huanying



                      
                       竹溪閑話

             
  詩では、しばしば考えさせられることがある。ここには、その思いを集めた。
  ただ、これらは、わたしの心の奥の呟きであって、他の方に見ていただくものとしては、適切さを缺く咄咄たる俗中の愚の表出である。しかし、記したいという思いが勝ち、ここに表す。

 これを竹逕詞話? 醉翁詞話?とでもしたいが、さほど詞に及んでおらず、雑文である。今、仮に竹溪閑話とでもしておく。大江を思い、竹逕を徨う聊翁の暗い暗い夜話である。
  蝉時雨の余暇 これを起こす。

  平成十五年七月二十五日起
                             竹溪碇豐長

なお、わたしの詩詞作品はこちらです。
taoqian taoyuanming

yi YanShu LiHe CaoZhi QiaoJi WangWei LuYou


聊翁閑話

       平成十五年
蘇武と李陵
緑野の憂愁 陶淵明と死
瘴疫と陶淵明
汨羅
豪放詞と慷慨
奈良・寧樂の謎
名垂千古 漢の武帝と匈奴
紂王と伯夷 周の武王をめぐって
無言獨上西樓
李U 『一斛珠』について
兄弟鬩于牆,外禦其務
魯迅『自嘲』について
意外な!検索結果(平成15.12)

       平成十六年
秦檜 稀代の姦臣?…
新造語 日本語を豊かにするのか
翻手作雲覆手雨 紛紛輕薄何須數
莫思身外無窮事,且盡生前有限杯
歴史會重演

惡覇地主黄世仁
詩人の魂
艷陽天!穏やかであってほしい
「四海之内皆兄弟」
君子萬年
二十四史
春愁
陶潛のイメージ
コピーされたこと
其の爭ひ也君子
愛國主義和國際主義
如何蓬廬士,空視時運傾

釜中豆
蒼天胡以之爲木鐸
好在歴史是人民寫的
『太平記』に看る日本語音韻の変遷
現地音主義是耶非耶
白虹貫日
茫茫往事
人民中国

      平成十七年
夜郎國と日本の説話
馮玉祥の姓
不落的太陽
河上肇の志
國破山河在
中国古詩(旧(体)詩)と日本漢詩
「倭習・和臭」と「中国語習・北京語臭」
日本應該韜光養晦
念之五臓熱
魂兮歸來哀江南!
東方未明
玉樹後庭花
愛国無罪
一抔之土未乾
比翼鳥
天外天
時の流れに身を委せ
廉頗将軍
呼賊呼忠彼一時
國亡在目前
秋瑾の魂
首陽薇
日本語は、曖昧な言語か
大唐の俳句
桃花記
同音の漢字による書きかえ
根性大根

      平成十八年
明治十年の国粋と国際
日本漢詩壇の雄
良寛詩の缺落部分について
蔡文姫(蔡)の拉致
誰見當年秦始皇
殘夢猶迷鴨麹]
歸去來兮辭の訓みについて
」は誤字?!
千載憂

      平成十九年
『白毛女』の変遷
『登幽州臺歌』
駁天地論
莫怪蒼生癡
共同的心願 不懈的鬪爭
沈沈
毛沢東詞と柳永
ある愛の詩『葛生』、『悼亡詩』
坦白從寛
近藤勇の辭世
『燕山夜話』
『陽關三疊』
『三五七言』
アイグン? 条約
「吾將此地巣雲松」
銭塘江の流れ
日本人にとっての中国の漢詩と、中国人にとっての古典詩

      平成二十年
かしわで
李纓監督の名
毛沢東と黄巣
なぜ、旧字、平水韻、旧仮名なのか
『魏志倭人伝』の云うところ

      平成二十一年
江不流
西郷隆盛の辞世 ?
「閨v「間」「閑」
『高青邱』の『行香子』

      平成二十四年
『兵禍何時止』の蟄蟲聲

      平成二十五年
花落蝶還稀
毛沢東からのメッセージ

      平成二十六年
華岡青洲の「何時黄鶴到青天」について

      平成二十七年
虎關師錬の『蚊』について
正岡子規の『舟過八島』について
夫婦別姓
倭寇の「不縫衫」とは

      平成二十八年
立馬郊原看菜花
漱石の「莫道風塵老」

      平成二十九年
高杉晋作の愛した人


關聯地圖



關聯年表

Li Qingzhao歴代詩歌一覧表


**************************
2003. 7.25起
2003. 9.29
     10.21
     11.10
     11.22
2004. 1. 1
      1.12
      1.17
      2. 7
      2.11
      2.15
      3.15
      4. 8
      8. 5
      8.18
      9.23
2005. 6.28

秦観 陶淵明 陶潜 白楽天 宋詞

shici gaishuo竹渓閑話 平成15年
shici gaishuo竹渓閑話 平成16年
    ***********
shici gaishuo詩詞概説
唐詩格律 之一
宋詞格律
詞牌・詞譜
詞韻
唐詩格律 之一
詩韻
詩詞用語解説
詩詞民族呼称集
cipai yiming詞牌異名
cishi詞史
Hanyu yinyun現代漢語音韻
詩詞引用原文解説
陶淵明集
Huajianji歴代叙情詩選
Huajianji花間集
李U詞
李C照詞
Huajianji婉約詞:香残詞
Xin Qiji ci辛棄疾詞詞
先秦漢魏六朝詩歌辞賦
唐宋・碧血の詩篇
Qiu Jin ci秋瑾詩詞
Huajianji毛澤東詩詞
shichao shou ye天安門革命詩抄
shichao shou ye燦爛陽光之歌
shichao shou ye扶桑櫻花讚
shichao shou ye読者の作品
zhuozuo碇豐長自作詩詞
漢訳和歌
参考文献(論日本)
参考文献(総目録)
参考文献(宋詞)
参考文献(詩詞格律)
参考文献(唐詩)
参考文献(韻書)
参考文献(漢語音韻)
参考文献(漢語方言)
Hanyu:zhici中国語ご挨拶  
laixinお便りのページ
propaty本サイト全情報
zhuzhang わたしの主張
guanhougan
メール
hui shouye
トップ

huanying xinshang Ding Fengzhang de zhuye