Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye
                             

初入淮河

                        楊萬里

中原父老莫空談,
逢着王人訴不堪。
卻是歸鴻不能語,
一年一度到江南。






    **********************


          初めて淮河に入る

中原の父老  (むな)しく談ずる莫れ,
王人に逢着(ほうちゃく)して  ()へざるを(うった)ふ。
(かへ)って()れ 歸鴻( き こう)  語る(あた)はざるも,
一年に一度  江南(かうなん)(いた)る。

            ******************


◎ 私感訳註:

※楊萬里:南宋の学者、詩人。字は廷秀。号して誠齋。吉水(現・江西省吉水県)の人。1127年(靖康二年/建炎元年)〜1206年(開禧二年)。生涯、抗金に勤めた。南宋の「中興四大詩人」の一。

※初入淮河:初めて(洪沢湖から南宋と金国(女真族≒満洲民族)との国境線である華中の)淮河に入ったときの詩作。楊万里が淳煕十六年(1189年)、金国に年賀の使者として使わされた途上の作。四首の其の四。淮河が金と南宋の国境(金・南宋の地図)。楊萬里『初入淮河』其一「船離洪澤岸頭沙,人到淮河意不佳。何必桑乾方是遠,中流以北即天涯。」こちらで、其三「兩岸舟船各背馳,波痕交渉亦難爲。只餘鴎鷺無拘管,北去南來自在飛。」こちら

※中原父老莫空談:(曾ての宋(=北宋)の領土で、今は金の領土となっている漢民族の故地・)中原のご老人方よ、無駄に愚痴(ぐち)は言いなさるな。*盛唐・杜甫の『悲陳陶』に「孟冬十郡良家子,血作陳陶澤中水。野曠天C無戰聲,四萬義軍同日死。群胡歸來血洗箭,仍唱胡歌飮キ市。キ人回面向北啼,日夜更望官軍至。」とあり、南宋・范成大の『州橋』に「州橋南北是天街,
父老年年等駕迴。忍涙失聲詢使者,幾時眞有六軍來。」とあり、南宋・陸游の『夜讀范至能攬轡録言中原父老使者多揮涕感其事作絶句』に「 公卿有黨排宗澤,帷幄無人用岳飛。遺老不應知此恨,亦逢漢節解沾衣。」辛棄疾の「渡江天馬南來,幾人眞是經綸手。 長安父老,新亭風景,可憐依舊。」や陸游の『書事』「關中父老望王師,想見壺漿滿路時。寂寞西溪衰草裏,斷碑猶有少陵詩。」、張孝祥の「六州歌頭」「聞道中原遺老,常南望,剃ワ霓旌」とある。 ・中原:黄河中流域の平原地帯で、漢民族の故地を謂う。現・河南省、山東省、山西省…一帯。作者の時代は金の領土となっていたので、「失われた祖国だったところの地」の意。 ・父老:村のおもだった年より。老人の敬称。 ・莫:…なかれ。禁止、打ち消しの表現。 ・空談:無駄話。雑談。

※逢着王人訴不堪:国王の使者に出逢えば、(土地が宋から金になったことで)堪(た)えられないことを訴えても(如何ともしがたいことだ)。 ・逢着:〔ほうちゃく;feng1(zhuo2?zhao1?zhao2?zhe0?)○●〕出逢う。「着」は助字。=逢著。 ・王人:国王の使者を謂う。ここでは南宋の使者。 ・訴:訴える。…に言う。 ・不堪:がまんできない。堪えられない。

※却是帰鴻不能語:でも、(人とは)反対に、渡ってゆくカリは話すことができなくても。 ・却是:反対に。かえってこれ。 ・帰鴻:季節になって、渡ってゆくカリ。 ・不能-:…することができない。 ・語:語(かた)る。動詞。

※一年一度到江南:一年に一度は江南(の南宋の領土)へ帰ってくる(ではないか。空しい談論はやめて、行動に移すことが大切だ)。 ・江南:長江下流の南側の地方。南宋の領域でもある。





◎ 構成について

韻式は「AAA」。韻脚は「談堪南」で、平水韻下平十三覃。次の平仄はこの作品のもの。

○○●●●○○,(韻)
○●○○●●○。(韻)
●●○○●○●,
●○●●●○○。(韻)
2011.12.19
     12.20完
2013. 7.11補
                               
xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
宋碧血の詩篇メニューへ
    ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
碧血の詩編
李U詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
李C照詞
陶淵明集
Huajianji花間集
Huajianji婉約詞:香残詞
Huajianji毛澤東詩詞
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌
参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye