山田正紀短編集vol.5

屍人の時代



屍人の時代  山田正紀
 2016年発表 (ハルキ文庫 や2-29)ネタバレ感想

[紹介と感想]
 『人喰いの時代』などに登場した探偵・呪師霊太郎が活躍する、ほぼ書き下ろし*1の中短編四作を収録した作品集で、今回は不機嫌そうな顔をした黒猫の“耕介”を相棒に、四つの事件に遭遇することになります。
 本書は『人喰いの時代』のような〈連鎖式〉ではなく、各エピソードの年代もバラバラですが、それでも奇妙な統一感が感じられる一冊となっています。“探偵小説で時代を描く”というコンセプトがシリーズで共通しているということもありますが、本書ではいずれのエピソードもミステリとしてとらえどころがない――物語がかなり進むまで“何が謎なのか”今ひとつはっきりしないのが特徴で、『人喰いの時代』などとはまた違った独特の味わいが魅力です。

 ところで、カバーの紹介文では“本来発売されることは無かった幻の書籍まさかの発売。”とされており、帯にも同様の意味ありげな惹句が記されているのですが、読み終えてみてもどういう趣旨なのか今ひとつピンとこないのはいかがなものでしょうか*2

「神獣の時代」
 オホーツク海の孤島を訪れた呪師霊太郎は、漁民の長の娘カグヤと恋仲の若者オサムに出会う。二人は周囲に仲を割かれそうになっていたが、神獣“ウエンカム”と恐れられるアザラシの王を仕留めた者に娘をやると長が宣言し、霊太郎もオサムら花婿候補たちの“ウエンカム”狩りに同行することに……。
 途中までは(『神狩り』ならぬ)“神獣狩り”の顛末を描く冒険小説であるかのような内容ですが、呪師霊太郎の存在がかろうじて(?)ミステリらしさを期待させる中、終盤近くなってついに事件が起きることになります。
 しかして、最後に明らかにされるバカミス風の真相は何とも凄まじく、思わず唖然とさせられてしまいますが、それをしっかりと支えるユニークな技巧には興味深いものがあり、注目すべきところでしょう。本書の中で個人的ベストです。

「零戦の時代」
 女優志望の緋口結衣子は、終戦直後の零戦をめぐる恋愛映画『零戦心中』のオーディションを受けたが、合否の連絡がないまま映画の企画自体が消滅したらしく、さらに連絡先のメモや脚本のコピーまで何者かに奪われてしまう。途方に暮れる彼女のもとに、呪師霊太郎からの電話がかかってきて……。
 本書で最も分量のある中編で、上に書いたサスペンス風のあらすじは「プロローグ」にすぎず、映画の脚本のもとになった“零戦心中”をめぐる終戦前後の出来事が物語の本篇となっています。
 その本篇では、主役の語りが“信頼できない”ことが読者に対してあからさまに示されているのが特徴で、細かい違和感を残しながらもそれなりに筋が通っているようにみえる語りの裏に、何が隠されているのか――“何が起きていたのか”が焦点となります。“零戦心中”から長い年月を経ての結末も印象的。

「啄木の時代」
 榊智恵子は、大伯父から奇妙な話を聞かされる。大正二年、石川啄木の遺品を盗んだ泥棒の片割れを捕らえた顔見知りの巡査が、その後なぜか啄木ゆかりの函館で不可解な死を遂げたらしい。それを調べに行った呪師霊太郎という探偵が、四十年以上過ぎた今になって突然連絡してきたというのだ……。
 題名の通り石川啄木を題材にした作品ですが、冒頭には何と俳優・小林旭のインタビューが引用され、日活映画全盛の昭和三十六年を舞台に、“錆びたナイフ”と“錆びたピストル”を重ねた印象深い物語が展開されています。
 一見すると派手な事件が起こりますが、地味にひねくれた趣向が凝らされているのが見どころ。そしてまた、石川啄木の物語への組み込み方が巧妙です。最後のオチも鮮やか。

「少年の時代」
 岩手県・花巻温泉で、怪盗“少年二十文銭”が高価な宝石を奪い去る。さらに近くの倉庫から大量の土嚢が盗まれる不可解な事件も発生する中、“事件の謎は解けた”と豪語したという探偵・呪師霊太郎は、なぜか行方知れずに。そして捜査に当たる御厨刑事は、思わぬ形で事件の真相に迫ることになり……。
 事件を捜査する刑事が主人公であり、さらに特高まで登場するにもかかわらず、題材とその扱い方によってメルヘンのような雰囲気が漂っている一篇。しかし一方で、現代の出来事を重ね合わせずにはいられないエピソードも盛り込まれ、はっとさせられます。
 一種の“怪盗もの”ということもあってミステリとしてはやや変則的な形になっている中、有名な古典作品を下敷きにしてある*3ことによって、着地点が皆目見当がつかない状態となるのが面白いところ。そして最後に明かされる大胆な真相がよくできています。

*1: 最初の「神獣の時代」(おそらくは前半のみ)が、角川春樹事務所の「Webランティエ」「眼下の敵」の題名で掲載されています(2016年10月8日現在、前篇のPDFがダウンロードできます)。
*2: 残念なことに、本書には解説もあとがきもありません。
*3: 小栗虫太郎「完全犯罪」と、V.L.ホワイトチャーチ「ギルバート・マレル卿の絵」。ネタバレがあるので、未読の方はご注意ください。

2016.09.22読了
【関連】 『人喰いの時代』 『金魚の眼が光る』


黄金の羊毛亭 > 山田正紀ガイド > 山田正紀短編集vol.5