Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye
                             

絶句
                                                  
                        北宋・黄庭堅

半篙春水一蓑煙,
抱月懷中枕斗眠。
説與時人休問我,
英雄囘首卽神仙。




               
    **********************


            絶句

半篙(はんかう)の春水  一蓑(いつ さ )の煙,
月を懷中に(いだ)きて  ()を枕にして眠る。
時人( じ じん)説與(せつ よ )す:  我に問ふを()めよ,
英雄 (かうべ)(めぐ)らせば  (すなは)ち神仙。






◎ 私感訳註:

※黄庭堅:北宋の詩人。慶暦五年(1045年)~崇寧四年(1105年)。字は魯直、号は涪翁。山谷道人。洪州の分寧(現・江西省修水県)の人。

※絶句:一首が四句から成り立っている短い詩。 *自分の脱俗的な姿を詠い、「脱俗」即「隠棲」ではない生き様をいう。

※半篙春水一蓑煙:ふなざおの半分(まである氷が溶けて水かさの増した)春の川に、蓑(みの)一つ(の姿で)煙霧の(かすむ中にいて)。唐・張志和の『浣溪沙』に「釣臺漁父褐爲裘,兩兩三三舟。能縱棹,慣乘流,長江白浪不曾憂。」とあり、柳宗元の『江雪』「千山鳥飛絶,萬徑人蹤滅。孤舟
簑笠翁,獨釣寒江雪。」とあり、南唐後主・李煜の『漁父』に「一櫂春風一葉舟,一綸繭縷一輕鉤。花滿渚,酒滿甌,萬頃波中得自由。」とあり、後世、南宋・陸游は『鵲橋仙』で「一竿風月,一蓑煙雨,家在釣臺西住。賣魚生怕近城門,況肯到、紅塵深處。   潮生理櫂,潮平繋纜,潮落浩歌歸去。時人錯把比嚴光,我自是、無名漁父。」とする。 「篙」:〔かう;gao1○〕さお。ふなざお。舟を推し進めるさお。 ・春水:春の川。氷が溶けて水かさの増した春の川。 ・一蓑煙:「蓑」:〔さ;suo1○〕みの。かや、すげ等で編んだ、雨・雪などを防ぐ外衣。=簑。

※抱月懐中枕斗眠:月を胸にいだきかかえて、星を枕として眠る。 ・抱月:月を(手で)いだきかかえる。 ・懐中:ふところ。胸。 ・枕斗眠:星を枕として眠る。「斗」:北斗(七星)。星。

※説与時人休問我:今を時めく人に対して言うが、わたしにお尋ねなさるな。 ・説与:…に言う。…に対して言う。 ・時人:その時代の人。当時の人。また、時の人。今を時めく人。 ・休問:問うをやめよ。尋ねなさるな。「休」:やめよ。禁止の表現。

※英雄回首即神仙:(世間の)英雄も、後ろを振り向けば、すなわち仙人(悠々自適の人)(なのだから)。/英雄も、仙人なのだ。 *この句、古来より多くの解釈がなされている。 ・回首:後ろを振り向く。顧みる。 ・即:すなわち。 ・神仙:人間界から抜け出て、不老長生の世界に遊ぶ者。仙人。また、事を見通す力を持った人。また、悠々自適の人。






◎ 構成について

韻式は「AAA」。韻脚は「煙眠仙」で、平水韻下平一先。次の平仄はこの作品のもの。

●○○●●○○,(韻)
●●○○●●○。(韻)
●●○○○●●,
○○○●●○○。(韻)
2016.11. 7
     11.10
     11.11
     11.12
     11.17
                               
xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
宋碧血の詩篇メニューへ
    ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
碧血の詩編
李煜詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
李淸照詞
陶淵明集
Huajianji花間集
Huajianji婉約詞:香残詞
Huajianji毛澤東詩詞
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌
参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye