huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye





                     
  月下寫懷 

                                    
清・陳衡恪
                        
叢竹酷梺n,
月明影斑斑。
不照死者心,
空照生人顏。
                             
           
    **********************
               月下 (おも)ひを(しゃ)

叢竹(そうちく)  (みどり) 地に到り,
月明  影 斑斑(はんぱん)たり。
()らさず  死者の心を,
(むな)しく照らすは  生きたる人の顏。
            
            ******************




◎ 私感訳註:

※陳衡恪:清末・民初の篆刻家・画家。1876年(清・光緒二年(明治九年))〜1923年(中華民国十二年(大正十二年)) 湖南省・長沙の出身。字は師曽。号して槐堂、朽道人。日本に留学した。父は詩人の陳三立で、祖父は湖南巡撫の陳宝箴。歴史学者の陳寅恪は弟。

※月下写懐:月明かりの下で、心に思うことを書いた。 ・写:書く。うつす。 ・懐:心を込めて思う。なつかしむ。心に思うこと。

※叢竹緑到地:群がって生えている竹の緑の葉が、地面に着く(ほどに曲がって)。 ・叢:むらがる。あつまる。多い。 ・緑:ここでは竹の葉の緑を謂う。

※月明影斑斑:月明かりで、影がぼつぼつと斑(まだら)である。 ・月明:月明かり。 ・斑斑:まじりあっているさま。まだらなさま。ぼつぼつとあるさま。斑点がたくさんある。きらびやかである。

※不照死者心:(月は)死んだ者(=亡き妻)の心を照らすことはないが。 ・死者:ここでは、亡くなった作者の妻・汪春綺を指す。

※空照生人顔:(月光は):生きている人(=作者自身)の顔を空しく照らし出している。 ・空:むなしく。 ・生人顔:生きている人の顔の意で、作者自身を指そう。





◎ 構成について

韻式は「AA」。韻脚は「斑顔」で、平水韻上平十五刪。次の平仄はこの作品のもの。

○●●●●,(韻)
●○●○○。(韻)
●●●●○

○●○○○。(韻)
2021.1.24
      1.25


漢詩 唐詩 漢詩 宋詞

xia 1 ye次の詩へ
shang 1 ye前の詩へ
Bixue「金陵舊夢」メニューへ戻る
    **********
Maozhuxi shici玉臺新詠
Maozhuxi shici陶淵明集
Maozhuxi shici辛棄疾詞
Maozhuxi shici陸游詩詞
Maozhuxi shici李U詞
Maozhuxi shici李清照詞
shangye花間集
shangye婉約詞集
Maozhuxi shici豪放詞集・碧血の詩篇
shangye歴代抒情詩集
shangye秋瑾詩詞
shichao shou ye天安門革命詩抄
Maozhuxi shici扶桑櫻花讚
Maozhuxi shici毛主席詩詞
Maozhuxi shici読者の詩詞
Maozhuxi shici碇豊長自作詩詞
shici gaishuo豪放詞 民族呼称
shici gaishuo詩詞概説  
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
詩韻
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞・詞譜)
cankao shumu(wenge)参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(唐詩・宋詞)
      
zhuzhang わたしの主張
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye