Huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye


      


                            
偶成

鍋島閑叟

孤島結團意氣豪,
西南決眥萬重濤。
黠奴若有窺邊事,
羶血飽膏日本刀。






******


      偶成        

孤島 (だん)を結びて  意氣 (がう)なり,
西南 (まなじり)を決すれば  萬重(ばんちょう)(なみ)
黠奴(かつ ど ) ()し  (へん)(うかが)ふの事 有らば,
羶血(せんけつ) ()くまで(かう)せん  日本刀。

        *****************





◎ 私感註釈

※鍋島閑叟:幕末の肥前佐賀藩主。鍋島直正(なべしま なおまさ)。1814年(文化十一年)〜1871年(明治四年)。鍋島斉正の子。閑叟は号。人材登用・殖産興業を中心とする藩政改革を行こない、対外問題や海外文明にも関心深く、特に洋式兵備を整備して、幕末諸藩の中でも強力な軍事力を作り上げた。

※偶成:ふと思いついてできた作品。

※孤島結団意気豪:(西洋列強から)遠く離れている島国・日本のいきごみは優れて強く。 ・孤島:陸地や他の島から一つだけ遠く離れている島。ここでは、日本のことになる。明末〜・朱舜水の『述懷』に「九州如瓦解,忠信苟偸生。受詔蒙塵際,晦跡到東瀛。囘天謀不就,長星夜夜明。單身寄
孤島,抱節比田。已聞鼎命變,西望獨呑聲。」とある。後出・田横の麾下が島嶼に拠ったこと(『史記・田列傳』青字部分)に繋げるための表現。なお、清末・康有為や梁啓超や秋瑾は日本のことを「三島」と表現している。康有爲の『呈東國諸公』に「櫻花開罷我來遲,我正去時花滿枝。半歳看花住三島,盈盈春色最相思。」とあり、 清・梁啓超の『愛國歌』に「泱泱哉!吾中華。最大洲中最大國,廿二行省爲一家。物産腴沃甲大地,天府雄國言非誇。君不見,英日區區三島尚崛起,況乃堂矞吾中華。結我團體,振我精神,二十世紀新世界,雄飛宇内疇與倫。可愛哉!吾國民。可愛哉!吾國民。」とあり、秋瑾の『日人石井君索和即用原韻』に「漫云女子不英雄,萬里乘風獨向東。詩思一帆海空闊,夢魂三島月玲瓏。銅駝已陷悲囘首,汗馬終慚未有功。如許傷心家國恨,那堪客裏度春風!」とある。 ・結団:団体を結成すること。 ・意気:気概。いきごみ。虞美人の『虞美人唄』に「漢兵已略地,四方楚歌聲。大王意氣,賤妾何聊生。」とあり、唐・魏徴の『述懷』に「中原初逐鹿,投筆事戎軒。縱計不就,慷慨志猶存。杖策謁天子,驅馬出關門。請纓繋南越,憑軾下東藩。鬱紆陟高岫,出沒望平原。古木鳴寒鳥,空山啼夜猿。既傷千里目,還驚九折魂。豈不憚艱險,深懷國士恩。季布無二諾,侯嬴重一言。人生感意氣,功名誰復論。とある。

※西南決眥万重濤:(我が国の)西南にあって、(わたしが)怒りと決意で目を大きく見開けば、(海の彼方から)幾重もの限りない大波(が押し寄せて来ているではないか)。 ・西南:江戸から見た、作者・鍋島閑叟の肥前佐賀藩の位置。 ・決眥:怒ったり、決意したりして、目を大きく見開くさま。まなじりを裂く。日本・幕末・鍋島閑叟の『偶成』に「孤島結團意氣豪,西南決眥萬重濤。黠奴若有窺邊事,羶血飽膏日本刀。」とあり、清末・秋瑾に『寶劍歌』「炎帝世系傷中絶,茫茫國恨何時雪?世無平權祗強權,話到興亡。千金市得寶劍來,公理不恃恃赤鐵。死生一事付鴻毛,人生到此方英傑。饑時欲啖仇人頭,渇時欲飮匈奴血。」がある。 ・眥:〔さい(せい、し);zi4●〕まなじり。=眦。日本・幕末・山内容堂の『飮於二州酒樓』に「昨飮橋南,今日醉北。有酒可飮吾可醉,層樓傑閣在橋側。家ク
萬里面南洋,決眦空濶碧茫茫。唯見怒濤觸巖腹,壯觀卻無此風光。顧看呼酒杯已至,快哉痛飮極放恣。誰言君子極コ行,世上不解醉人意。欲還欄前燈猶明,橋北橋南盡絃聲。」とある。 ・万重濤:幾重もの限りない大波。

※黠奴若有窺辺事:悪賢い西洋のやつらが、もしも国境を侵犯しようとするようなことがあれば。 ・黠奴:〔かつど;xia2nu2●○〕悪賢いやつ。白人・西洋人を貶めての表現。 ・若:もし…ならば。もしも。 ・窺辺:辺疆をうかがう。国境を侵犯しようとする。 ・窺:〔き;kui1○〕すきをうかがう。ねらう。乗ずべきときをまつ。うかがう。 ・辺:辺疆。国境地帯。

※羶血飽膏日本刀:夷狄の血を(日本男児の武勲の象徴である)日本刀に、あぶらとしてたっぷりと塗ろう。 *頼山陽の『蒙古來』に「筑海颶氣連天K,蔽海而來者何賊。蒙古來 來自北,東西次第期呑食。嚇得趙家老寡婦,持此來擬男兒國。相模太カ膽如甕,防海將士人各力。蒙古來 吾不怖,吾怖關東令如山。直前斫賊不許顧,倒吾檣 登虜艦。擒虜將 吾軍喊。可恨東風一驅附大濤 不使
羶血日本刀。」とあるのに因る。 ・羶血:〔せんけつ;shan1xue4○●〕なまぐさい血。腥血。ここでは夷人の血のことを謂う。 ・飽:(食べ)あきる。満腹する。満足させる。 ・膏:〔かう;gao4;●〕動詞:あぶらさす。あぶらをぬる。また、〔かう;gao1;○〕名詞:あぶら。肉のあぶら。ここは、用語上、前者の意。ただし、平仄上では平字とすべきところだが、「膏」を平字として使う場合は、(この詩の押韻は、「豪・濤・刀」で平水韻下平四豪であるため、)大韻(冒韻)となり、あまり適切ではない。なお、前出・頼山陽の樂府詩・『蒙古來』の「不使羶血盡日本刀。」での「膏」は動詞として使われており、また、樂府体の詩でもあり、可。 ・日本刀:日本男児の武勲の象徴でもある。

               ***********





◎ 構成について

韻式は、「AAA」。韻脚は「豪濤刀」で、平水韻下平四豪。この作品の平仄は、次の通り。

○●●○●●○,(韻)
○○●●●○○。(韻)
●○●●○○●,
○●●○●●○。(韻)
平成23.7.4
      7.5




xia 1ye次の詩へ
shang 1ye前の詩へ
『日本漢詩選』メニューへ
    ************
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞引用原文解説
詩詞民族呼称集

Huajianji花間集
李U詞
Huajianji婉約詞:香残詞
李C照詞
Xin Qiji ci陸游詩詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞
唐宋・碧血の詩編
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
Huajianji毛澤東詩詞
先秦漢魏六朝詩歌辭賦
Huajianji陶淵明集
Huajianji玉臺新詠
Huajianji唐宋抒情詩選
Huajianji竹枝詞
Huajianji陽光燦爛之歌
shichao shou ye天安門革命詩抄
Qiu Jin ci扶桑櫻花讚
Huajianji読者の作品
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌

参考文献(詩詞格律)
cankao shumu(wenge)参考文献(宋詞)
本ホームページの構成・他
Riyu:zhiciわたしのおもい
hui shouye
トップ
huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye