Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye




  唐  王維

  送別
下馬飮君酒,
君何所之
君言不得意,
歸臥南山陲。
但去莫復問,
白雲無盡時。





******


送別
馬を下りて  君に酒を飮ましむ,
君に問ふ: “何
(いづれ)の所へか之(ゆ)く”と。
君は言ふ: “意を得ず,
歸りて臥す  南山の陲
(ふもと)に”と。
但だ去れ  復
(ま)た 問ふこと 莫(な)からん,
白雲  盡くる時 無し。

*****************


◎ 私感註釈

※王維:盛唐の詩人。701年(長安元年)?〜761年(上元二年)。字は摩詰。太原祁県(現・山西省祁県東南)の人。進士となり、右拾遺…尚書右丞等を歴任。晩年は仏教に傾倒した。

※五言古詩:詳しくは下記の「構成について」を参照。

※送別:別れて旅だつ人を見送ること。この詩は、作者が孟浩然の帰郷に送ったものといわれるが、似たものに王維の親友である裴迪の『崔九欲往南山馬上口號與別』「歸山深淺去,須盡丘壑美。莫學武陵人,暫游桃源裏。」がある。こちらは、詩題通り崔九に贈ったものだが『贈別王維』ともする。

※下馬飲君酒:馬を下りて、貴君に酒を飲ませて。馬を下りて、貴君に一献 差し上げて。 ・下馬:馬より下りる。 
・飮:〔いん;yin4●〕のましむ。「のむ」の意の場合は上声だが、「…に のませる」という使役の場合は去声になる。ここは後者。ここを伝統的に「飮ましむ」と読んでいるのは、極めて正確で適切なものである。この上声、去声の使い分けは現代語にも引き継がれ、「のむ」の意味で使う場合は上声yin3で、「(馬や、家畜に水を)のませる」は、“飲馬”“飲牲口”などと、去声yin4となる。

※問君何所之:あなたにお訊ねするが、「どうして行こうとなさるのか」。 ・問君:貴君にお尋ねする。 ・何所之:いづこへ行かれるのか。行くところはどこか。 ・何所:なに。どんな。どこ。行為の目標、または帰着するところをいう。後世、明・高攀龍は『夏日閑居』で「長夜此靜坐,終日無一言。
問君何所,無事心自閑。細雨漁舟歸,兒童喧樹間。北風忽南來,落日在遠山。願此有好懷,酌酒遂陶然。池中鴎飛去,兩兩復來還。」と使う。 ・所:場所。また、動詞の前に附いて動詞を名詞化する。 ・之:ゆく。行く。動詞。ここの「問君何所之。……,歸臥南山陲。」は、魏の阮籍の『詠懷詩』其十「昔年十四五,志尚好書詩。被褐懷珠玉,顏閔相與期。開軒臨四野,登高望所思。丘墓蔽山岡,萬代同一時。千秋萬歳後,榮名安所之。乃悟羨門子,今自嗤。」や、東晋の陶淵明の『雜詩十二首』其七の「日月不肯遲,四時相催迫。寒風拂枯條,落葉掩長陌。弱質與運頽,玄鬢早已白。素標插人頭,前途漸就窄。家爲逆旅舍,我如當去客。去去欲何之南山有舊宅。」を基にしているのだろう。なお、陶詩の「南山舊宅」とは、故郷の墓所を指す。ここでは、「前途漸就窄。」と言いたい。

※君言不得意:あなたが仰るには、「思うようにいかなかった」と。 ・言:言葉に出していう。声に表していう。「君言」の内容は、「不得意,歸臥南山陲」になる。 ・不得意:思うようにいかない。なお、望み通りになるは、「得意」。後、盛唐・李白は『將進酒』「君不見黄河之水天上來,奔流到海不復回。君不見高堂明鏡悲白髮,朝如青絲暮成雪。人生得意須盡歡,莫使金尊空對月。天生我材必有用,千金散盡還復來。烹羊宰牛且爲樂,會須一飮三百杯。岑夫子,丹丘生。將進酒,杯莫停。與君歌一曲,請君爲我傾耳聽。鐘鼓饌玉不足貴,但願長醉不用醒。古來聖賢皆寂寞,惟有飮者留其名。陳王昔時宴平樂,斗酒十千恣歡謔。主人何爲言少錢,徑須沽取對君酌。五花馬,千金裘。呼兒將出換美酒,與爾同銷萬古愁。」と使い、唐・孟郊は『登科後』で「昔日齷齪不足誇,今朝放蕩思無涯。春風
得意馬蹄疾, 一日看盡長安花。」と使う。

※帰臥南山陲:(故郷へ)帰って、終南山のほとりで隠棲したい。陶淵明のように故郷(陶潛の場合は廬山の麓)に帰って、(わたしは)終南山のほとりで隠棲したい。 ・歸臥:故郷へ帰って隠遁する。後世、中唐・賈島は『題詩後』で「二句三年得,一吟雙涙流。知音如不賞,
歸臥故山秋。」と使う。 ・歸:本来帰るべきところ・故郷、自宅、墓所などへ帰ること。「落葉歸根」の歸。 ・臥:ふす。横になる。ここでは隠棲すること。詩詞ではやはり本来の意での用例が多い。「壯士夜挽穀セ槍。聞隴水思故ク 」、「夜闌聽風吹雨,鐵馬冰河入夢來。 」、「斟殘玉行穿竹,卷罷黄庭看山」、「醉沙場君莫笑,古來征戰幾人回。」等。ただし、日本の細川頼之の『海南行』「人生五十愧無功,花木春過夏已中。滿室蒼蠅掃難去,起尋禪榻C風。」 は王維の意で使われている。 ・南山陲:終南山のほとり。南山は、陶潛の『飮酒』の「結廬在人境,… 采菊東籬下, 悠然見南山。」を踏まえていて、「陶淵明同様に隠棲したい」という意味だろう。但し『飮酒』詩の南山は、陶淵明が住んでいた廬山を指し、王維詩は長安南郊の終南山を指す。 ・陲:ほとり。ここでは麓でもある。

※但去莫復問:ただもう、ひたすら行きなさい。もう二度とは、問わないから。 ・但去:ただ(もう)、いきなさい。ひとり行きなさい。ただもう、ひたすら行きなさい。 ・但:ひとり。むなしく。もっぱら。 ・莫復問:もう再び問うことはないだろう。繰り返しては訊ねない(から)。もう二度とは、会うこともなかろう。 *〔莫復…〕一度は訊ねたが、再びとは訊ねない。部分否定。

※白雲無尽時:白雲は、尽きることなくいつまでも流れている。 *この聯の意は、繰り返しては、帰郷する事情は聞くまい。しかし、わたしには分かる、あの白雲が尽きないように「心緒逢搖落,秋聲不可聞」といった君の感情が、ということになろうか。仏教徒の摩詰王維はどのような意味で「白雲」を使ったのか。白雲はよく詠われるが、ここでは恐らく、東晉・陶淵明『和郭主簿』「藹藹堂前林,中夏貯清陰。凱風因時來,回飆開我襟。息交遊閑業,臥起弄書琴。園蔬有餘滋,舊穀猶儲今。營己良有極,過足非所欽。舂作美酒,酒熟吾自斟。弱子戲我側,學語未成音。此事真復樂,聊用忘華簪。遙遙望
白雲,懷古一何深。」 や、蘇『汾上驚秋』「北風吹白雲, 萬里渡河汾。心緒逢搖落,秋聲不可聞。」 のような意で使ったのだろう。 ・白雲:超俗的な趣を持つ語で、神仙、隠逸を暗示する語。蛇足になるが、「青雲」といえば、その反対の意も持ち、俗世の高位、高官を想うことを指す。勿論、世俗から離れて超然としている悟りの境地をも指すが。

                 ***********




◎ 構成について

 五言古詩。韻式は「AAA」。韻脚は「之陲時」で、上平四支。この作品の平仄は次の通り :
 
   
●●●○●,
   ●○○●○。(韻)
   ○○●●●,
   ○●○○○。(韻)
   ●●●●●,
   ●○○●○。(韻)

2001. 9.17
      9.19完
     12. 3補
      3.31
2003. 7.24
2005. 2. 8
      4.15
      5. 6
      5. 7
     12. 6
2011. 8. 6
2013. 7.29

漢詩 填詞 詩餘 詩余 唐詩

xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
抒情詩選メニューへ
       ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
碧血の詩編
李U詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
李C照詞
Huajianji花間集
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌
参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye