huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye






                   四月下旬過崇效寺訪牡丹花已殘損
張之洞   



一夜狂風國豔殘,
東皇應是護持難。
不堪重讀元輿賦,
如咽如悲獨自看。



    **********************
四月下旬 崇效寺に過ぎり牡丹花を訪れるも已に殘損せり

一夜いち や  狂風に  國豔こくえん すたれ,
東皇 まされ  護持すること かたかるべし。
かさねて讀むに へず   元輿げん よ
むせぶが如く 悲しむが如く  ひとみづから看る。

             ******************


◎ 私感訳註:

※張之洞:清末の大臣。洋務派の首領。字は孝達。号は香濤。直隷(現・河北省)南皮の人。ロシアとの条約改定では主権擁護を主張し、清仏戦争、日清戦争などでは主戦論を主張した。山西巡撫、両広総督、湖広総督と歴任し、主に武漢を拠点として富国強兵、殖産興業に努めた。変法運動では「中体西用」という論を提起し、維新思想の急進的な改革を避難した。1837年(道光十八年)〜1909年(宣統元年)。

※四月下旬過崇效寺訪牡丹花已殘損:陰暦の四月下旬(陽暦の五月中、下旬)に崇效寺(すうこうじ)の牡丹の花を見に行ったが、すでに花は崩れそこなわれていた。 *表面上、牡丹(ぼたん)の花のすたれたさまを詠うが、唐・舒元輿の『牡丹賦』から「甘露の変」を暗示し、更にそこから「戊戌(ぼじゅつ)の変法」事件とその犠牲者である門下生の楊鋭へと思いを馳せている。戊戌の変法とは、清朝・光緒二十四年(1898年=歳次戊戌)光緒帝の下、康有為、梁啓超、譚嗣同、また張之洞らの手によって行われた政治改革運動。日本の明治維新を範とした政治の近代化運動。104日で挫折する。 ・四月下旬:陰暦四月下旬は初夏が終わりかける頃。陽暦の五月中旬(〜下旬)。 ・過:…を通り過ぎる。(…に)よぎる。 ・崇效寺:〔すうかうじ;Chong2xiao4si4○●●〕北京にあった寺院の名で、牡丹の花の名所。原名・崇孝寺。宣武門外の西南の隅、東の白広路から西の菜園街の間にあり、清代には牡丹の名所となっていた。天安門を起点にしていえば、天安門の西南西3キロメートルほどの所。西単にある北京第一の書店ビル「図書大廈」の南西1キロメートル程の所。ライラックで有名な法源寺の附近。 ・訪:たずねる。 ・已:とっくに。すでに。 ・殘損:すたれる。かたが崩れそこなわれる。

※一夜狂風國豔殘:ひと晩、荒れくるう風(=西太后の戊戌の政変が吹き荒れて)国花の牡丹(ぼたん)の花(=国体の精華)はすたれてしまい。 ・一夜:ひと晩。ある夜。終夜。 ・狂風:荒れくるう風。ここでは、戊戌の政変を暗示している。西太后による反・戊戌の変法の武力行動を指す。 ・國豔:〔こくえん;guo2yan4●●〕国花。牡丹(ぼたん)の花。豔≒艷(艶)。また、国体の精華を謂う。 ・殘:すたれる。かたが崩れる。

※東皇應是護持難:春の神(=光緒帝)は、きっと守り保つ(=保護する)ことのも、むずかしいだろう。 ・東皇:春の神。また、戊戌の変法を積極的に支持した光緒帝を暗に指す。 ・應是:おそらく…だろう。きっと…だろう。 ・護持:守り保つ。保護する。尊んで守護する。
 ・難:むつかしい。むずかしい。

※不堪重讀元輿賦:(唐代に宦官の専権を排しようとして「甘露の変」を企て、失敗した)舒元輿(じょげんよ)の作った『牡丹賦』をもう一度読むことには堪(た)えられない。 ・不堪:たえられない。 ・重讀:もう一度読む。 ・元輿:〔げんよ;Yuan2yu2○◎〕唐代の舒元輿〔じょげんよ;Shu1Yuan2yu2○○◎〕(791年(貞元七年)〜835年(太和九年))のこと。宦官の専権を排しようとして「甘露の変」を企てるが、露見して腰斬の刑に処せられた。舒元輿を救い得なかった文宗は、牡丹の花を観賞している時、舒元輿の作った『牡丹賦』をくちずさみ、涙した。『新唐書・列傳第一百四・舒元輿列傳』の最終部分に「元輿爲『牡丹賦』一篇,時稱其工。死後,帝觀
牡丹,憑殿闌誦賦,爲泣下。」とある。ここでは、清・戊戌の変法を推進した康有為 、梁啓超、譚嗣同 、また、張之洞自身らの戊戌の変法の推進者(とその犠牲者である門下生の楊鋭)を暗示する。 ・賦:韻文の一体。心に感じたことをありのままにうたうもので、多くは長篇で、対句を用いて脚韻を踏む。ここでは、舒元輿が作った『牡丹賦』を指す。

※如咽如悲獨自看:むせぶようでもあり、悲しむようでもある(牡丹のさまに)ひとりで、見入っている。 ・如咽如悲:むせぶようでもあり、悲しむようでもある。前出・舒元輿の『牡丹賦』に「赤者如日,白者如月。淡者如赭,殷者如血。向者如迎,背者如訣。忻者如語,含者
如咽。俯者如愁,仰者如ス。裹者如舞,側者如跌。亞者如醉,曲者如折。密者如織,疏者如缺。鮮者如濯,慘者如別。」とある。 ・咽:〔えつ;ye4●〕むせぶ。動詞。蛇足になるが、〔いん(えん);yin1○〕のど。名詞。〔えん(いん);yan4●〕のむ。動詞。 ・獨自:ひとりで。





◎ 構成について

韻式は「AAA」。韻脚は「殘難看」で、平水韻上平十四寒。次の平仄はこの作品のもの。

●●○○●●○,(韻)
○○○●●○○。(韻)
●○○●○◎●,
○●○○●●○。(韻)
2009.4.13
     4.14

漢詩 唐詩 漢詩 宋詞

xia 1 ye次の詩へ
shang 1 ye前の詩へ
Bixue「金陵舊夢」メニューへ戻る
    **********
Maozhuxi shici玉臺新詠
Maozhuxi shici陶淵明集
Maozhuxi shici辛棄疾詞
Maozhuxi shici陸游詩詞
Maozhuxi shici李U詞
Maozhuxi shici李清照詞
shangye花間集
shangye婉約詞集
Maozhuxi shici豪放詞集・碧血の詩篇
shangye歴代抒情詩集
shangye秋瑾詩詞
shichao shou ye天安門革命詩抄
Maozhuxi shici扶桑櫻花讚
Maozhuxi shici毛主席詩詞
Maozhuxi shici読者の詩詞
Maozhuxi shici碇豊長自作詩詞
shici gaishuo豪放詞 民族呼称
shici gaishuo詩詞概説  
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
詩韻
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞・詞譜)
cankao shumu(wenge)参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(唐詩・宋詞)
      
zhuzhang わたしの主張
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye