Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye




  

李白

菩薩蠻

菩薩蛮 LiBai libai Li Bai li bai libo litaibo litaibai
平林漠漠煙如織,
寒山一帶傷心碧。
暝色入高樓,
有人樓上愁。


玉階空佇立,
宿鳥歸飛急,
何處是歸程,
長亭更短亭


******

菩薩蠻

平林 漠漠として  煙は 織るが如く,
寒山 一帶  傷心の碧
(みどり)
暝色  高樓に 入り,
人 有り  樓上に愁ふ。


玉階  空しく 佇立し,
宿鳥  歸へり飛ぶこと 急,
何處
(いづこ)か  是れ 歸程ならん,
長亭  更に 短亭。

*****************

私感註釈

※菩薩蠻:詞牌の一。詳しくは下記の「構成について」を参照。李白のこの作品と憶秦娥とは、黄昇によって「百代詞曲之祖」と言われたもので、詞としては最も早期のものの一である。


※平林:平坦な所に広がっている森林。

※漠漠:遠く遥かなさま。ぼんやりとして、とりとめがないさま。平らに連なるさま。暗いさま。ここでは、林が遥か彼方まで果てしなく広がっているさまをいう。

※煙如織:靄が恰も布を織るかのように長く筋になっているさまをいう。

※寒山一帶:秋の終わりの寒々とした山の辺り一面。 ・寒山:晩秋から冬にかけての寒々として寂しい山のこと。有名な寒山寺のある江蘇省の地名も寒山だが、ここは、前者。

※傷心碧:心を痛めさせるような青さ。後漢末/魏・王粲の『七哀詩』三首之一に「西京亂無象,豺虎方遘患。復棄中國去,委身適荊蠻。親戚對我悲,朋友相追攀。出門無所見,白骨蔽平原。路有飢婦人,抱子棄草間。顧聞號泣聲,揮涕獨不還。未知身死處,何能兩相完。驅馬棄之去,不忍聽此言。南登霸陵岸,迴首望長安。悟彼下泉人,喟然傷心肝。」とあり、後世、晩唐/蜀・韋莊の『浣溪沙』「夜夜相思更漏殘。傷心明月凭欄干。想君思我錦衾寒。咫尺畫堂深似海,憶來唯把舊書看。幾時攜手入長安。」 のように婉約詞に多く見られることば。

※暝色:暮色。夕方の気配。
※入高樓:たかどのに暮色が迫っていること。

※有人樓上愁:高殿の上で愁いている人がいる。

※玉階:玉で造られた(ようなすばらしい)きざはし。「玉…」は、「金…」等とともに美称とみてよかろう。
※空:空しく。
※佇立:たたずむ。後世、柳永の『蝶戀花』に「
佇倚危樓風細細,望極春愁,黯黯生天際。草色煙光殘照裏,無言誰會憑欄意。   擬把疏狂圖一醉,對酒當歌,強樂還無味。衣帶漸ェ終不悔,爲伊消得人憔悴。」とある。

※宿鳥:ねぐらである巣へ帰る鳥。
※歸飛急:(鳥の)すみかへもどるさまが速い。

※何處是歸程:どこが(わたしの)帰るべき道程なのか。「歸飛」や「歸程」の「歸」とは、本来居た処、即ち、ふるさと、古巣、自分の長らく住んでいる家等へもどることを指す。

※長亭更短亭:長亭、その向こうには更に短亭…と、駅亭は遥かかなたまでつながっていることをいう。長亭は十里ごとに、短亭は五里ごとに置かれた。
                   ***********





◎ 構成について:
  双調。 四十四字。換韻。全ての句が押韻する。押韻の平仄が入れ替わる。 韻式は「aaBB ccDD」。韻脚は「織碧・樓愁・立急・程亭」になる。「織碧」は第十七部(入声-k)。「樓愁」は第十二部の平声。「立急」は第十七部(入声-p)(「立」は「りふ」で-p韻、「りつ」は慣用音)。「程亭」は第十一部の平声。

    ○●。(a仄韻)
    ○●。(a仄韻)
    ●●○○。(B平韻)
    ○,(B平韻)


    ○○●●。(c仄韻)
    ●,(c仄韻)
    ●●○○,(D平韻)
    ●○。(D平韻)

2001.6.20完
2007.3.22補
    

LuYou Lu You luyou lu you漢詩 填詞 詩餘 詩余 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 唐詩 漢詩 宋詞 漢詩 漢詩 

xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
絶妙清風詞メニューへ
       ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
碧血の詩編
李U詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
李清照詞
Huajianji花間集
zhuozuo碇豐長自作詩詞
shangye漢訳和歌
cankao shumu(Mao zhuxi shici)参考文献(毛沢東詩詞)
cankao shumu(Mao zhuxi)参考文献(毛主席と文化大革命)
cankao shumu(wenge)参考文献(文革期以降の文芸)
参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanyng xinshang Ding Fengzhang de zhuye