Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye
菊池渓琴 菊池海荘



 
 
              
       河内路上

                       菊池溪琴
南朝古木鎖寒霏,
六百春秋一夢非。
幾度問天天不答,
金剛山下暮雲歸。


 河内路上金剛山遠望 右(南側)の雲に隠れている峰


******

河内路上
                       
南朝の 古木  寒霏を 鎖し,
六百の 春秋  一夢 非なり。
幾度か 天に 問へども  天は 答へず,
金剛山下  暮雲 歸る。

*****************

◎ 私感註釈

※菊池溪琴:寛政十一年(1799年)〜明治十四年(1881年)。菊池海莊の方が通っているか。江戸後期の儒者、詩人。本姓は垣内。名は保定。字は士固
『日本外史』「楠氏夢」南有大樹
赤坂城址
赤坂城址
河内路上・河内側の金剛山麓
。通称は孫左衛門。渓琴、海莊は号になる。紀州の人。
※河内路上:河内の国の旅路にて。河内は楠木正成の本領。現在の大阪府の東南部。河内の各地に楠木正成や南朝の遺蹟がある。原詩は明治書院の『日本漢詩』より採った。
※南朝古木鎖寒霏:南朝時代から茂っている(楠の)老木(の森林)は、冷え冷えとした霧が立ち籠めている。 ・南朝:後醍醐天皇から後亀山天皇までの、大覚寺統の朝廷。吉野朝。 ・古木:老木。 ・鎖寒霏:李Uの『烏夜啼』「無言獨上西樓,月如鈎。寂寞梧桐深院 
鎖C秋。」とあり、封じこめている、という感じになる。情景から言えば「たちこめている」になるが。「朝古」で後醍醐天皇の夢である「南の木=楠」になる。 ・鎖:とじこめる。封じこめている。とざす。籠もらせる。語法から言えば使役、他動詞とすべきところ。 ・寒霏:冬の寒々とした霧やモヤ。
※六百春秋一夢非:六百年に亘る(確執は)一夢のようにはかなく終わってしまったが(、天道 是か)非か。 *菅茶山の『宿生田』「
千歳恩讐兩不存,風雲長爲弔忠魂。客窗一夜聽松籟,月暗楠公墓畔村。」を踏まえていようか。「六百春秋」とは「千歳恩讐」の義を含み、「一夢非」とは「兩不存」で、「非」は「不存」の義を含んでいないか。 ・六百:ここでは、楠公の奮闘した延元以降の星霜になる。 ・春秋:年。 ・一夢:夢のように儚い。如一夢。 ・非:「非」の用法は、李清照の『武陵春』「風住塵香花已盡,日晩倦梳頭。物是人非事事休,欲語涙先流。」。晉の陶淵明の『歸去來兮辭』「歸去來兮,田園將蕪胡不歸。既自以心爲形役,奚惆悵而獨悲。 悟已往之不諫,知來者之可追。實迷途其未遠,覺今是昨非。」 とある。「今是昨非」とは、「現今」は、「是(ぜ)」と(是認)すべきものであって、「昨(過去)」は「非(ひ)」と(否定)すべきものである。また、「物是人非」とは、物(風物、自然、天)は、そのままであり(「是(ぜ)」)、人(人間)はそのようではない(「非(ひ)」)と「物是」と「人非」は対にして見、つまり「変化があった」。自然の風物はいつまでも、変化が無く、本来あるようにあるが、人の身は同じではない、変化があった。「物」は「是(ぜ)」であるが、「人」は「非(ひ)」である。しかしながら、これらの意は、「是」と「非」を対にして述語として使っている。この作品では、語法上そのような使い方は見られず、構文を語法に基づいて見れば「悪いとする」「間違いとする」の意の「非」が妥当になる。
※幾度問天天不答:何回か、天に:「天道 是か非か」と、問いかけたが、天は答えようとしない。 ・幾度:何回か。 ・問天:天に問いかける。 *「天道 是か非か」との問いかけである。『史記・伯夷列伝』後半の「天道無親,常與善人。若伯夷、叔齊,可謂善人者非邪?…行不由徑,非公正不發憤,而遇禍災者,不可勝數也。余甚惑焉,
儻所謂天道,是邪非邪?」という表現に基づく詩句である。古来、世の不条理によく使われる語句である。晉の陶潛『飮酒・二十首』其二「積善云有報,夷叔在西山。善惡苟不應,何事立空言。九十行帶索,飢寒况當年。不ョ固窮節,百世當誰傳。」と、その精神では同じである。  ・不答:問いかけに答えない。返答しようとしない。
※金剛山下暮雲歸:(天は答えないものの、ただ、楠木正成の故郷である)金剛山麓に夕焼け雲は、帰ってきた。 ・金剛山:大阪府の東南角にある山。西北山麓に楠木正成の城砦である赤坂城、千早城のある、楠木正成生誕の地、本領である。 ・暮雲:夕暮れの雲。夕焼け雲。 ・歸:夕方になって(湧きだした)元の山へ戻って行くこと。帰雲。ここの「歸」は、殷末周初の伯夷『采薇歌』「登彼西山兮,采其薇矣。以暴易暴兮,不知其非矣。神農虞夏,忽焉沒兮,
吾適安歸矣!吁嗟徂兮,命之衰矣!」とその義はややずれるが、雰囲気は似ている。



◎ 構成について

韻式は「AAA」。韻脚は「霏非歸」で、平水韻上平五微。次の平仄はこの作品のもの。

○○●●●○○,(韻)
●●○○●●○。(韻)
●●●○○●●,
○○○●●○○。(韻)

平成16.5.12
      5.13完



xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
『日本漢詩選』メニューへ
    ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集

Huajianji花間集
李U詞
Huajianji婉約詞:香残詞
李C照詞
Xin Qiji ci陸游詩詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
唐宋・碧血の詩編
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
Huajianji毛澤東詩詞
先秦漢魏六朝詩歌辭賦
Huajianji陶淵明集
Huajianji玉臺新詠
Huajianji唐宋抒情詩選
Huajianji竹枝詞
Huajianji陽光燦爛之歌
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci扶桑櫻花讚
Huajianji読者の作品
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌

参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
guanhougan
メール
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye