趣味の頁 海外気まま旅行   


お仕着せパック旅行に飽き足らない方いらっしゃいますか?
自由気ままな海外旅行を安全にするには情報が一番です。


               

 
 私は、日本語以外「ギブミーチュウインガム」しか話せない語学音痴ですが、毎年
 1〜2回海外気まま旅行に出かけるのが楽しみで、出来るだけレンタカーを利用し
 郊外を回るようにしております。   平成28年ついに二人合わせて160歳をこえ
 世界遺産を189を制覇し、その数が年齢を越えました。  情報交換を希望する方
是非お便り下さい。 個人旅行・気ままな旅は、自由が一杯・スリルも一杯です。
気まま旅行の醍醐味は経験しなくては理解できません。 チャレンジして下さい。

 旅行情報の交換を致しましょう

 
 
 
 
 
 
 
 
ブタペスト  
     
         
         
         
         
       
         
         
         




ドイツ ロマンティク街道ぶらぶら道中

   フランクフルトの駅でレンタカーを借りることになりました。
 流石ターミナル駅美術館と見まがうほどの堂々とした建物に圧倒されてしまいそうです
     駅のホームで見た立ち売りのソーセージが気になって仕方ありません。   
  カウンターで車を借りる手続きも終り、「やれ、やれ」と、まずは一息ついて腹ごしらえ
   とソーセージ売り場へ急ぎました。    実はこれが大失敗になろうとは夢知らず、
  「これが本場のソーセージの味」だと、
           到着する色とりどりの列車を眺めながらパクついたのです。           フランクフルト駅の、レンターカーの駐車場は地下2階にあります。  
 腹も膨れ駅の雰囲気も堪能したので駐車場に向かいました。有りました、有りました
ハーツの看板のもとに、私がこれから10日間お世話になるブルーの車が居るではあ
りませんか!   手荷物も積み込み「さあ、出発」とゲートへ向かっものです。

  ところが大変、カードをさしこんでもゲートが上がらないのです。
 ゲート付近には誰も居ず、インターホンの向こうからはドイツ語でペラペラやられては
  もうお手上げ!   ミスタービーンよろしく人の車に着いて出ようとしてもこれは無理!  やむなくレンタカーのカウンターまで戻るはめになったのです。

 カードは時間制だったのです。ソーセージを堪能している間に15分の制限時間が過ぎ
 ていたと言う訳です。 前途多難の幕開けとなりました。  無謀にもガイドブックの
地図だけで走り出しアウトバーンをすっ飛んだのですから大変です。

  道路標識は日本以上に親切で分りやすいのですが、明細な地図だけは用意するべき   でした。 日本のようなコンビには無く、ガソリンスタンドがその役をになっています。 
 地方毎の地図を買い入れたことは言うまでも有りません。



郊外に出てしまえばこっちのもの、アウトバーンA3をひた走りビュルッツブルグインターで降り旧市内へ向かいました。

と言うより「向かうはずでした」どこでどう間違えたのか郊外へ出てしまい、ガソリンスタンドで明細地図を慌てて買い求める仕儀となりました。   そしてどうにかたどり着いたのが「日時計の村」。 村中に色々な日時計があり現在も十分実用活用され、相当な正確さに驚きました。

写真はレッティンゲンのマルクと広場です。 

 なにわとも有れ今宵の宿を探さなくてはならないと、「ZIMMER」 の看板を頼りに飛びこんだのがこの家です。  TAUBERZELL と言う本当の田舎の集落ですが、清潔で大変便利に出来た宿を探すことが出来たのです。ガストホーフは、朝食付き¥4.000位です。 
 ここまでくればローテンブルグは目と鼻の先。  夕暮れともなると大家族が集合してきます。  東洋の田舎者が珍しいのが、ぺらぺら話しかけてくれるのですが全く通じずもどかしい限りです。 
そこは万国共通の笑顔とボディーランゲージで交際親善を果たします,気まま旅行の醍醐味ですね。

これが、TAUBERZELL

 タウバーゼル集落の全景です。 小さな教会の鐘が1時間毎に哀愁を込めた音色で響き渡ります。 

 裏山に上がるとブドウ畑が一面に広がり、ワインの産地であることが良く分ります。  夜になるとただただ静かで、時々響く鐘の音が一層静けさを感じさせます。       ツアーでは味わえぬ「気まま旅行」の
良さを、噛みしめています。

ローテンブルグはあまりにも有名なので割愛します、次に訪れたのがディッケンスビュールです。

  城壁と掘割を通って町に入ります。  ローテンブルグと違い、戦火に遭わなかったので大変古い町並みが保存されているとのこと、いかにもそれらしい町並みが続きます。高速道路から少し離れている為かツアーコースから外されることが多いようですが、是非立ち寄りたい町の一つです

ドライブの楽しみは、どこでなにに出会うか分らないところが、なににも変えがたい楽しみです。 「チャグチャグ馬っこ」 のドイツ版のようなお祭りにぶつかりました。  これこそ個人旅行・気まま旅の神髄です。
ここは、シュタインガーデンという集落です。

バイエルン地方の民族衣装で着飾った老若男女、あるったけの飾りをつけた馬が誇らしげに首を振ります ここで炊き出しをしていたソーセージの旨いこと!

ロマンティック街道の終点は、やっぱりここ。

 ノイシュバンシュタイン城でしょう!

  おとぎの国に来たような気分になります。 朝日がさしてシルエットになった姿・夕日を浴びて赤く染まった姿・闇の中にライトアップされた姿。  見る時々によって変わるお城の印象はまるで違ったものを感じさせます。
是非、城の付近に宿を取ることをお薦めします。24時間全て違う顔を見せてくれるでしょう。
坂道は結構きついので、登りは乗合馬車を利用したほうが良いとおもいます。
時間に追われないのも、気まま旅行の特典です。


十数年ぶりに訪れたシュバンガウ。孫娘に見せた
くて、ザルツブルグから日帰り強行軍で来ました。
やはり、お城の中のお城西洋の御伽噺に出てくる
城としては、ここをおいては無いでしょうね。

ノイシュバンシュタイン城から見える山脈を一回りしたところにあるのが

   リンダーホーフ城

何から何まで金ピカづくしと表現しましょうか、とにかく派手派手な感じのこじんまりしたお城です。
 時間毎に吹き上げる噴水は思いのほか高く上がるのでビックリします。

フュッセンからの峠越えの道すがら出会う湖は本当に静かで、お城の中のお姫様に出会えそうな雰囲気です。  水はあくまでも透明感がありすがすがしさを覚えます。 

好きなだけ見物し、好きなときに食事をし、好きな時に移動する、これぞ「気まま旅行」の真骨頂です。