Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye




                    
                   
      逢雪宿芙蓉山主人
              
                  劉長卿 
日暮蒼山遠,
天寒白屋貧。
柴門聞犬吠,
風雪夜歸人。


******

雪に逢ひ 芙蓉山の主人に 宿す       
                       
日 暮れて  蒼山 遠く,
天 寒く  白屋 貧し。
柴門  犬の吠ゆるを 聞き,
風雪  夜に 人 歸る。

*****************


◎ 私感註釈

※劉長卿:盛唐の詩人。709年?(景龍年間?)〜780年?(建中年間?)。字は文房。河間(現・河北省)の人。進士に合格して官吏となるも下獄、左遷された。ために、詩には失意の情感や離乱を詠うものが多い。五言詩に優れていることから「五言(の)長城」と称された。

※逢雪宿芙蓉山主人:たまたま雪にであって、芙蓉山の主人宅に泊まる。 ・逢雪:雪にであう。たまたま雪になる。 ・宿:泊まる。 ・芙蓉山:現・福建省侯県の北、福州の西にある。 ・主人:泊まった宿。主人宅。張志和『漁歌子』「西塞山前白鷺飛,桃花流水魚肥。笠,獄ェ衣,斜風細雨不須歸。」 や柳宗元『江雪』「千山鳥飛絶,萬徑人蹤滅。孤舟簑笠翁,獨釣寒江雪。」に似たモチーフの作品である。ただ、引用二詩は、脱俗的で高踏な雰囲気があるのに対して、劉長卿のものは、作者の心情を反映して暗いものとなっている。

※日暮蒼山遠:日が暮れて深いあおいろの山が遠くになって見える。 ・日暮:日が暮れる。日暮れになる。後出の「天寒」と対になり、ひぐれ時、夕刻、日暮といった名詞ではない。 ・蒼山:深いあおいろの山。 ・遠:遠く(にある)。

※天寒白屋貧:天候も寒く、茅屋も貧寒としている。 ・天寒:天の気候が寒く冷えている。 ・白屋:簡素な住み処(か)。白茅で屋根を葺いたもの。また、漆などの加工を施していない粗末な家屋。

※柴門聞犬吠:(粗末な)柴扉のところから犬の鳴き声が聞こえてくる(が)。 ・柴門:柴で作った門。柴戸。柴扉(さいひ)。柴折り戸。隠者の草庵の門などにいう。清・黄景仁の『別老母』に「搴帷拜母河梁去,白髮愁看涙眼枯。慘慘
柴門風雪,此時有子不如無。」とある。 ・聞:聞こえる。聞こえて来る。 ・犬吠:〔けんは(ぱ)い;quan3fei4●●〕犬がほえる。

※風雪夜歸人:吹雪の中を夜に人が帰ってきた。 ・風雪:吹雪(ふぶき)。風と雪。風まじりの雪。 ・夜:夜に。 ・歸:もどってくる。(本来の居処である自宅に)帰る。

               ***********




◎ 構成について

 韻式は、「AAAA」。韻脚は「馨晴鶯」で、平水韻下平九青。全ての脚で押韻しており、詞の影響を受けていよう。ただ、七絶格の各詞牌(『柳枝詞』『採蓮子』、『単調:浪淘沙』、『陽關曲』、『江南春』、『阿那曲(仄韻)』『鴨叫子』、『八拍蠻』、『欸乃曲』、『水調歌』『竹枝詞』)は三平韻で、詞譜にはこのような四平韻格の形式はない。伝統的な七言絶句とも言い難い。この作品の平仄は次の通り。

○○●●●●○,(韻)
○○○●○●○。(韻)
●○○○●○○,(韻)
●○○●●●○。(韻)


2005.5. 1完
2007.4.27補
2018.9.27

漢詩 填詞 詩餘 詩余 唐詩 漢詩 宋詞 漢

xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
抒情詩選メニューへ
    ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
碧血の詩編
李U詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
李C照詞
陶淵明集
Huajianji花間集
Huajianji婉約詞:香残詞
Huajianji毛澤東詩詞
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌
参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye