huanying









             

 
  ここでは、唐宋元明詩のうちの碧血の詩歌憂国慨世の詩作を集めました。なお、憂国憂民慨世のものでも詞・豪放詞はこちらになります。先秦漢魏六朝の碧血の詩歌辭賦はこちらです。また、唐宋の詩詞のうち、『抒情詩』は、こちらになります。
              *************************

       

  多くの民族が交錯する禹域では、民族の興亡に伴い王朝が交替し、民族の盛衰とともにに、「時窮節乃見, 一一垂丹。」という情況が生まれた。祖国と自民族を想い、壮懐を詩句に託した作品が数多く生まれ、現在に残されている。
  古くは、『詩經』の一部、『楚辭』の慷慨、古詩十九首の慨嘆、魏晋の動乱と南北朝という分裂、南渡による新亭での悲嘆と櫂を撃っての憤激。漢民族王朝は江南に追いやられたが、その思いは一層燃え上がった。そして、宋代では北方に非漢民族の国家・遼(契丹)、西夏が興り、華北を脅かし、さらに遼の滅亡の後は、女真(後の満州民族)のが興り、華北を抑え、やがて、靖康之変の後は、漢民族の国家・宋はかつての晉と同様、江南半壁に追いやられた事実がある。(北宋地図) 特に靖康之変後、江南の宋(南宋)は、中原の奪回を目指し、金と、やがては元と抗争し、詩詞の世界では燃え上がり、媾和に際しては、民族意識が強く盛り上がった。(南宋地図) また、元、清…と、異民族との闘争の歴史は長く、民族の意気と正気は、温存され続けた。
  
  それでは、千古の絶唱・民族の雄叫び、憂国の詩歌をご鑑賞下さい。

     人生感意氣, 功名誰復論。


  なお、詩詞の字句に異同がある場合は、出来得る限り、原初のものとされている方を採用しました。但し、意味の通りが極めて悪いと思われる場合のみ、通用の方を採用しました。その場合は、その旨を記しています。
                                                       


一番上の「過零丁洋(辛苦遭逢起一經)」を選択しますと、順に詩を見ていくことができます。



碧血の詩篇


過零丁洋(辛苦遭逢起一經) 南宋・文天
正氣歌(天地有正氣)      南宋・文天
正氣歌 序(余囚北庭)     南宋・文天
出塞(秦時明月漢時關)     唐  ・王昌齡
書端州郡齋壁(C心爲治本)  宋 ・包拯
拒壽禮(鐵面無私丹心忠)   宋 ・包拯
題臨安邸(山外山樓外樓)  南宋・林升
左遷至藍關示姪孫湘(一封朝奏九重天)唐・韓愈
明日歌(明日復明日)      明 ・文嘉
馬上作(南北驅馳報主情)   明 ・戚繼光
金縷曲(勸君莫惜金縷衣)   唐 ・杜秋娘
偶成詩(少年易老學難成)   宋 ・朱熹
勸學文(勿謂今日不學而有來日)宋・朱熹
題菊花(颯颯西風滿院栽)   唐 ・黄巣
涼州詞(黄河遠上白雲間)   唐 ・王之渙
州橋(州橋南北是天街)     南宋 ・范成大
易水送別(此地別燕丹)     唐・駱賓王
塞下曲(飮馬渡秋水)       唐・王昌齡
述懷 (出關)(中原初逐鹿)  唐 ・魏徴
廣州西樵山蒼頡祠(幹國家事)明 ・海瑞
官倉鼠(官倉老鼠大如牛)   唐・曹
登金陵雨花臺望大江(大江來從萬山中)明・高啓
題青泥市寺壁(雄氣堂堂貫斗牛)南宋・岳飛
閑居感懷(我非今世人)    明・方孝孺
池洲翠微亭(經年塵土滿征衣)宋・岳飛
送紫岩張先生北伐(號令風霆訊)宋・岳飛
從軍行(青海長雲暗雪山)  唐・王昌齡
初到建寧賦詩(雪中松柏愈青青)南宋・謝枋得
閨怨(閨中少婦不知愁)    唐・王昌齡
過河(出師未捷身先死)    両宋・宗澤
詠菊(待到秋來九月八)    唐・黄巣
汨羅(遠謫南荒一病身)    唐・李コ裕
萬空歌(天也空)        明・悟空
軍中夜感(裹屍馬革英雄事) 明・張家玉
杜少府之任蜀州(城闕輔三秦)唐・王勃
絶句(人生無百歳)       明・劉基
京師得家書(江水三千里)  明・袁凱
無題(殺盡江南百萬兵)    明・太祖・朱元璋
憫農(春種一粒粟)       唐・李紳
題王導像(秦淮浪白蒋山) 南宋末・汪元量
天道(窮達皆由命)       五代・馮道
出塞行(烽火城西百尺樓)   唐・王昌齡
滕王閣(滕王高閣臨江渚)   唐・王勃
詠鵞(鵝鵝鵝)          唐・駱賓王
贈別崔純亮(鏡破不改光)   唐・孟郊
從軍行(琵琶起舞換新聲)   唐・王昌齡
已亥歳(澤國江山入戰圖)   唐・曹松
陶淵明
(卜筑堪容膝)      南宋・劉克莊
出塞行(白草原頭望京師)   唐・王昌齡
醉太平〔正宮調〕(堂堂大元) 元・無名氏
萬歳樓
(江上巍巍萬歳樓)   唐・王昌齡
梁苑(梁園秋竹古時煙)    唐・王昌齡
雜興(握中銅匕首)       唐・王昌齡
嘲荊卿(白虹千里氣)     唐・劉叉
結客少年場行(重義輕生一劍知)唐・沈彬
睡起偶成(四十餘年睡夢中) 明・王陽明
離別(丈夫非無涙)       唐・陸龜蒙
石灰吟(千錘萬鑿出深山)  明・于謙
胡笳曲(月明星稀霜滿野)  無名氏
塞下曲(朔雪飄飄開雁門)  唐・張仲素
尋胡隱君(渡水復渡水)    明・高啓
春夜
(春宵一刻値千金)    宋・蘇軾
飮湖上初晴後雨
(水光瀲晴方好)宋・蘇軾
澄邁驛通潮閣
(餘生欲老海南村)宋・蘇軾
江南春
(杳杳煙波隔千里)  北宋・寇準
山中月
(我愛山中月)      南宋遺民・真山民
十牛圖第九 返本還源
(返本還源已費功)宋・廓庵
山園小梅
(衆芳搖落獨暄妍) 宋・林逋
六月二十七日望湖樓醉書
(K雲翻墨未遮山)宋・蘇軾
居洛初夏作
(四月C和雨乍晴)宋・司馬光
宋中(梁王昔全盛)       唐・高適
除夜作(旅館寒燈獨不眠)  唐・高適
泊船瓜洲(京口瓜洲一水間) 宋・王安石
鍾山即事(澗水無聲繞竹流) 宋・王安石
書河上亭壁(岸闊檣稀波渺茫)宋・寇準
江上漁者(江上往來人)    宋・范仲淹
岐陽(百二關河草不)    金・元好問
虞美人草(鴻門玉斗紛如雪) 宋・曾鞏
