はC57 135に準じます。

●備考

発売当時のプラ量産品としては強気の価格設定でした。一部限定品を除いて現在でもトミックスの蒸機の最高価格です。

2005 C57(180号機)

¥16,400+税

C57 180

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:1
ライト:LED式(前後) 消灯可(前)

発売時期

初回2012年
前回2019年

●製品の特徴

  • トミックス初の3次形です。JR東日本が「SLばんえつ物語」で運用している180号機の、2003年〜2005年頃の姿とされています。
  • ランボード下に移された繰り出し管や、前方の傾斜角が少し変わったドームなど、C57 3次形の特徴が表現されています。
  • ドーム前には大型手すりが装着されています。
  • 他はC57 135に準じます。

●備考

当初説明書には付属の列車無線アンテナの取り付け方法が記されておらず、部品図には「使用しない」旨の記載がありました。その後メーカーから訂正発表がありました。

2007 C57(180号機・門デフ)

¥16,800+税

C57 180門デフ

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:1
ライト:LED式(前後) 消灯可(前)

発売時期

2014年

●製品の特徴

  • 復活運行されているC57 180号機が、新製された門鉄デフを装着した際の姿です。
  • ドーム前の大型手すりは小型手すりに交換されています。煙突には金色の飾り帯が入っています。
  • 他はC57 180に準じます。

●備考

この製品は機関部とテンダーが分離状態でケースに収納されており、ドローバーはポリ袋に個包装されています。
車両の出し入れのたびにドローバーの脱着が必要になるので、集電線を傷めないよう扱いに注意が必要です。

2008 C57(1号機・ロッド赤入)

¥17,800+税

C57 1・ロッド赤入り

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:1(黒・緑2セット)
ライト:LED式(前後) 消灯可(前)

発売時期

2015年

●製品の特徴

  • 「SLやまぐち号」で運用されている1号機の、1987年頃の姿とされています。
  • メインロッド・サイドロッドに赤色が入ったほか、前端梁上部にも白線が入っています。煙室手すりは黒となっています。
  • ナンバープレートは黒地・緑地の2セットが付属しています。
  • 他はC57 1に準じます。

●備考

黒ナンバーに加えて緑ナンバーも付属しており、価格は「2004 C57(1号機)」と変わっていないので、少々お得になった印象を受けました。

C61

C61 20号機の復活運行に合わせて発売されました。プラ量産品のC61を発売するのはマイクロエースに続いて2社目です。

2006 C61(20号機)

¥16,000+税

C61 20

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:20
ライト:LED式(前後) 消灯可(前)

発売時期

初回2013年
前回2019年(2022年カタログ掲載)

●製品の特徴

  • 2011年に復活運行を開始した、C61 20号機を模型化したものです。
  • 動力部の基本部分は実績のできたC57シリーズと同じです(動輪もC57と共用です)。
  • KATOのC62東海道形(初代)と同様の、煙突を回すライト消灯機構があります。
  • 後部には付属のTNカプラーのほか、KATOのCSナックルカプラーも未加工で取り付けられます。
  • C57と同様、キャブ側面窓は完全に閉じた状態です。天窓は開閉可能になっています。

●備考

2013年の初回発売品は発売記念特典付とされ、ヘッドマークや側面サボが各種印刷されたシールと、発売記念のミニチュアサボのプレートが付属していました。 2019年の再生産品には付属していません。

C11

トミックス初のC11は2017年の真岡鐡道 C11(325号機)でしたが、数年で生産中止となってしまいました。現在は大井川鐡道のきかんしゃトーマス号が発売されています。

8602 大井川鐡道 きかんしゃトーマス号

¥15,400+税

きかんしゃトーマス号

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C243
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TNおよびダミー付属)
ナンバー:1(印刷済)
ライト:LED式(前後)

発売時期

2021年(2022年カタログ掲載)

●製品の特徴

  • 大井川鐡道にて、C11 227号がきかんしゃトーマス号としてアレンジされた姿です。
  • 真岡鉄道C11 325(生産中止品)と寸法の規格はほぼ共通ですが、動力ユニットは新製されて安定性が向上しています。
  • キャブ側面窓は開いた姿で、天窓も開閉可能になっています。

●備考

この機関車は、特別企画品として同じ年に発売された「79732 大井川鐡道 きかんしゃトーマス号セット」にも含まれています。

C55

C57の前身となる、スポーク動輪が美しい機関車です。1970年代にも、旧製品のC57とともに予告されていたことがありました。

2010 C55(3次形・北海道仕様)

予価¥16,000+税

(予定品)

仕様 (High Grade)

縮尺:約1/150
通過半径:C280
重連用カプラー:A・TN付属
後部カプラー:A(TN付属)
ナンバー:43,47,59
ライト:LED式(前後)

発売時期

2022年12月予定

●製品の特徴

  • 密閉キャブに改造されて北海道で働いた、C55 3次形の晩年の姿です。
  • 同時発売予定の「98413 国鉄 旧型客車(宗谷本線普通列車)」セットに、ナンバープレートC55 49と、交換用煙室扉、回転火の粉止めのパーツが付属するとのことです。

●付属品(ユーザー取り付けパーツ)

ナンバープレート、ATS車上子、
自連形TNカプラー、重連用アーノルドカプラー、重連用自連形TNカプラー、他詳細不明


「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る