題壁(白塔橋邊賣地經)    南宋・無名氏
江陰浮遠堂(岡下瞰大江流)南宋・戴復古
ク思(人言落日是天涯)    北宋・李覯
在金日作(遙夜沈沈滿幕霜) 金・宇文虚中
淮村兵後(小桃無主自花開) 南宋・戴復古
寄江南故人(曾向錢塘住)   南宋/元・家鉉翁
秋日即事(絡緯聲聲織夜愁) 南宋・周密
錢塘懷古(嗚咽江流帶恨聲) 南宋遺民・眞山民
田家行(草茫茫)         明・高啓
題桂花美人(桂花庭院月紛紛)明・高啓
塞下曲(日落五原塞)      明・高啓
和陶飮酒(我不如陶生)     宋・蘇軾
題西林壁(看成嶺側成峰)  宋・蘇軾
客意(雪屋灯客枕孤)     金・元好問
牡丹(一自胡塵入漢關)     南宋・陳與義
初入淮河(船離洪澤岸頭沙)  南宋・楊萬里
三衢道中(梅子黄時日日晴) 南宋・曾幾
登岳陽樓(洞庭之東江水西) 南宋・陳與義
初挈家還讀書山雜詩(眼中華屋記生存)金・元好問
千里爲重(千里爲重)      明・太祖/監生
歎老(唯覓少年心不得)    北宋・沈存中(沈括)
再到洛陽(當年曾是青春客) 北宋・邵康節
秋江寫望(蒼茫沙觜鷺鶿眠)  北宋・林逋
呉山(萬里車書盡混同)     金・完顏亮
夏日(離心杳杳思遲遲)     北宋・寇準
西樓(海浪如雲去卻囘)     北宋・曾鞏
梅花(牆角數枝梅)        北宋・王安石
戊辰即事(詩人安得有衫)  南宋・劉克莊
琵琶亭(潯陽江頭秋月明)   南宋・戴復古
癸巳五月三日北渡三首其一(道傍僵臥滿纍囚)金・元好問
癸巳五月三日北渡三首其三(白骨縱似亂麻)金・元好問
夏夜追涼(夜熱依然午熱同) 南宋・楊萬里
和孔密州五絶 東欄梨花(梨花淡白柳深)北宋・蘇軾
呈寇公(一曲C歌一束綾)   北宋・蒨桃
白雁行(北風初起易水寒)   元・劉因
偶題(桾莱ス處來)        明・于謙
老態(老態年來日日添)     元・趙孟頫
城南(雨過塘水滿堤)     北宋・曾鞏
御製 賜和(熊野峰高血食祠) 明・朱元璋(明太祖)
C明上河圖 畫讃其一(通衢車馬正喧闐)張公藥
C明上河圖 畫讃其二(水門東去接陰井)張公藥
C明上河圖 畫讃其三(楚施呉檣萬里船)張公藥
C明上河圖 畫讃其四
(峩峩城聯舊梁都)魏秋颿
C明上河圖 畫讃其五
(車轂人肩困撃磨)魏秋颿
C明上河圖 畫讃其六
(京師得復此豐沛)魏秋颿
C明上河圖 畫讃其七
(畫橋虹臥浚儀渠)陸莞
C明上河圖 畫讃其八
(繁華夢断兩橋空)陸莞
C明上河圖 畫讃其九
(汴梁自古帝王都)如壽
C明上河圖 畫讃其十
(妙筆圖成意自深)如壽
夜直(金爐香盡漏聲殘)    北宋・王安石
新花(老年少忻豫)                 北宋・王安石
別滁(花光濃爛柳輕明)    北宋・歐陽脩
過楓橋寺(白首重來一夢中) 北宋・孫覿
岳鄂王墓(鄂王墓上草離離) 元・趙孟頫
漫成(西鄰昨夜哭暴卒)     元・楊維
西湖竹枝歌(蘇小門前花滿株)元・楊維
西湖竹枝歌(勸カ莫上南高峯)元・楊維
別武昌(欲歸常恨遲)      元・掲傒斯
食茘枝(羅浮山下四時春)   北宋・蘇軾
春日(一夕輕雷落萬絲)    北宋・秦觀
四時田園雜興(胡蝶雙雙入菜花)南宋・范成大
旭日(太陽初出光赫赫)     宋・太祖 趙匡胤
雨過(水堂長日淨鷗沙)    南宋・陳與義
山居雜詩(鷺影兼秋靜)    金・元好問
凱歌(銜枚夜度五千兵)     明・沈明臣
芙蓉洞(巖下雲萬重)      明・王陽明
四時田園雜興 春日(土膏欲動雨頻催) 南宋・范成大
採蓮(忽然湖上片雲飛)無名氏・『太平廣記』卷第三百五 神十五『王法智』
前赤壁賦(壬戌之秋)     北宋・蘇軾
初挈家還讀書山雜詩(并州一別三千里)金・元好問
初入淮河(中原父老莫空談) 南宋・楊萬里
書李世南所畫秋景(野水參差落漲痕)北宋・蘇軾
淮中晩泊犢頭(春陰垂野草)北宋・蘇舜欽
雨中登岳陽樓望君山(投荒萬死鬢毛斑)北宋・黄庭堅
讀張魏公傳有感曲端(子聖焉能蓋父凶)明・江盈科
送呂卿(遠汀斜日思悠悠)   明・高啓
廬山煙雨(廬山煙雨浙江潮) 北宋・蘇軾
征夫詞(征夫語征婦)      明・劉績
征婦詞(征婦語征夫)      明・劉績
春雁(春風一夜到衡陽)     明・王恭
送周判官(明燈克五花裘)  明・李夢
巴陽夜泊(獨棹三巴夜)     明・施敬
題宮女圖(女奴扶醉踏蒼苔)  明・高啓
除夕(還憶去年辭白下)     明・金鑾
題畫犬(猧兒初長尾茸茸)   明・高啓
題秋江圖(長江秋色渺無邊)  元・倪瓉
杭州雨中(江南十日九陰雨)〜元・趙孟頫
逢呉秀才復歸江上(江上停舟問客蹤)明・高啓
守居園池雜題・望雲樓(巴山樓之東)北宋・文同
月子彎彎照九州(月子彎彎照九州)南宋民歌
柳絮(輕輕漠漠又斜斜)     南宋・居簡
四時田園雑興 春日(柳花深巷午鶏聲)南宋・范成大
在北題壁(徹夜西風撼破扉)  北宋・徽宗
豐樂亭遊春(紅樹山日欲斜) 北宋・歐陽脩
題畫(克陰藏野寺)       元・薩都剌
塞上(鳴骹直上一千尺)     北宋・ 柳開
暑夜(此夜炎蒸不可當)     明・ 釈宗泐
亂後(兵去人歸日)        明・辛愿
商鞅(自古驅民在信誠)     北宋・王安石
病中雜詠(爲客家千里)     元・薩キ剌
築城詞(去年築城卒)       明・高啓
遠別曲(郎君幾載客三秦)    明・謝榛
池上納涼(畫欄斜度水螢光)  明・高啓
遊園不値(應憐履齒印蒼苔)  南宋・葉紹翁
題李陵泣別圖(上林木落雁南飛)明・袁凱
過臨平蓮蕩(人家星散水中央) 南宋・楊萬里
金陵驛(草合離宮轉夕暉)    南宋・文天
陶者(陶盡門前土)        北宋・梅堯臣
蠶婦(昨日入城市)        北宋・張俞
和題烏江亭(百戰疲勞壯士衰) 北宋・王安石
秋日東村偶題(五柳醉裏春)明・李攀龍
懊憹歌(白鵶養雛時)       明・劉基
病中雜詠(風葉高下落)      元・薩キ剌
於郡城送明卿之江西(青楓颯颯雨凄凄)明・李攀龍
(南浦春來壕齔)      南宋・范成大
秋日雜興(柏林楓岸迥宜看)   明・何景明
探春(盡日尋春不見春)      北宋・戴益
夜宿天池月下聞雷(昨夜月明峰頂宿)明・王陽明
一溪(一溪流水走蛇)      金・段繼昌
流水詩(淺淺水,長悠悠)     明・唐寅
把酒對月歌(李白前時原有月) 明・唐寅
花下酌酒歌(九十春光一擲梭) 明・唐寅
和張矩臣水墨梅五絶其三(粲粲江南萬玉妃)両宋・陳與義
送コ輪行者(瀝血抄經奈若何) 南宋・楊萬里
登飛來峰(飛來山上千尋塔)   北宋・王安石
初入淮河(兩岸舟船各背馳)   南宋・楊萬里
登岳陽樓望君山(洞庭無煙晩風定)明・楊基
夏日閑居(長夜此靜坐)      明・高攀龍題
題城牆詩(雪胔白骨滿疆場)   明末清初・江陰女子
怨詞(妾作溪中水)         明・景翩翩
兵亂寓小巷中作(城北殺人聲徹天)北宋〜南宋・呂本中
題西太一宮壁(柳葉鳴蜩壕テ) 北宋・王安石
約客(黄梅時節家家雨)      南宋・趙師秀
述國亡詩(君王城上竪降旗)   五代・後蜀・花蕊夫人
悼亡詩(結髮爲夫婦)       北宋・梅堯臣
過梅嶺岡留題(馬首經從庾嶺囘)元・伯顏
懶起吟(半記不記夢覺後)     北宋・邵雍
感事(壯事本無取)         金・元好問
曉出淨慈寺送林子方(畢竟西湖六月中)南宋・楊萬里
過百家渡 其二(園花落盡路花開)南宋・楊萬里
過百家渡 其三(柳子祠前春已殘)南宋・楊萬里
出キ(春閨斜月曉聞鶯)      金・元好問
春日登樓懷歸(高樓聊引望)   北宋・寇準
和文與可洋川園池・望雲樓(陰晴朝暮幾囘新)北宋・蘇軾
偶睡(竹間門掩似僧居)      明・高啓
雨中過玉遮山(松頭急風囘)   明・高啓
雨中過玉遮山(尋鐘入蒼茫)   明・高啓
中秋夜呉江亭上對月懷前宰張子野及寄君謨蔡大(獨坐對月心悠悠)北宋・蘇舜欽
惠崇春江曉景(竹外桃花三兩枝)北宋・蘇軾
惠崇春江曉景其二(兩兩歸鴻欲破群)北宋・蘇軾
花月吟(有花無月恨茫茫)    明・唐寅
秋日(霜落邗溝積水C)      北宋・秦觀










唐宋詩のうち、抒情詩はこちらです。
両宋の碧血の詞はこちらです。
先秦漢魏六朝の碧血の詩歌辭賦はこちらです。

地圖
Li Qingzhao遼・西夏・北宋形勢圖
Li Qingzhao金・南宋形勢圖
Li Qingzhao中原之圖
Li Qingzhao賀蘭山・天山地圖
Li Qingzhao建康之圖
Li Qingzhao京口之圖
Li Qingzhao武昌・漢口・漢陽之圖


關聯年表

Li Qingzhao
宋代詞人年表
Li Qingzhao歴代詩歌一覧表

**************************

2000. 9.12改題
     11.12
     11.15
     11.18
     12.18
2001. 2. 3
        3.10
       5.17
       5.23
       7.16
       8. 1
       9.14
      10.13
      11. 1
      11.19
      11.22
      12.10
      12.14
2002. 1. 1
      3.26
      4.12
      7.23
      8. 1
      8.13
      9. 2
     10.23
     12.15
2003. 2.11
      3. 5
      3.16
      3.30
      7. 8
      7.15
      9.26
     10.30
     11.22
2004. 1.20
      4.17(改題)
2007.11. 7
文天祥 賀新郎 満江紅

  漢詩 唐詩 宋詞


Songci宋詞格律
cipai詞牌・詞譜  
ciyun詞韻
shici gaishuo詩詞概説    
Tangshi唐詩格律之一
shiyun詩韻
cipai yiming詞牌異名
cishi詞史
shici yongyu詩詞用語解説
Hanyu yinyun現代漢語音韻
Xin Qiji辛棄疾詞
Li Yu李U詞
Li Qingzhao李清照詞   
Qiu Jin秋瑾詩詞
Maozhuxi shici毛主席詩詞  
Tiananmen geming shichao天安門革命詩抄
zhuozuo碇豊長自作詩詞
参考文献(総目録)
参考文献(宋詞)
参考文献(詩詞格律)
参考文献(唐詩)
参考文献(韻書)
参考文献(漢語音韻)
参考文献(漢語方言)
Hanyu:zhici中国語ご挨拶  
laixinお便りのページ
propaty本サイト全情報
zhuzhang わたしの主張
guanhougan
メール
hui shouye
トップ

huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye